Bon Voyage~航海☆日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
【映画レビュー】宇宙戦争
今更だけど、マイヤヒーのまとめ。

昨日、新宿ラムタラ前に人だかりが出来てるので何かと思ったら
「恋のマイヤヒー」の映像を延々とリプレイしてたんですね。
その後、マイヤヒー広報カーなんかも見かけたりして、
まあポール・サイモン以来の初アルバム1位だそうだし。

二郎でその後、大盛にして後悔しつつも完食。
昔は味といい、麺といい、気持ち悪くなるので嫌いだったのになぁ。
たまにかなり空腹なとき食べたくなるんです。朝から何も食べなかったし。
大盛出すときレイザーラモンみたいに「フゥーッ」っていうのやめてください(^^;。
確かに野菜増しオーダーで、野菜は山のように聳えたち、スープは
丼からこぼれそうでしたけど(^^;。
「にんにくたっぷりで」といってた隣の人、「モリモリ行きますか?」と
きかれて「はい」って答えてたら、出てきた麺が見えないほどにんにく載ってた(^^;。
おそるべしっ!!歌舞伎町二郎。まあ赤羽のO二郎とかには負けるだろうけど。
この前いった時は正直はずれだと思ったけど、きょうはよかった。
作る人によって、こんな対応や味や量が変わるとは(^^;。

はい、そんな前置きから始まる映画レヴュー。
「スター・ウォーズ エピソード3」の時も実は観る前に二郎で食べてました。
近いので結構便利なんです。

昨日観たのは「宇宙戦争」。もう公開からかなり時間がたってるので
正直、今日の劇場はしょぼかったっていうか、確かエヴァかなんかの
アニメ映画をここで観て、途中でフィルム事故が起きた記憶が。
二番館扱いなようなので仕方ないんだろうか(^^;

更にきょうは寝冷えでお腹の調子が悪いくせに、二郎なんかいくから
トイレ大にいったら、そこに備え付けてあったトイレットペーパーが
とんでもないシロモノでした。
noroi.jpg

下痢気味でとめどない放出(^^;食事中の方すみませんm(--)m、
水流がかなり弱くて、流れないペーパー。
流れるときも渦巻いてムンクの「叫び」みたいになって消えていく
ノロイペーパー。悪夢にうなされそうで、昨夜はなかなか眠れませんでした。

その映画館は「新宿オスカー」
歌舞伎町のコマ劇広場の方に券発売窓口があるのに、正面から入れず
裏手にあたるビルの5Fにあり、設備自体かなり老朽化してる感じ。
調べたら80年にOPENでかつてはダンスホールだったらしいです。
音も甘いし、席の傾斜があまりない。そして古ぼけたあのトイレ。
まあ歌舞伎町の映画館で東亜興行系は5館あるんですけど、
グランドヲデオンを除いては、イマイチってところばかりなんだよな。
そんな中、ハーゲンダッツのアイスを売りに来る売り子。誰も声をかけない
ところがいっそうわびしさをかもし出していた。
最近の映画館では、上映前の売り子ってのは珍しいよな。

とまたまた前置きばかり。ようやく本題に入ります。

さて「宇宙戦争」ですが、SFファンにとっては古典である
H・G・ウェルズの作品を念願かなってスピルバーグが監督したもの。
「妖怪大戦争」と同じくリメイクものなんだけど、バイロン・ハスキン監督の
50年代の前作とはかなり違うと思っていいです。
こちらのレビューには忠実なリメイクと書いてありましたけど(^^;

これは音響がいいところで観たほうが、一層恐怖感が増しますね。
あのマシンの登場時の重低音は、日本一の動員数を誇る、最新設備を
備えた雰囲気のある映画館、川崎チネチッタあたりで観たいものです。

