Bon Voyage~航海☆日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
バルバロ
第132回ケンタッキーダービーは、ダイナフォーマー産駒のバルバロが
6連勝で6馬身半という史上2位の大差を2着につけ勝利しました。
私はステッペンウォルファーに注目してたんですが
8馬身半遅れるところの3着でした。
『Born to be wild』とはいかなかったようです。

さて、日本にもNHKマイルに登録しながら回避したバルバロがいるのは
ご存じの通り。こっちは金子氏の愛馬のブラックホーク産駒で
セレクトセールで4600万円で買われた馬。
ブラックホークの子としてはかなり高額だったのは
兄がビッグゴールドやビッグテーストだから。

結局、青葉賞惨敗でダービーに出走できず、白百合Sも惨敗でイマイチ君ですが、
夏に調子をあげてきそうな血統なので、ラジオNIKKEI杯に期待したいです。

バルバロの意味はバーバリアンの語源ともなったギリシア語の
バルバロイ(野蛮人)から、来てるのかなと思ってたんですけど
スペイン語で『素晴らしい』という意味があるそうです。

もともとギリシア語のバルバロイだって、バルバロ喋るよくわからない奴等
というところからで、松村邦洋の高田文夫の真似『ばうばう』と変わんないじゃんと。

★さて、その史上6頭目の無敗(6戦6勝)のケンタッキーダービー馬ですが、
ご存じの通り2冠をかけたピムリコ競馬場でのプリークネスSでまさかの骨折。

第三中手骨骨折ならよくある骨折で再起も可能なのですが、問題は
種子骨粉砕骨折のほう。大抵の馬は予後不良になる骨折で、
正直だめかなと思ったら、近くにあったペンシルバニア大の
ディーン リチャードソン教授がその分野の権威で
骨折した箇所にプレートと23本のボルトで固定し、手術はなんとか成功。
回復の見込みは5分といわれながらも、馬房で噛み付こうとしたりする
元気もあり、なんとか種牡馬としての余生が送れそうです。

★愛2000ギニーはジョージワシントンがムンロ騎乗のAraafaに敗れ2着
ということですが、きっと巻き返してリンカーンに次ぐライバルとして、
ディープインパクトやハーツクライと対戦してくれることを期待してます。

スポンサーサイト



【2006/05/31 23:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
レイズユアドリーム
20060528133023
話題のダコタファニング主演『夢駆ける馬ドリーマー』の主役である馬
ソーニャドールのモデルは、マライアズストームですが、
その妹が藤沢和雄厩舎で活躍したエアザイオンですね。

さて7Rの一番人気のレイズユアドリームはそのエアザイオンの娘です。

いとこがあのジャイアンツコーズウェイ(マライアズストームの息子)
ということで、父サンデーサイレンスで今後の活躍に期待したいです。




【2006/05/28 13:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ハーツクライポスター
20060528090607
ヒーロー列伝No62
『進化する王者、世界の主役』だそうです。

現在のフリーハンデ世界ランクは5位ですね。ディープが3位。



【2006/05/28 09:06】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ダービーデー朝の様子
20060528085707220060528085707

今年も府中にやってきた13年目のダービーデーです。
(テイオーのダービーは後輩の家で観戦)おそらく開門は7:30です。

ときおり強い雨になりますが、小雨で芝重、ダートふかわりょうもとへ不良です。

出遅れて8時20に到着したらご覧の通りシートで柵際は埋まってました。
なんとかゴール100mすぎを確保。
パドックは珍しく若干余裕があったので、すぐさま確保しました。

午後には雨がやむそうなので、重のままダービー、目黒記念が行われそうです。

マイペースで前走のように逃げられたら府中の長い直線でもそうそうは
追い込み勢は決められないと思うので◎アドマイヤメイン本命は変わりません。
ただ大跳びなので本来は道悪良くないそうなのが心配。

相手もメイショウサムソンで。

重得意そうなドリームパスポート、ジャリスコライト、ナイアガラに要注意ですね。

フサイチジャンクはあの枠と先入れなのがマイナスですが、
調子は絶好調なのでこれも▲で変わりません。




【2006/05/28 08:57】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
『バベル』と『太陽』、あなたはんとうなぎ
20060525231248
カンヌ映画祭で今村監督がパルムドールに輝いたのは『うなぎ』ですが、
それに主演した役所広司は今、カンヌにいってます。

ブラピも出演してる映画『バベル』の主演俳優として、招待されてるようです。

ちまたでは『ダウ゛ィンチコード』ばかりが話題になってますが、
大体『ハイペリオン』で挫折し、『ソフィーの世界』でさえ
1週間かかった私が、あんな分厚い本読めないよ。長門じゃあるまいし。
電車の中で読んでる人を多数見掛けるけど、
ラノべにハマった昨今の頭にはリハビリが必要です。

まあ『ダウ゛ィンチコード』はともかく『バベル』の公開は楽しみです。

でもなんといっても、7月は『日本沈没』
8月は銀座シネパトスで単館公開が決定したロシア映画『太陽』ですね。

アレクサンドル?ソクーロフ監督のサンクトペテルブルグ映画祭でグランプリ
に輝いた作品です。

昭和天皇がテーマの『20世紀の権力者』のヒトラー、レーニンに続く、第三部。
デリケートなテーマで公開が危ぶまれてただけに、
まずはイッセー尾形のあまりにも似た昭和天皇役に期待してます。
侍従長の佐野史郎はともかく、モモーイの皇后はあってないよな。しかし。
はるこが演じたら神だけど、残念ながらかおり。

さて、本日、東京新聞読んでたら、こんなん出てました。

一昨年、北マリアナ諸島のアナタハン島で、有史以来の初噴火があり、
島民は避難してたようですが、実は北マリアナは海底活火山のメッカの
ようなところで、日本でいうと伊豆諸島のような場所です。

こういう場所にも、JAMSTECは赴いて、『ディープトゥ』を
沈めて撮影したりしてるんですね。おそらく『かいこう』ではないよな。

さて、北マリアナ諸島の海山といえば、先日発表された、日本うなぎの産卵場所。
天然うなぎって、結構危険なところに産卵してるんだなぁと。

だから貴重で高いのもわかる気がします。大体、私なんて
中国産のあぶない養殖うなぎを土用の日に買ってくるのが関の山だし。

その研究に従事してるのが、東大海洋研の塚本教授のグループ。

先日、『かいよう』と共に公開停泊してたのが、『淡青丸』でこれは現在運用はJAMSTECに移行してますが、もともとは東大海洋研の船。

これに関して運用移行の際に、東大では2隻で11億円の運航費で済んでたものが、
なんでJAMSTECに移行した後、5隻で65億もかかるのかと、共産党の女性議員が
アホな質問を文部科学委員会でしてました。
実物も見ずに、資料しか読んでないから、とんちんかんな質問になるんだなと。

大体『みらい』『ちきゅう』などの大型船の運航費と小型船の運航費なんて考えるまでもない。
航海する日数も1.5倍は違いますし。

まあ、その議員の名誉のためにいっておくと、
その後の『育英会の廃止と奨学金制度の改悪』についての質問は良かった。

共産党の悪い所は軍備ならずとも、科学研究の発展に費す予算にまで
貧乏人の福祉にまわそうとすることだなと。

まあ一日一食で大学院で研究生活し、JAMSTEC職員になって夢のような
研究環境に変わったTさんのような娘には
奨学金制度があってこそだったからなんともいえないんだけど、

直接の経済活動につながらないような基礎研究にも予算配分は
しぶらないようにすべきです。

将来のノーベル賞候補を育てるためにも。その為には、研究設備の充実も必要です。

まあ『かいよう』の研究員がいってたけど、『ここのいい所は、予算要求に一般企業ほど結果が求められないこと』
だそうで、それでも様々なコストダウンの工夫をした苦労を語ってました。

最初はペットボトルを使ってた油圧パーツしかりです。



【続きを読む...】

【2006/05/25 23:12】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ちきゅう
20060522091511420060522091511220060522091511
7月15日公開の映画『日本沈没』で大活躍する地球深部探査船『ちきゅう』です。

平成14年1月18日に進水、平成17年7月29日にJAMSTECに引き渡されました。

全長210mもあり、本部の岸壁につけられないのが難点です。
船底よりの高さは130mでビル30階に相当。
船幅は38mでサッカーコートと同じくらい、
総トン数は57000トン
最大時速は22km
最大乗船者数は150人
発電機は5000kW×6#2500kw×2(人口3500人の町を維持できる)
ヘリデッキは30人乗りの大型ヘリ発着可能
ライザーパイプ内のドリルパイプ(1本9.5m)を千本以上連結し、
先端のドリルビッドでマントルまで掘り進めます。

小松左京が原作を書いた30年以上前によもやこんな船ができるとは
想像だにしなかったことでしょう。

マントルまで堀り進むことができる、世界唯一の船で、
地球誕生や生命誕生の謎、地震のメカニズムの解明など様々に期待されています。

掘削した穴にはデータ記録装置を設置し、
将来の地震予知システム作りに貢献すると期待されています。
また、地層を掘り出すことで、過去の地球環境の変化がわかり、
長いスパンの気候予測にも貢献すると期待されています。

まあ大体、資源探査するなら大陸棚くらいの調査ができれば足りる訳で、
それ以上の深さとなると資源開発には割りが合わないのです。

『しんかい6500』は潜る度に1000万円の予算がかかるそうですし。
★6月10日に神戸港で一般公開と講演会があるそうで、申し込み締切りが6月1日。
詳しくはJAMSTECのHPへ。すごく行きたいけど、神戸だしなぁ。
誰かいってきてレポートしてね。


【2006/05/22 07:15】 科学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
しんかい6500と2000
20060522083622220060522083622

しんかいは潜水調査時船整備場にありました。2000は現在は運用してないそう。

一方、6500のほうは『わだつみ6500』のモデルになったように、
現役バリバリで、来週にも日本海溝に潜りにいくそうです。

内部の違いは顕著で、しんかい2000には内部にシートがありますが、
6500のほうは、『友達の家にファミコンやりにいく』との樋口監督の表現に
あったように座席はなく、寝そべって、覗き窓から観察するというスタイルで
覗き窓のところには額当てがついてるのが、長年の知恵だそうです。
20060522083623200605220836224
役者にセットの中、寝そべって撮影させるのは、最初は抵抗あったけど、
トヨエツのようなかっこいい役者なら、それも様になるという事でOKが。

しんかい6500は乗員数も3名で、それだと前作の『わだつみ』内部みたいな
小野寺、田所、行長のスリーショットが期待できるというものです。
前作の頃は1万m級どころか『しんかい2000』もなかった訳で、
それで民間のサルベージ会社の潜水艇という設定だったのが、
今度は名前こそ、違えど略はJAMSTECだし、潜水艇パイロットも職員という設定で全面協力してます。

深海探査有人機はこれだけですが、形状は潜水艇の
巡航探査機の『うらしま』(最大潜航深度3500m)
無人探査機は先に紹介した『かいこう7000II(最大潜航深度7500m)』
『ハイパードルフィン』(最大潜航深度3000m)
掘削孔利用システム『べんけい』(最大稼働深度6000m)
沈没船探査やH2ロケットの落下したエンジン部品探査などに大活躍した
曳航式海底探査システム『ディープトゥ』
(カメラ最大潜航深度6500m、ソナー4000m)があります。



【2006/05/22 06:36】 科学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
オークスとダービーウィーク開幕祭
20060521180942220060521180942
いまパドックにいます。石川亜沙美178cmだって。
本田と比べると背の高さが良く分かります。

先週は予想が的中したものの、入力中に時間切れで買えず。
今週はそれを踏まえて自宅出発前に購入。
予想は
◎カワカミプリンセス
○アドマイヤキッス
▲ニシノフジムスメ
△キストゥヘブン
△アサヒライジング
△ヤマトマリオン
というもの。

キングへイロー自体はダービー惨敗して、その後はマイルで活躍したわけですが
欧州三冠馬ダンシングブレーヴにケンタッキーオークス馬
グッバイへイローという血統は、種牡馬になって花開くと思ってたら
娘のカワカミプリンセスが無敗の4連勝でオークス制覇。

57年のミスオンワード以来49年振りの無敗、デビュー85日は
82年のシャダイアイバーに次ぐ記録というものでした。

トライアルで出遅れて差し着るというレースぶりからも本命に。
やはりオークスはまだまだ血統がものをいうんだなと。

母タカノセクレタリーは2戦して心房細動を起こして引退。
タカノセクレタリーの父は17戦14勝の米三冠馬シアトルスルーだけに
これくらいの馬を出しても不思議ではありませんでした。

本田騎手もあの3着に敗れたテイエムオーシャンの雪辱をはたし
史上最年長47歳4ヶ月(ヤマピットの保田隆芳の47歳1ヶ月を更新)で
樫の王冠をいただきました。
おめでとう!