原作のH・G・ウェルズ自体、古典といっても19世紀末~20世紀初頭の作家で
この作品も1898年に書かれてるので、いい加減、超古典SFは
いいだろって感じなので、ウイルスで自滅するというラストは50年代B級SF風で
内容はともかく(実際、まったく予備知識ないだろうと思われる
女性二人組が帰りに「オチがあんまりだ」といってたのを聞いた)

ただスピルバーグ流の設定アレンジはなかなかよかったです。
離婚した主人公のトム・クルーズが週末だけ子供達と過ごせるとか、
その家族間のぎこちなさとか、生活能力がなさそうなアメリカの
地方都市のダメな労働者として描いてたりしてるところが。
トム・クルーズには余りに似合わない感じの役柄でそれがよかった。
以前スピルバーグとタッグを組んだ「マイノリティ・リポート」の
時とは全然違いますね。

ダコタ・ファニングもさすが天才子役っていうか、見てて虜にされる
演技とかわいいキャラクターですね。
ただキャーキャー悲鳴を上げるところと、それ以外の大人しいところの
ギャップがありすぎ(^^;。10歳児らしくない感じではありました。

基本的にハリウッドSF・パニックムービーっていうのは
「愛国心」まるだしか、そうでなかったら利己的なパニック集団から
自分が愛するものを守るという「家族愛」がテーマだったりするんだけど、
まあこれも例外に漏れずというか、スピルバーグなので、ドンパチバンザイな
「愛国心」まるだしはなかったですけど、「家族愛」がテーマで
車を奪おうとしてやってくる集団との格闘、
桟橋から離れる船の乗船での容赦なさとか、「ジョーズ」の頃から
続くスピルバーグのパニックムービーのパターンというのは見出されました。

マシンに囚われたときも、それまでは散々マシンとの格闘を
回避してたのに、手榴弾をもって挑み、見事倒すというのは、
ジョーズのリチャード・ドレイファスを彷彿とさせました。
基本的に軟弱そうな主人公が最後は、戦わざるを得なくなって
必死になってなんだかわからないうちに勝つという。

主人公を助けた「大阪で何体か倒したそうだぜ!」と地下で
ずっと隠れてるのをよしとしない、ティム・ロビンスがいうなれば
「ジョーズ」でいう漁師クィント役のロバート・ショウみたいな存在な訳で。

宇宙人は「エイリアン」とか「インディペンデンス・デイ」などに
出てきたタイプの典型的な奴です。
侵略型のエイリアンってどうもステレオタイプなデザインというか(^^;。
「マーズ・アタック」くらいだよなキュートな侵略型宇宙人って(^^;。

日本ではいくらでもキュートな奴がいるのに(^^;。
今度映画化する「ケロロ軍曹」とか「モアたん」もそうだ(^^;。

旧作では核ミサイルを撃ち込んだりもするんですが、
このへんはスピルバーグらしくばっさりとカットしてありました。
戦闘機・戦車とか壊滅するシーンは「火の七日間」の巨神兵とか
エヴァ風で圧巻でしたけど。あれに巻き込まれて「どうなるか見届けたい」と
いってた息子がボストンに無事にたどり着いてるのがかなり不思議でしたが。

最後に間違えても予備知識がない方はカップルではいかないほうが
いい映画であることは保証します。死体は河から流れてくるし、
血を栄養にして育つ草といい、血ミドロドロドロでグロいです。

なんで光線で焼かれると衣服だけが残ったり、電子機器が壊滅してる
はずなのに、戦車や戦闘機や一部のテレビ中継など情報網が
いきてて、車がすべて動かないのに、船が動くっていうのもどうにも
不思議なんですけどね。まあ雷やらの攻撃されなかった
ところは普通なんでしょうという解釈というか。

個人的評価・・・65点
まあスピルバーグが今更B級映画を焼きなおすことはないだろうにと
いった感じのムダにCG駆使してるなぁという作品でした。
「大阪で何体か倒したそうだぜ」以外の日本ネタは他に後ろの中継車が
Tv-asahiというのが冒頭にあったなぁ。
「大阪では何体も倒したそうだぜ」の台詞の意味は
「ぴあ」のインタビューでスピルバーグが
「何で大阪かというと、やはり大阪というのが大変経験が豊富だからですね(笑)
ガメラもいたし、日本の色んなモンスターたち怪獣たちを倒していた
のが大阪だったからです。」