西浦先生とは師が騎手時代から仲良くほんとにうれしい勝利だったと思います。

フサイチパンドラは血統的にずっとオークスでは怖い馬と思ってたのに
桜花賞負けすぎで無印。
結局ワイド1点のみの的中で5200円のプラスにしかなりませんでした。

キストゥヘブンは血統的なものより、気性が問題。
アドマイヤキッスはパドックでの発汗ぶりと毛づやの悪さが気になって、
先に買っておいて失敗したなと。それでも3着には来るとは思ってたのに4着。
最近のアドマイヤ軍団のG1は掲示板には載るけど勝てないという
イマイチぶりを象徴するような結果でした。
アサヒライジングは逃げまくるヤマニンファビュルの
2番手に控えよく粘り頑張ったと思います。

ニシノフジムスメは5着ということで、キングヘイローの種牡馬としての評価を
カワカミプリンセスとあげて、ブランドアートの子としてもよく頑張りました。
今まで中央重賞勝ちはシンザン記念のゴウゴウキリシマしか
いなかったのが不思議なくらいです。

それにしても東海ステークスはマイネルボウノット2着で
ゴールデンウィークに結婚したF君には婚礼ボーナスとなりました。
まだまだダート長距離交流競走で稼ぎそうで羨ましい限りです。

さて来週はとても相性のいいダービー。
オークスはかつて自分の馬も惨敗したり、馬券成績も良くないですが、
今年15年目のダービーは大体7割近い的中率。ただ近年成績は良くないんだけど。

来週はいよいよアドマイヤの近藤氏の執念が成就するか、
フサイチの関口氏が2度目の制覇なるか、メイショウサムソンの2冠
なるかに注目です。

私の現時点の予想は
◎アドマイヤメイン
○メイショウサムソン
▲フサイチジャンク
です。

やはりトライアルの青葉賞の余裕ある勝ち方を評価してアドマイヤメイン◎です。
母プロモーションというところも評価していいと思います。

それにしても今パドックでやってるダービーウィーク開幕祭に
柴田善臣がきてないよ。明日のイベントには参加するんだろうか。

さてメイショウサムソンに騎乗し、皐月賞で初G1勝ちした、
石橋守騎手は『僕が(この馬に)教えられました』と。
『素直にこの馬につかまって置け』と。

マルカシェンクの福永騎手は前走ディープインパクトをイメージしていたと。
しかしその横で笑う武豊。

勝負パンツの質問が来て、ダービーの前には新しいズボンを履くという四位騎手、
岩田騎手はビチッとしたパンツ、石橋騎手はゆるっとしたのがいいらしい。
福永もいつも使ってるビチッとしたのがいいと。
ちなみに鈴木淑子さんはいつもダービー前は新調するそうです(^_^;)。

枠順と馬場状態の質問には
マルカシェンクはどうせいつも出遅れるので外枠じゃないほうがいいと。

武豊騎手も大外じゃなければいいと。
Cコースは例年のオークスと比べてもかなり良く、内外の差はないと。

岩田騎手はゲートでジャンクは前走落ち着かなかったので
後入れの偶数枠がいいそうです。

『きょう石橋さん、来週の下見してましたよね。』と武豊騎手のツッコミ。
石橋騎手は単騎で逃げまくったヤマニンファビュルに騎乗。
さすが笑いを忘れない関西人です。

キングヘイローのダービーの時プレッシャーに押しつぶされた
(実際38度発熱し、薬で下げていた)福永騎手は、
ガチガチに緊張してたコスモバルクの五十嵐騎手を例にだし、
公営から転入し初騎乗の岩田騎手にプレッシャー。
みんな一致でジャンクが一番人気になるとのことで更なるプレッシャー(^_^;)。
まあ菊花賞勝ってるからね、さほどは緊張がないでしょう。

騎手の健康管理についての質問では昨年のダービーの時は
すごく珍しく風邪気味だったという武豊騎手。
『健康と入ったら四位さんですよ』と福永騎手。
クロレラやウコンなどのサプリを飲んだりしてるとのこと。

武豊騎手がジャンクとムーンを選ぶことになった時の話に及び、
武豊騎手は、栗東で『今度頼むぞ』と松田博先生にいわれて、
『はい頑張ります』といって、アドマイヤキッスのことだと思ってたら、
アドマイヤムーンのことで、次の日には新聞にかかれてたとのこと(^_^;)。

福永騎手には最初からマルカシェンクに乗ると決めてたんですかと
淑子さんのきつい質問に、
『フサイチリシャールクビになったそうじゃないですか』
と武豊騎手が福永騎手を攻撃。

勝ったらどうしますかという問いには、『ヘルメットを投げます』といった
福永騎手は会場の反応の悪さに撤回、武豊騎手は『ダービー5勝目狙います』
最後に岩田騎手は『勝って感動を与えます』ときれいな締めくくりでした。

来週は目黒記念がダービーの後の最終レースです。
アイポッパー、トウカイトリック、ホオキパウェーウ゛、チャクラ、
メジロトンキニーズ、トウショウナイトなどが登録しています。


【続きを読む...】

【2006/05/21 18:09】 競馬 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |
かいこう7000II
20060520223327
深海無人探査機の『かいこう7000II』です。
JAMSTECで開発された3代目のもので、現在運用試験中。
この五月五日に沖縄本島南方7334mを潜りました。

初代機はアサヒのペットボトルを油圧系統の部分に使ってたりしたとか
面白いエピソード満載でした。
研究開発目的で利益は出さなくていいものの、
海外の探査機と比べかなりの低コストで作られており
海外では無理だといわれたことを次々と工夫し、
実現しているところに技術力の高さを感じました。




【2006/05/20 22:33】 科学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
海洋研究開発機構を訪ねて
2006052022304420060520223043

今日は六大学野球の法政戦に誘われたり(春終戦)、
友人の馬が東京競馬1R(2着)5Rに出走(7着)してたりしたんですが、
海洋研究開発機構(JAMSTEC)の年に一度の一般公開日なので、
小泉総理のお膝元、横須賀にいってきました。
今週、京急の電車吊広告を見て知り、すぐ行こう!と。

現在、呉にある海上保安大に似た立地で、思わず小学生の頃、
よくいった海上保安大の学祭を思い出してしまいました。

違うところといえば、マツダの広島宇品工場のように日産の工場と積み出し港が
隣りにあることと、小うるめ島のような島がないことです。

海保大は先日フジテレビでも放映されてた映画『海猿』の舞台になった場所で、
この映画をきっかけに受験者数がはねあがったそうですね。

先述の小うるめ島も映ってましたが、現在大ヒット公開中の続編は海難救助もので
鹿児島が舞台なので、是非、予習として前作やドラマをビデオで観て下さい。

さてJAMSTECは7月15日公開の『日本沈没』のロケに全面協力。
ということで、『日本沈没』の樋口監督を招いての対談。

田所博士ほどワイルドではないもののモデルとなった
地球深部探査センター長の平朝彦氏、
司会に科学ジャーナリストで『しんかい6500』にも
搭乗したことのある瀧澤美奈子さん。で先端科学とエンターテインメントの出会い
というテーマで対談があり、見学してきました。

終了後には施設内展示の『しんかい6500』や『かいこう』『かいよう』の実物や
『地球シミュレーター』や『ちきゅう』の模型などを
見学してきましたので、そのレポートを。

10時半から開始でぎりぎりだったので、焦りましたが
丁度いいタイミングで始まりました。
ふと斜め前を見ると見知った顔が。

京大大学院を卒業し、在学中に日本人女性として初めて南極越冬隊に参加し
新聞にも紹介され、体験記も出版してる、JAMSTECの研究員Tさんでした。
Tさんは高校時代私が所属してた地学部の後輩で、
彼女は一代下の部長で一緒に山に登って天体観測したり、
川に化石採集にいったりしました。

講演が終わったら声かけようかと思ったら、途中電話が入り、退出。
次に会ったら恐竜のきぐるみで涙ぐましくアンケートを配ってたので声がかけ辛く
他を回ってる内に、地球内部の解説でもやってるかなと思ったのですが、
残念ながらそれもなくて行方がわからず、結局話せず終い。

大の光GENJIの内海君ファンだった彼女が今回の草なぎ君演じる
JAMSTECの職員を予告で観てどう思ったか聞きたかったですが、
仕方ないので、また次の機会に。
余計なお世話だけど、講演中何度か咳をしてたし、白髪も増えてて、
結構ハードな研究生活してるんだなと心配してしまいました。

京大時代は一日一食の倹約生活してたとかホームページに書いてたしなぁ。
名大難処理人工物研究センターで助手やって環境問題に取り組んでるS君とともに
我が地学部OBの中でも日本の科学を背負って立つ人材なので
体をこわさないようがんばって欲しいです。

さて今回も前フリが非常に長くなってしまいましたが
『日本沈没』の話を。

『日本沈没』はいうまでもなくSF界の重鎮小松左京原作、
森谷司郎監督で73年に映画化され、大ヒットした作品。

99年に小松左京氏とともに阪神淡路大震災の被災者でもある大森一樹監督で
松竹で総制作費12億円、配収目標30億円という大プロジェクトで映画化の
予定があり、資金調達に失敗して、頓挫したことは、
このページでも何回か取り上げています。

前作公開当時、私は幼稚園児で、映画を生で見てませんが、
テレビやビデオで何度か見て、一昨年の『お台場映画王』
クロージングフィルムとして、樋口監督、笠井アナ、亀山Pのトークの後
この映画を見て、『映画は一緒に見る奴を選ぶべき』という亀山Pの言葉に
納得した樋口監督と笠井アナのマニアトークに引き込まれたのでした。

樋口監督は怪獣を取り上げられた頃から、深海にひかれ、
珍しい海洋生物の図鑑などを眺めて過ごす少年だったようです。
そしてこの映画に出会い、全セリフを暗記するほど見込んでいて、
当時、樋口監督は小学生で漢字ばかりで読めない小説版を辞書を引きながら読み、
この作品がなかったら今の自分はないという程、
自分の人生に影響を与えた作品を、どう超えていくかが大変だったようですが、
満足のいく作品に仕上がったようです。

私は藤岡弘と違い小野寺役を村野武範が演じたドラマのほうは
楽しみに見ていて、当時はヤマト、ドリフとともに大好きな番組でした。
今でも五木ひろしの主題歌は歌えるくらいです。

田所博士はどちらとも小林桂樹さんだったんですが
学者っぽくない所が原作そのままで良かったですが、
今度はエキセントリック度が増して、かっこよくなったトヨエツ版田所博士
ということで原作をかなり脚色した設定となっています。

余談ですが私が高校時代に読んだ小説版の『日本沈没』は第一部完と
なっていて、小松氏は世界に散り散りなった日本民族のその後を続編として
第二部をかく予定で、30年以上放置されたものの、今度の公開に合わせて
続編を出版するそうで楽しみです。

まあ、かわぐちかいじのアニメ化企画進行中の『太陽の黙示録』が
この第二部を代わりにやってくれたといえなくもないですけどね。

ようやく話を本題のきょう見た予告の感想と対談の内容を。

まず予告を観た感想はさすが20億円もかけてるだけあって
日本各地の沈没シーンは圧巻。今はミニチュアを使うほうが贅沢だと
樋口監督はおっしゃってましたが、やはりCGはリアル。
ただそれだけではなく、町から出入り禁止になったほどの爆薬を使っての
ロケも敢行し、技術面ではありえないほどのJAMSTECの全面協力の下、
素場らしいものになっています。
(ちなみに陸海空の自衛隊、東京消防庁も全面協力してます。)

でもそれだけではなく、前作も『顔芸』とまで呼ばれる程の顔アップにこだわった、
様々な人物ドラマがあったのですが、
それに負けないようにと頑張っただけあって
JAMSTECの潜水艦乗り小野寺役の草なぎ、原作にないハイパーレスキュー隊員、
柴崎コウとのタイタニック的な恋愛にとどまらず、
原作にある日本人として、最後の時にどう生きて行くかがしっかりと
描かれている作品のように見受けました。

国土だけではなく、心まで失ってしまうのか?とのコピーがいいえて妙です。

『タイタニック』のように馬鹿長くもなく、『宇宙戦争』のように酷い脚本でもなく
2時間15分の中にぎっちりと樋口監督お得意の特技と
あくまで日本人の感性を重視した原作の人間ドラマが詰まってます。

前作は、小林桂樹さんや丹波哲郎さんなどアクの強い役者が多く、
主人公も藤岡弘のように熱血漢ではないので
役者陣のスケールダウンは否めないけど、それを補う、演出に期待したいです。
まあ、冷静な役者で固めたいという意図はよくわかります。