うーむ・・・ゴモラがまず出てきそうなもんだが(^^;。
さすがに梶尾真治のネタは知らなかっただろうなぁ。
「熊本で消防士が倒したそうだぜ」だったら驚きだったのに。

★梶尾真治の「清太郎出初式」を 映画化してくれないかなと(笑)「タイムマシン」ものの
「クロノス・ジョウンター」も確かに泣けるいい話なんだけど。
 「宇宙戦争」で 火星人がやってきた時、熊本で格闘した明治の
 火消しの話なんですけどね。

予告で「キングコング」やってたけどいったい何度目のリメイク
なんだろう。今回は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで
有名なピーター・ジャクソン監督で、本人がトレーラーに出てました
恐竜とコングが島で格闘したりなど、なんとなくドクターモロー風。

スポンサーサイト



【2005/08/28 12:49】 映画 | TRACKBACK(4) | COMMENT(0) |
ネットで知った同郷の有名人と「クロノス」
うちの田舎の出身者というと、世間的によく知られてるのは
島谷ひとみ、城みちる、国生さゆり(高校で鹿児島から転校してきて
1年くらい住んでただけらしい。すぐ夕ニャンで東京に出てきたし)
広岡達朗(高校の野球部OB。卒業の翌年甲子園に出場、明治高校に敗れる)
浜田省吾(高校の野球部OB、フォークソング部創設者とも。元は竹原出身)
明和電機(土佐信道氏は生徒会長でフォークソング部。ポプコン中国大会出場)
あたりなんだけど、ネットの威力って凄いなぁと思うわけで、

たとえば美少女ゲームの電波系歌姫「大野まりな」も
呉市出身ってのを昨年知り(広島風お好み焼きを焼くのが特技)、
みゆみゆこと「松来未祐」も呉市出身ってことを最近知りました。
声優関係では、他に「こどものおもちゃ」の小田静枝もいるんだけど
しーちゃんは、私が高校時代から知ってたFMのDJとしての
活動のほうがメジャーですね。
だから倉田紗南はマシンガントークできたんです。

更に自分の田舎の出身者を検索してたら、加藤あいが
「笑っていいとも」で「海猿ロケ」絡みで「広島県呉市出身の人は?」って
質問してて、一人いたってのが驚きなんだけど、
私が今住んでる近所には、加藤あいが通ってた中学があるんだよなぁと。
偶然の一致は恐ろしい。

もっとググってると、高校時代の友人の記事が見つかったりして
驚きでした。一人は大阪の歯科医で院長やってるようで、
もう一人は岩手の遠野の県立病院で小児科医をやっているってことを
知りました。高校卒業してからはあってないし、手紙も書いてないもんなぁと。
高校3年で文系と理系に別れてしまったし。

遠野といえば美凪・・いや、柳田国男の「遠野物語」と河童や
座敷童子などの妖怪伝説くらいしか認識がない私。
個人的に「ぺとぺとさん」のモデルの「女未の里・鮎川町」は
妖怪と人が共存できる場所として、遠野あたりかと思ってるんだが、関東近郊っぽい。
同名の町は福井と平戸と日立にあることを確認してるんだが。

彼が小児科医がいなくて困ってた遠野になぜ惹かれたのか
なんとなくわかる気がする。
その前に世羅にいたのもその布石だったのかなと。

「王立宇宙軍」を高校時代に貸したり、そのお礼で「未来少年コナン」を貸してもらったり
麻雀を教えてもらったりと、高2の時の一番の親友だった。
数学や物理が抜群にできて、医学部に現役で受かったのは勿論知ってたけど
当時は、将来は医者になるなんて全く言ってなかったし、
そして彼が小児科医になってるとは知らなかった。
でも誰にでも優しく子供好きな性格だったので天職だろうなぁと。