さてJAMSTECとの関わりにおいて、いろいろな秘話が聞けましたので
覚えてることを少しだけ紹介。

まず『ちきゅう』大活躍。
今回これだけ長い予告を見たのは初めてだったのだけど、
草なぎ君が『ちきゅう』を柴崎コウに紹介するシーンを初め、甲板シーンなど
結構登場していました。
映画の中では『活躍するというもんじゃない』と樋口監督。
否定形ではなく、かなり科学面で重要な鍵を握ってるようです。
あとで紹介しますが、『ちきゅう』は日本が誇る大深度掘削船で
この8月には日本海溝を掘削することが決まってます。
現在海底下7500mのマントルまで掘削できるのは世界でこの船ただ一隻です。
それを聞いた樋口監督は運用開始時(昨年7月)から追っかけ回し、
作業の合間を縫って全国各地で撮影を敢行。
午前の撮影では女優さんなどは朝2時入りとかだったそう。

田所博士の無頼漢を出す為に、雪駄に15kgのでぶ猫を肩にというのも、
『ちきゅう』の運用基準からは大きくかけ離れたもの。
炎天下で40度近く、終いにはでぶ猫も死にそうな程ぐったりしてたとのこと。

更には、草なぎ君が柴崎コウを無許可で民間人を
『ちきゅう』に乗船させるなどご法度も平気。
ほとんど立ち入り禁止なエリアでの撮影も敢行し、
安全性よりも自己責任の範囲でやれることをやるといったものだったようです。

ところで、なんで、そこまで目玉な『ちきゅう』の実物展示が今回なかった
のかというと、横須賀本部に接岸できない程の大きさだからのようで
全長210mということだから、大和よりは小さいものの、
櫓は130mで30階建てビルくらいの高さだし無理もないです。

しかしこの映画の凄さはCGであたかもこの岸壁にあるように見せてる所。
じっさいはむつ市の研究所で撮影したそうなんですが。

あとは『しんかい6500』ではなく(^_^;)『わだつみ6500』の内部が
セットでそっくりに再現されているのだけど
実際の運用と同じく、寝転がるような感じで船窓から
外を観察するのを再現しているそうです。

現在の『しんかい6500』には椅子も無ければ、操縦桿もないようです。
『しんかい2000』とともにあとで紹介しますが、『しんかい2000』にはちゃんと椅子があるんですよね。
でもそれだと観測し辛いんだそう。

『しんかい6500』は一度潜ると、1000万円近くの予算を使うそうですが
マニュピレーターの動きのシーンが欲しいということで、潜航調査時に
撮影してもらえるように頼んだり、
という事細かな設定からマクロな現象設定まで、(たとえばプレート境界面に
住むバクテリア群の話とか)
平先生達をメールで質問攻めのやりとりでこの映画は完成しました。

是非、7月15日からの公開に映画館に脚を運んで下さい。
興奮と感動があなたを包みます。

引用文




【2006/05/20 22:30】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
着いた着いたよやっほー
20060509214855
当選払い込み確認の通知が届きました。

ビークル参加も決まり、あとはサンボを待ち望む。

明日は『ハレ晴レユカイ』の発売日だけど、晴れそうにないな。

夏フェスはピーカンを望みたいところです。
基本的にハルヒ並みにイベント大好きなので、イベンターにでもなればよかったかなぁと。

まあ、初回は台風でステージの屋根が吹き飛んだりして、
とんでもない事になったりした訳だけど、
富士の麓でやれば、台風、お台場のフジテレビの近くでやれば、
熱中症続発の会場受難だった、フジロックにくらべればマシか。

まあ、去年は開チン事件はあったけどね。

それにしても『涼宮ハルヒの憂鬱』は、次回『孤島症候群(後編)』じゃなくて
『ミステリックサイン』で次未定って何をやらかす気なんだろうなと。

今回、キョンの妹を連れてったことが、原作と違い良かったです。
あと、バッグに隠れてたのも再現してくれて。

それにしても銀時の声がますますキョンに聞こえて仕方ない。




【2006/05/09 21:51】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
曽我町子さん死去
曽我さんが7日、国立市の自宅マンションで亡くなったそうです。68歳。
膵臓癌を患ってたようで、経営してたアンティークショップに
出勤してこないことを不審に思った共同経営者の男性が
自宅を訪ねて発見したそうです。
ご冥福をお祈りします。

昭和36年『チロリン村とくるみの木』で声優デビュー、
初代オバQの声優として、有名になりましたが、
なんといっても戦隊物の悪役女王としての演技が輝いていて、
海外でも『パワーレンジャー』などで有名でした。

先週の『アニメ夜話』で『ヤッターマン』をやってて、悪役としての
小原乃梨子さんを再評価してたのだけど、実写ではこの人以上の悪の女王役は
いなかっただけに、残念です。





【2006/05/08 12:36】 アニメ・特撮 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
『カスタムメイド10.30』と広島市民球場
昨日は、たまってたアニメを一通り見て、『カスタムメイド10.30』を
見たんだけど、あらためて広島市民球場の良さに気付いた次第。

女子高生姿より、キャバ嬢姿が似合ってた、木村カエラ、
妹なのにデカ過ぎな西門えりかとか、やけに遊び人の父親姿が似合ってた
ソラミミスト安斎氏とか相変わらずうるさい柳沢慎吾とか
まあちょっと凝ったプロモだなという内容はともかく、

本来は天覧レースになるはずだった、ゼンノロブロイの勝った
天皇賞の日にあそこでライブをやって、見にいけなかった人達の為に
それを映画にまでしてくれた民生の心意気に拍手したい。
もちろん『さすらい』のエンディングも良かったです。

今日は広島対中日をNHKで見たりしてたんですが
2回から見たのでなんで山本昌の遅い球が打てんのじゃ!とかイライラしつつ、
新井や梵の守備に腹が立ち、ダグラスの単調な投球にも嫌気がさし、
逆転され、ホームでタッチアウトになった栗原に怒り
あのサードで止めなかったコーチは誰だと。
もうこのままズルズル負けだなと
見るのをやめて、17時前に再度見たら9-5で逆転して、
べイルがしめに入ってるじゃん。見続けず後悔。

それにしても天然芝に、バッターボックスの白線が消えかかってる市民球場は
やっぱりいいなぁと思うのでした。

もう20年近くいってないけれど(^_^;)。確か阿南監督の引退試合が最後かな。




【2006/05/05 22:57】 野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
涼宮ハルヒと高校時代の思い出、声優トリビア
20060503203214
涼宮ハルヒは予想通り次回は『孤島症候群』なので、時系列的には第9話で正解。

ここまで注目を集めた要因は、やはり細部まで拘り、
しかも原作の要点は外さない京アニクオリティの為す技。

例えば野球のシーンでも、みくるのバットの持ち方が逆手になってるなど
芸がこまかい。それでいてキョンの一人称での語りは、
ほぼ原作通りに再現されており、原作ファンも納得できる構成で、
意外性も内包させ、原作未読者に原作を読んで見たい気にさせる展開である。

私は『憂鬱』は読み終えて、『消失』を読んでるところですが、
完全にハマってしまいました。
それにしても『憂鬱』はどこも品薄状態らしく、早めに『まんだらけ』で買っといてよかったなと。
今日いった、あおい書店でも売り切れでした。
まあ、わたしは『退屈』を買いにいったのでいいんだけど。

谷川・いとうサイン会も1000人くらい詰め掛けて大変なことになり、
『冒険でしょでしょ?』発売記念、平野綾握手会は瞬殺だったとかで、
『ハレ晴レユカイ』が5.10発売の翌週にはオリコン1位も夢ではないかも。

涼宮ハルヒ読んでて思い出したのだが、一代下の生徒会長の女の子。
なんでもかんでも企画しちゃうような子で、確か放送部にも入ってて
フォークソング部でバンドもやってたような。

うちのガッコのフォークソング部といえば、浜省あたりがつくったって、
話で彼も生徒会役員やってバリ封とかしてたらしい。
その後、生徒会長でフォークソング部といえば、明和電機の土佐信道社長がいます。
ポプコンの中国大会に出場してて、当時から兄弟で有名でした。

さて、その子の起こした最大の騒動といえば
『サンプラザ中野のオールナイトニッポン』で
『商売繁盛いらっしゃいませ』かなんだかのタイトルコーナーがあって、
それは繁盛してない店にいって一時的に盛り上げるって企画だったんだけど、
その子の店がふとん店で
今にもつぶれそうってことで、ハガキかいて依頼したら採用されて、
翌日の土曜の13時くらいにタオルを販売するってことで、
その店の前にかつて市内の商店街では見たこともない大行列。
土曜は午前授業で終わって、皆聞いてた奴の口コミ情報で集まったようでした。

そしてパッパラー河合さんと一緒に番組徹夜明けで東京から飛行機に乗って
すっとんで来た、サンプラザ中野に感動したのでした。
当時は『リゾ☆ラバ』とか大ヒットさせてたもんな。

さて、そんな高校ですが、かつて現社の授業で、
『ゴルゴ13』を教材につかったり(めぞん一刻も使う予定があったらしい)
浜省がいた頃は新任教師として、バリ封する生徒と対決してた、
私の高校時代唯一の10をくれた先生が今では、校長になり、
今春、母校を復活させた見たいですね。学力向上の重点校指定を受け、
理数科が出来たのも大きいですが、今はかつて夢のような話をしてた
早朝補習にも取り組んでるようで、広島の公立高校も総合選抜をやめて、
復活しつつあるようです。
今春、東大3人、京大4人、早稲田15人、慶應8人で、
(ちなみに自分が現役の頃は東大、京大0、東工大1人、
阪大が3人、早稲田4人、慶應1人
ってどうしょうもない中堅校)
サンデー毎日のここ10年で学力向上した全国高校ランキングで44位に。

谷川さんの母校、関学には負けるけど、
ハルヒの舞台モデル西宮北高校には勝ってるかなと。
ちなみに関学には今春24人合格してたようです。

さらに高校時代のクラブの顧問で『知っとるけ?』が口癖で、
自分で教材も作って教育賞かなんかも後に受賞した地学教師は
現在は広島県立初の中高一貫教育校として、話題を集める広島高校の校長になり、
余談だけど前任の祇園北高校校長時代に、綾瀬はるかが通っていたようです。

☆関係ないけど杉田智和さんって、子安さんの声に似てませんか?

『銀魂』見てて、子安さんかと思いましたが、涼宮ハルヒを見た後だと、
『あ、キョンの声と銀時一緒だ』ということで、気付いた訳で。

☆声優トリビアスレが面白い。

今週も『吉永さんちのガーゴイル』の花子や『ストロベリーパニック』の
此花光莉役などすぐにわかる印象的な声の
松来未祐って、声優なりたいが為に、上京を許してもらう口実として、
慶應の環境情報に合格するんだから凄いよ。
ちなみに父上は我が母校の先輩です。どうも広島で不動産屋いとなんでるらしい。
彼女の高校は明らかじゃないんだけど、
呉からノートルダム清心か広島女学院に通ってたんだろうなと。

優等生で生徒会長で推薦を狙ってた浅野真澄とよくにてるんだけど
彼女は國学院だし、下ネタ女王で、荒鷲だしな。
やはり育ちの違いが如実にでるなぁと思うのでした。

声優で高学歴といえば、真っ先に上がるのが
サザエさんの波平やガンダムのナレーターなど大ベテランの永井一郎さん。
京大の仏文でて、電通に入り、声優になるという異色の経歴。
岩波文庫の『パスカルの定理』の解説文書いてるとか。
父上が大和の設計にも携わった数学者ということで納得。

『サザエさん』の加藤みどりが自分が持ってるかなり昔の競馬本の解説
書いてたのは、まあ昔、彼女も馬主やってたからわかるんですけどね。

他に有名なのは、『サザエさん』のアナゴさんや
『吉永さんちのガーゴイル』のガーゴイル、ちよ父や音速丸、セル、
メカ沢、ハードボイルドペンギンなど、特徴のある怪演ぶりのサブキャラで
時には主役を食ってしまうことでひっぱりだこの若本規夫さん。

関大一→早稲田の法学部を出て、警視庁機動隊になって、団体職員
俳優への夢が諦めきれず、この業界へという異色な経歴。
少林寺拳法3段、剣道2段らしい。

どうでもいいけど、水樹奈々と堂本剛は同級生で、
水樹が英語教えたりしてた事があるって本当か?