更に検索してたら、高校のOBで広島5区で無所属で出馬し、落選した
東大卒の通産省元参事官の山本敏明氏が、民主党から秋田2区に
立候補する予定だったのを断念したそうで
郵政民営化関連法案に反対票を投じた野呂田芳成氏との対決が楽しみだったのになぁ。
なんでいきなり秋田に鞍替えしたかというと、東大工学部の資源工学科時代に
鉱山調査でいったことがあるっていうのと、妻が秋田出身だからだそうで。

山本氏は能代に選挙事務所を準備してたようで、能代といえば、荒鷲こと
浅野真澄さんの出身地。まあ正確に言うと彼女の住んでた最寄り駅は東能代なんだが、
バスケの名門・能代高校もかなり近いところだったようです。
といっても住んでたのは小学校4年までだったようですが。

★劇団キャラメルボックスが梶尾真治さんの「クロノス・ジョウンターの伝説」を
 舞台化した「クロノス」を冬公演するってのを初めて
 TBSのCMで知った。公式サイトには書いてないもんなぁ。
 「この胸いっぱいの愛を」は大幅に内容をアレンジされていて
 もはや原形をとどめていない映画のようで、この舞台の脚本が
 どうなってるのか気になるのでいってみたいなぁと。



【2005/08/28 05:15】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【コミケ68】あっP☆さん
芸能プロインターフレンド内オザワオフィスに所属のあっP☆さんです。
神戸屋っぽいけど、何かのゲームかな?
appy2.jpg

appy4.jpg

appy3.jpg

appy.jpg


☆台風11号がいったかと思ったら、13号発生だそう。今の進路だと
台湾直撃か?


深夜の甲州街道を歩く・「エルフェンリート」大団円
もうなんかね。行き詰ってばかりですよ。台風一過のピーカンだというのに。
さながらマガジンの「さよなら絶望先生」状態(^^;。
個人的には、木村カエレが好きです(^^;。

土日は、土・日きっぷで土曜は大曲の全国花火競技会にいって、
日曜は友人の馬のマイネルアエラスや新潟記念にはテイオー産駒の
エイシンハリマオーも出てるから新潟競馬にいってこようかなと思ったんだけど、
冷静に考えたら、DVDレンタルにして約70本は借りられ、
映画にすると15~6本分の額がこの一回の遠征で飛んでいく訳です。

更に11年前、大曲の帰りに宿がなく、駅に泊まって
明け方に集中豪雨で列車が止まり足止めをくらい、新聞で天皇賞(秋)を目指して
ニ風谷で調教中、骨折したトウカイテイオーの引退を知った
秋田駅での苦い思い出も蘇ってきて、やめることにしました。
それにしてもトウカイテイオーと秋田・・・ダビスタファンなら思い当たる節もあるだろう(^^;。

大体、新潟-秋田って近いようで実は4時間もかかるし、
更に11年前当時は「ウィークエンドフリー」区間内(JR東日本全線)
だったのに、今は酒田や新庄までで、しかも2000円値上げしてるし。

あの時はギリギリ間に合って、確か新潟記念をインターシュプールが
勝ったんだっけ。翌年はアイリッシュダンス。今や子供のハーツクライの時代である。
93年に新潟記念を勝ったのは私が名前だけで気に入ってたブラウンビートル。
これまた私が好きだったロンサムボーイがライバルだった。
サンデーサイレンス産駒がいなくてトニービン産駒が最強だと思われてた古きよき時代だった。
あの頃はよく、これからデビューするサンデーサイレンス産駒と
ヘクタープロテクター産駒は怖いと先輩にいってたんだっけ。

そんなことを考えていたら、また帰り際にトラブル発生。
結局そのまま残業して、自宅まで帰り着く電車には乗れず。
新宿でオールナイト映画でも見るか、深夜バスにでも乗ろうかと
思ったけどやめて、
桜上水が終着点だったので、運動不足だし、タクシーは拾わず歩くことにする。

深夜の甲州街道は夏休み最後の週末ということで、結構車が走っていた。
それにしてもカーディーラーとファミレスばかりだなと。
車は中古車の軽からアルファロメオなど選り取りみどり。
途中、八幡山で久々に天一などに入り、サービス定食を食べて
計2時間(飲食時間除く)。時速4km程度。
最近、運動不足で結構汗だくで終いには足の裏が痛くなってきていた。
高校時代は坂のある町で行き20分、帰り40分の自転車通学でしたが
雨の日など歩くと1時間弱とかかかって坂路調教してたから
今より20kgもスリムだったんだよなと。

それにしてもマラソンランナーの時速20kmってやっぱりとんでもないなと思うわけで。
私は山手線一周オーバナイトハイクという大学祭企画に4年間続けて
参加したけど、一緒に参加してた後輩がホノルルを走って、
山手線ハイクなんて甘い甘いといってたくらいだからなぁ。

更に凄いのは成田からソウルまで歩いていったクイズサークルの後輩。
飛行機で2時間半のところを、1ヵ月半かかって歩いていた。
勿論、海を泳いでわたるのは無理なので関釜フェリー使ってたけど。
出発地が成田なのは、単に彼の実家があるだけだが。

道中みつけたのは、北烏山で見た「ひき逃げ犯捜索」のポスターの
探偵が萌え系イラストだったのと、深夜2時に盗難自転車チェックか
待ち伏せるように佇んでいた警官2名。
深夜のファミレスやらーめん屋ってDQNばかりだね。
まあうちの近所のコンビニもそんな奴らの溜まり場になってるけど。

道中聞いてたのは、坂本真綾。プレーヤーが勝手に逆走モードに
なったりして、調子悪いので、途中からFMに切り替える。
サスケ」というデュオがゲストで出ていた。
きっと仙道敦子が宣伝してたドリンクのようにま○い・・と思ったら
ゆずやコブクロのような感じで、なかなか聴ける歌だった。
10.2pm5:00~日比谷の野音でライヴがあるらしい。いってみようかな。

今DVDは「エルフェンリート」を集中的に見てるんだけど、
やっぱりノーカットはグロい。特に1話は凄いですね(^^;。
ナナの脚や指が飛ぶシーンなんかも。でも馴れてしまうと案外平気になるから困ったもんだ。
最初は恐る恐る見てたスプラッタームービーが最後は笑ってしまうといった感じに・・・・
はならない、鬱展開や人間の嫌な部分を集合させたり、狙いすぎの
エロという作品なんだよなと。
でもやっぱりナナが好きで好きでたまらないので(^^;。

今週マンガのほうではついに大団円を迎えましたね。
結局、あのアニメではうさだひかること石原絵里子が
声を当て、腐助手とか痴助手と呼ばれてた助手さんがワクチン開発して
世界を滅亡の危機から救いました。そしてコウタは楓と・・。

明日は7話以降をレンタルしてこようと思ってます。
あと映画も見てこようかな。
前の記事にも書いたけど、「嫌韓流」は読んだけど買わない。
中国批判の「マンガ中国入門~やっかいな隣人の研究」は
ジョージ秋山だから更に嫌。
やっぱその手の本買うなら「2典」だよなと。


【2005/08/27 04:12】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【アニメレビュー】最終兵器彼女another Love storyなど
mixi批判などをしておきながら、fc2ネットワークに登録してしまいました。
fc2の場合は招待制じゃなくて登録だけなら誰でも出来るしな。
でもblog登録者が皆参加してるわけでもないし、ほんとまだこじんまりっていう段階ですね。
アクティヴユーザーがヤフーやライヴドアを超えて、
blog登録数も20万といっても、これって10年前くらいの私が
NIFTYに加入した頃くらいのユーザー数だし。
mixiは100万突破してるわけだし。