【2006/05/03 20:33】 アニメ・特撮 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
アルプスの老人オンジ
20060501203020220060501203020

東京競馬場で初めてアルプホルンの演奏を生で見ました。
『アメージンググレイス』やってました。

2日間で15000円しか勝てなかったけど、まあ多額かけてたら、
どうなってたかわかりません。リンカーンが相手で、ストラタジェムは▲扱い
ではあったんですけどディープ以外、力は拮抗してると思ってましたし。

さてそのディープがスタートで落馬しそうだったのでひやひやものでしたが、
早めに先頭に立ち、余裕の圧勝劇で従来のレコードを1秒更新する走り。
終わってみたら、まさに神懸かり。上がり33秒5ということですが、
追わないでこれですから。3馬身半差が5馬身くらいに見えました。
まあリンカーンの後、ストラタジェムまでは5馬身差ある訳ですしね。

ディープインパクトの強さは今更、具体的に説明するまでもないですが、
競馬博物館に行けば、具体的に解説されています。

滞空時間が長いと思われてたのが、他の出走馬の平均値と比べると
0.1秒短いとか、その分前に進む推進力に換えてて、
一完歩の距離の長さ、ピッチの早さなど、どれをとっても
ずば抜けてて、上下動も無駄がなく、おそらく心肺機能もすごいんだろうなと。

さてキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSで
ハーツクライに雪辱して世界一になれるでしょうか、楽しみです。
個人的にはハーツクライの母のアイリッシュダンスの大ファンで、
新潟記念を勝ったのも、現地で見てましたし、
ハーツにはディープに負けないよう頑張って欲しいものです。

伝統のレースでロイヤルアスコット開催ということもあり、英王室ご臨席で
現地勢はかなり強力なんでしょうけど、英ダービー馬も決まってない段階で
7月末のレースをあれこれいうのは、野暮ですね。



【2006/05/01 20:30】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
青葉賞☆メインレースはメイン
20060501190842220060501190842

武豊はどうするんでしょうね。
ムーンとは同一馬主だから、あの圧勝を考えると
アドマイヤメインのほうが良さそうですが、悩める選択です。

メインの母、プロモーションはヘクター産駒でよく覚えています。
今年は混戦模様なので、かなりチャンスがあると見て良さそうです。
結構見栄えする馬なので、ダービー勝ってもらいたいです。

マイネルアラバンサが2着、エイシンテンリューが3着で
毎日杯1、3、2番人気の組み合わせでの決着。
10000円近く勝たせてもらいましたが、3連単買っても
当たってた組み合わせなので、悔しいです。

アラバンサが権利を獲得して、なんとかラフィアン勢もダービー出すことが
出来ますが、正直この調子だと数年後、紘和氏が実権を握り、
サンデー産駒がいなくなってから、以降が心配ですね。
ロージズインメイ産駒が活躍してくれれば、いいですが。
ヌーウ゛ェルとの子には頑張って欲しいものです。

まあ来週のNHKマイルはスケルツィに是非勝って欲しいものです。
グラスワンダーの子ですしね。

この春、ラフィアンは繁幸氏から息子の紘和氏に社長がかわりましたが、
世代交替が早すぎやしないかと思うところです。

社台は吉田照哉氏の息子の哲哉氏や勝己の息子の俊介氏は
買い付けとかしてるんだろうか?。まあ照哉氏がノーザンテーストを
学生時代に買い付けてたくらいだから多分してるんだろうな。




【2006/05/01 19:09】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


PROFILE
ゆうがん(航海☆帝王)
  • Author:ゆうがん(航海☆帝王)


  • Blog theme
    アニメ
    競馬、
    カレー、らーめん
    大学野球実況
    高校野球実況
    大学ラグビーなど

    好きな過去の馬

    トウカイテイオー
    グラスワンダー
    セイウンスカイ
    アグネスデジタル
    エアダブリン
    エスプレッソトニー
    チョウカイキャロル
    トウカイポイント
    トウカイアロー

    好きな現役馬
    アーネストリー
    マイネルキッツ
    マイネルネオス
    マイネルアワグラス
    マイネルオークベイ
    マイネショコラーデ

    ラフィアン馬属性。
    唯一の所有活躍馬:
    マイネヌーヴェル
    現在
    マイネヴィッキーを
    一口所有してましたが
    引退、道営へ。
    マイネル軍団の謎 (流星社の競馬本)
    マイネル軍団の謎
    流星社編集部\180より

    好きなビール
    ギネス

    最近好きな
    アーティスト
    坂本真綾
    おかえりなさい(初回限定盤)
    おかえりなさい(初回限定盤)
    (2011/10/26)
    坂本真綾


    Buddy(初回限定盤)
    Buddy(初回限定盤)
    (2011/10/19)
    坂本真綾


    中島愛
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」
    EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)

    (2011/10/26)
    中島愛

    牧野由依
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/07/06)
    牧野由依



    ユニコーン
    いきものがかり
    一青窃
    平原綾香
    Asian KUNG-FUGeneration
    エレファントカシマシ

    最近好きなアイドル
    小松彩夏
    中川翔子
    中川朋美
    浜田翔子
    喜屋武ちあき
    桜井ひな
    松嶋初音
    磯山さやか
    加藤夏希
    南明奈

    最近好きな女優
    蒼井優
    小雪
    白石美帆
    長澤まさみ

    好きな声優
    FEMALE
    花澤香菜
    清水愛
    清水 愛/7thマキシシングル【DVD付】
    中原麻衣
    竹達彩奈
    宮本佳那子
    阿澄佳奈
    伊藤かな恵
    悠木碧
    川澄綾子
    白石涼子
    松岡由貴
    松来未祐
    MAKO
    金田朋子
    井上麻里奈
    能登麻美子
    福井裕佳梨
    加藤英美里
    豊崎愛生
    儀武ゆう子
    茅野愛衣


    MALE
    山寺宏一
    藤原啓治
    下野紘
    檜山修之
    杉田智和
    小西克幸
    小野大輔
    福山潤
    子安武人
    水島大宙
    若本槻夫

    但し心移りが激しい

    今期視聴予定ドラマ
    妖怪人間ベム
    南極大陸
    来期
    平清盛

    今期視聴予定アニメ
    (個人評価順位)
    1位たまゆら~hitotose

    たまゆら~hitotose~第1巻 <br /> [Blu-ray]
    たまゆら~hitotose~第1巻
    【Amazon初回限定全巻購入特典 
    「たまゆら~hitotose~」イベント
    (仮)チケット優先購入券(抽選)付き】
    [Blu-ray]

    (2011/12/21)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/11/26)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/12/23)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    (2010/12/22)
    中島ノブユキ、中島愛 他

    2位ちはやふる
    ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
    ちはやふる(14)
    (Be・Loveコミックス)

    (2011/09/13)
    末次 由紀

    3位侵略!?イカ娘
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/11/16)
    イカ娘(金元寿子)

    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    (2011/09/30)
    青島文化教材社

    4位境界線上のホライゾン
    境界線上のホライゾン4〈中〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
    境界線上のホライゾン4〈中〉
    GENESISシリーズ (電撃文庫)

    (2011/10/08)
    川上 稔

    5位ベン・トー
    ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
    ベン・トー サバの味噌煮290円
    (ベン・トーシリーズ)
    (集英社スーパーダッシュ文庫)