今週は「奥様は魔法少女」と「創世のアクエリオン」
「ガン×ソード」「MONSTER」「かみちゅ!」
「極上生徒会」と今のところ見ております。

その合間に「蒼穹のファフナー」や「最終兵器彼女another love story」も見てて
結構見てるほうだな(^^;。
昨日はTSUTAYAでようやく「エルフェンリート1~3」を借りました。
マンガ「嫌韓流」も読んだのですが、買うほどのものではなかった。
韓国の出生率、世界最低水準に…女性の晩婚化など原因
日本よりも晩婚少子化が深刻なのは、徴兵制と儒教国家の旧態的な価値観が崩れつつ
あるからだと思うよ。
早く統一して平和な世界が訪れない限り、自滅化は早まりそう。

「ファフナー」は私が見てなかったのは11話かと思ってたけど13話だった。
モルドバ基地進攻でかなり重要な回。日野洋二と一騎が合い、真矢が一騎を助けに
行かなきゃと主張して、溝口と旅立つ話。

★「最終兵器彼女Another Love story」

折笠富美子さんもいってたように、シュウが一切でないにも
 かかわらず、その存在感は大きい内容。
 ちせの声を聞くことが出来る同じように兵器改造された、
 ミズキ中佐が新キャラクター。
 ちせのように制御できなくなるキャラクターではなく、
 常に理性を持って敵の殲滅行動をできる女性幹部だが
 ちせに追い越され、自分ではもう対処できない戦闘に
 ちせを送り込まなければならない状況に、はがゆい思いを
 抱き、かつて部下だったテツ少尉に部下と上官というだけの
 関係を超えた思いをもつ女性。
 今回はまださわりという感じの話でしたが、今後の展開が楽しみです。

★「かみちゅ!」
 今週のかみちゅで光恵がムチムチだった件について(ぬるヲタが斬る)

というようにネットではムチムチ祭りが起きてますが
 これについてコメントすると、80年代の瀬戸内という設定なので
 「転校生」あたりと重なる訳で、確かあの映画も海水浴シーンが
 ありましたよね。

 中学生だし、洗練された体型というのは望むべくもないし、
 榊原郁恵あたりに限らず、当時のアイドルは
 結構そういう体型の方が多かったような気がします。

 ストーリー自体についての素晴らしさはネット各所であまり触れられてません。
 「寂れた海の家の思い出」にゆりえの父母がその主人公という
  もう「ノスタル爺」の世界。
  制作陣の趣味が反映されてるのではないかと思いますが
 80年代に瀬戸内で過ごした私にとっては、まさにストライクな話でした。

★「極上生徒会」

 待ち望んでたレイちゃん先輩=松岡由貴がメインの話ですよ。
 彼女がそんな悲しい境遇だったというのは私も初めて知りました。
 父子家庭で父に捨てられたからこそ、置き去りにされた赤ちゃんと
 心が通じ合えるという話。
 実際、赤ちゃんを育てるということはどんなに大変なことかというのが
 今年、私の周囲で出産された方々の日記などを見ててよくわかります。
 更にりのが覚醒してきているというのも今後の展開が楽しみです。
 
 ニュース
 ★ハチクロ実写劇場版、制作決定?(GUNP)
蒼井優がハグ役? イメージは近いけど、中身はあってないような。
  真山がスガシカオは絶対無理。

 ★『街で女性が絡まれていた時、電車男のように助けてくれる秋葉原の男性は100人中□□人
  これ気になってたんですが、そうですか7割近くも・・。

 ★注目集める秋葉原で小泉首相が応援演説
 いかにも小泉らしいやり方だな。


【2005/08/25 07:18】 アニメ・特撮 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【ブックレビュー】五十嵐貴久「リカ」「交渉人」「1985年の奇跡」「Fake」
久々にブックレビューを。この一月に6冊の小説と3冊の専門書を
読んだんですが、専門書はともかく、小説のほうは紹介します。

何回か日誌に簡単な感想はかいてるんだけど、
川端裕人の「せちやん~星を聴く人」のレビューから始めようと
思いましたが、7月末から2週間で4冊読んだ五十嵐貴久氏の小説からレビュー。

五十嵐さんはうちのところだけではなく、いろんなblogに
営業のコメントされてるみたいですが、まんまと乗ってしまいました(^^;。

五十嵐貴久さんは2002年2月のホラーサスペンス大賞を受賞した
「黒髪の沼」(出版時改題し「リカ」)でデビュー。
1961年東京生まれ。成城大学文学部卒業後、出版社勤務。

4作品読んで思ったのは、かなり綿密に下調べをして
自らのテーマを特化せず、様々なエンタテインメント小説を書かれてるなあという事と、
驚きの結末にもっていく話が多いんだけど、やや強引かなぁと。
まあこれからの作家さんだし、最初はそれくらいインパクトがあるもののほうが
エンタテインメント小説の読者には受け入れられやすいと思います。




リカ
著者:五十嵐貴久|出版社:幻冬舎|発行年月:2002年 02月
サイズ:単行本|ISBN:4344001508
本体価格:1,500円(税込:1,575円)

妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、出来心で始めた
「出会い系」で「リカ」と名乗る女性と知り合う。
しかし彼女は、恐るべき“怪物”だった。長い黒髪を振り乱し、
常軌を逸した手段でストーキングをするリカ。
その狂気に追いつめられた本間は、意を決し怪物と対決する。
単行本未発表の衝撃のエピローグがついた完全版。第2回ホラーサスペンス大賞受賞。

★「出会い系」で知り合った女性が、まだあってもないのに
 ストーカーになるというホラー小説です。
 前半は「出会い系」講座って感じで楽しく読めてたのが
 だんだん怖くなって、最後は監禁され、恐怖の展開に至るという話で
 正直、私には合わないタイプの作品でしたが、これもラストの展開が
 流行のジャパニーズホラーをよく心得てるなぁと思いました。
 真の「邪悪」で「怪物的」な存在というのはこういう女なのかと
 いう迫力がラストへ至る過程でどんどんとエスカレートしていき
 怖さが増してくるという。

 桐野さんも選評でかかれてましたけど、「リカ」本人がどんな人物か
 という掘り下げが足りないような気はしましたが、恐怖感を際立たせるために
 あえてそうしたのではないかと思いました。




交渉人
|出版社:新潮社|発行年月:2003年 01月
サイズ:単行本|ISBN:4104578010
本体価格:1,700円(税込:1,785円)

救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。
そして犯人グループとの駆け引きは特殊捜査班のエース、
アメリカFBI仕込みの凄腕交渉人!思い通りに犯人を誘導し、
懐柔してゆく手腕が冴え渡る。解決間近と思われた事件だが、
現金受け渡しの時から何かが狂う。どこで間違ったのか。彼らは何者なのか…。

★この作品のドラマ化したものを見たというのが、五十嵐さんを
 知ったきっかけで、まさにそれについて新刊の宣伝コメントを
 いただいた訳ですが、内容もほぼドラマ通りでした。
 うーむ録画しとけばよかったなぁ。テレビ朝日、土曜の昼あたりに
 再放送してくれないかなぁと。 

 ネタバレすると、医療ミスを恨んでの殺人を企てるのに
 ここまで大掛かりにしたこと事態がありえないほどの驚きの
 内容の作品で、警視正の交渉人自体が犯人の一味という
 推理小説のタブーを犯してまでのこの作品の構成力には唸らされました。




1985年の奇跡
著者:五十嵐貴久|出版社:双葉社|発行年月:2003年 07月
サイズ:単行本|ISBN:4575234729
本体価格:1,700円(税込:1,785円)