    (2008/02/22)
    アサウラ

    6位灼眼のシャナIII Final
    7位LAST EXILE 銀翼のファム
    8位僕は友達が少ない
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    (2012/01/13)
    木村良平、井上麻里奈 他

    長期シリーズ
    銀魂
    SKET DANCE
    ゴーカイジャー
    仮面ライダーフォーゼ
    ガンダムAGE
    バクマン2期
    異国迷路のクロワーゼ  TheAnimation ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド
    異国迷路のクロワーゼ TheAnimation 
    ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド

    (2012/03/09)
    ドラゴンエイジ編集部


    ブラバン!六大学野球
    ブラバン!六大学野球
    (2008/04/02)
    東京佼成ウインドオーケストラ


    全日本大学野球選手権大会2009 [DVD]
    全日本大学
    野球選手権大会2009 [DVD]

    (2009/09/18)

    The Kentucky Derby: 101 Reasons to Love America's Favorite Horse Race
    The Kentucky Derby:
    101 Reasons to Love America's
    Favorite Horse Race(2010/04)
    Sheri Seggerman

    大学ラグビー激闘史 1987年度~1991年度 DVD-BOX
    大学ラグビー激闘史
    1987年度~1991年度 DVD-BOX
    (2008/01/25)
    吉田義人・清宮克幸
  • 管理者ページ
  • RSS

  • 天気予報コムFC2

    CALENDER
    04 | 2006/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 今年一年の国内旅行先ベスト10(12/31)
  • 【聖地巡礼】たまゆら~hitotose 第一話 横須賀・汐入編(10/30)
  • 調布花火大会(08/07)
  • 中島愛 2nd Live Tour 2010 ~ I love you ~(07/01)
  • 楽天証券開設後の近況。(05/20)
  • 『材料株』相場(04/09)
  • 【野球オープン戦】中央大3ー2明治大(04/05)
  • 東京国際アニメフェア、初日レポート(03/28)
  • 株主総会参加予定など。(03/27)
  • CP+@パシフィコ横浜(03/15)


  • RECENT COMMENTS
  • ゆうがん(05/24)
  • 紫紺(05/21)
  • 神楽コスプレ好き(05/02)
  • シェリルノーム衣装って!(04/28)
  • 占い(01/17)
  • あすかぁ(01/13)
  • 如何屋 サイと(11/07)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/06)
  • あすかぁ(11/05)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その14)~涼宮ハルヒの消失~(02/23)
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その13)~インビクタス/負けざる者たち~(02/17)
  • Ali della liberta (in Stadio):「プロ野球ドラフト会議2009」雑感(10/30)
  • 粋な提案:2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久(10/12)
  • 僕の独り言:はじめまして!(05/04)
  • いんふぉーる:受験の神様!和田秀樹の受験の方程式プレミアム(01/09)
  • いんふぉーる:逆転!桶狭間トレード  空売り系システムトレード(01/09)
  • Fat-Diary:明大前“一風堂”vol,4(12/18)
  • ゼロから始めるマネー運用講座:新生銀行のポルテ社長が退任で八城会長が社長兼務へ(11/12)
  • さぷら伊豆!渋谷の平日・伊豆の休日:厚木 本丸亭(10/28)


  • ARCHIVES
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年10月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年10月 (18)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (14)
  • 2009年07月 (25)
  • 2009年06月 (20)
  • 2009年05月 (32)
  • 2009年03月 (3)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (7)
  • 2008年10月 (19)
  • 2008年09月 (19)
  • 2008年08月 (34)
  • 2008年07月 (16)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (14)
  • 2008年04月 (22)
  • 2008年03月 (16)
  • 2008年02月 (26)
  • 2008年01月 (23)
  • 2007年12月 (34)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (13)
  • 2007年09月 (30)
  • 2007年08月 (25)
  • 2007年07月 (27)
  • 2007年06月 (40)
  • 2007年05月 (32)
  • 2007年04月 (29)
  • 2007年03月 (20)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (11)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (20)
  • 2006年08月 (26)
  • 2006年07月 (8)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (16)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (13)
  • 2006年01月 (39)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (13)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (23)
  • 2005年07月 (27)
  • 2005年06月 (27)
  • 2005年05月 (43)
  • 2005年04月 (43)
  • 2005年03月 (53)
  • 2005年02月 (51)
  • 2005年01月 (33)
  • 2004年11月 (2)


  • CATEGORY
  • 株式と経済 (141)
  • 競馬 (222)
  • 競走馬の科学(馬場含む) (7)
  • トウカイテイオー (9)
  • マイネヴィッキー (7)
  • マイネヌーヴェル (14)
  • 牧原由貴子 (4)
  • ラフィアン (7)
  • アニメ・特撮 (117)
  • コミック (11)
  • コスプレ・ヲタイベント (129)
  • ゲーム (20)
  • ドラマ (14)
  • クイズ・雑学 (7)
  • 文学 (11)
  • 食べ物 (49)
  • 野球 (73)
  • フットボール (15)
  • 音楽 (43)
  • アイドル (9)
  • 映画 (44)
  • ニュース (49)
  • 旅行 (27)
  • 雑記 (175)
  • 科学 (9)
  • 未分類 (54)


  • LINKS
  • カトゆー家断絶
  • MOON PHASE 雑記
  • Tentative Name.
  • アキバBlog
  • にゅーあきばどっとこむ
  • moeyo.com
  • デイリーポータルZ
  • GIGAZINE
  • GIZMODE JAPAN
  • PURE GOLD
  • 声優系イベント予定表
  • 声優Blogアンテナ
  • エルエル
  • 広島東洋カープ公式
  • 東京六大学野球連盟
  • 関東ラグビーフットボール協会
  • 吉田義人のラグビースピリッツ
  • ★前田有一の超映画批評★
  • マット今井の『風を読む』
  • キッチンカブー
  • eワラント研究室
  • JRA
  • KEIBA.GO.JP
  • JRA競走馬総合研究所
  • RUFFIAN TURFMAN CLUB
  • 血統の森+はてな
  • 殿下執務室
  • ダービー馬からダービー馬~トウカイテイオー産駒応援
  • 名牝達の後宮
  • 負け馬@馬耳東風
  • 明和電機
  • 明和電機社長blog
  • 眞鍋かをりのココだけの話
  • 須田鷹雄の日常・非日常
  • 時々馬徒然
  • sala de oscar
  • 鹿島翼の道楽日記
  • Ali della liberta (in Stadio)
  • 喫茶マウンテン公式blog
  • 黎明


  • SEARCH




    >
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
<a href=芸能証券
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
    アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター 人気blogランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。