モー娘。じゃなくおニャン子の時代、僕らの弱小高校野球部に
スゴイ奴がやってきた!練習よりも『夕やけニャンニャン』。
そんな僕らが、まさかまさかの甲子園。


★あの時代に青春を送った私としてはとても懐かしく読みました。
 「夕ニャン」世代っていうのは、フジテレビの「バカパク」文化が
 花開いたというか、世間がバブル経済の絶頂期を迎えつつある
 時代で、私なんかは韓国のせいで実家の町の造船不況で、そのあおりを食って
 父の勤めてた大手鉄鋼会社が工場閉鎖して、父は一時失業すると
 いう、ある意味早く「バブル崩壊」を経験してて警戒感を持ちつつも しかし、世俗の文化に流され、アパシーの中高校時代を送ってた訳で
 体育会系のクラブに所属してた訳でもないし、燃えるような体験というのは
 高校生クイズで中国大会の決勝にいったくらい。

 そんな時代に生きた彼らの青春は、自分のあの時期を考えると
 憧れを持って読みました。夏休みはTVでだらだらと甲子園を見てたけど、
 この高校と同じく野球は一回戦で敗れるような県立高校でしたし。
 友人が野球部のエース(しかも生徒会長)でしたが、一緒に昼休みの筋トレとか
 付き合ってたけど、友人体はなぜか美大のデサイン科志望でしたし
 最速110km/hそこそこの球では通用しないのも当たり前です。

その友人とは中学時代から同じ高校だったけど
 あまり面識はなくて、地学部の友人を通じて知り合ったんだけど、
 体育会系の指向というより文化系指向で、星やパソコンやマンガ、
 アニメ好きという変わった面を持ってました。実際、野球を
 引退した後は、地学部に入ってましたし。

 あの頃は誰しもが「夕ニャン」を見るために早く帰宅してて
 後に医学部にいった友人でさえ、九州までおニャン子のさよならコンサートを
 受験前なのに見に行くというくらい、クラスで「おニャン子の中で
 誰がいいか?」と言い合ってたと思います。
 私は高井麻巳子派でしたが以外に少数派。新田恵理ファンが多かった
 ような気がします。
 もっともそのエースの友人は「夕ニャン」には関心ありませんでした。

 すみません。自分語りばっかりになってしまいましたね。
 でもそんな淡いダメダメな青春時代が蘇る楽しい作品です。
 是非、読んでみてください。
 
 野球有名校から転校してきたエースが実は肩が壊れてたのでは
 なくて、○○だったというのがこの作品の衝撃の展開です。
 しかし、そのことでやじられてピッチングができなくなるなんて
 案外、凄いピッチャーの割りに精神的に脆いんだなと思いました。
 あと他校の名門女子高校のかわい子ちゃんがひったくりに合って
 それを助けただけで、ダメ野球部のマネージャーになって、
 献身的に尽くしてくれ、最後はダメキャプテンな主人公と交際に
 至るというというのは、今時の恋愛ゲームでもこううまくはいかないよ的な展開だなと。
 それでもまあ、青春小説の王道って感じでこれも許せました。
 後日談で「だって頼りないんだもん」とすぐふられたって書いてありましたし。



Fake

出版社:幻冬舎
発行年月: 2004年 09月
本体価格:1,700円 (税込:1,785円)

平成16年1月。興信所の調査員・宮本と20歳の東大生・加奈は、
浪人生・昌史を東京芸大に受からせるため、大学入試センター試験で
完璧なカンニングを実行する。しかし、カンニングは露呈し、宮本は
職を、加奈は学籍を失った。彼らを嵌めたのはカジノのオーナーで
砥川組組長の息子・沢田。宮本、加奈、昌史、そして昌史の父で
元港区会議員の西村は復讐のため、沢田と10億円を賭けたポーカーの勝負をする。
入念なイカサマを仕掛けた4人は、絶対に負けるはずがなかったが―。
名画「スティング」を超える驚愕の大仕掛け。奇跡のラストが
待っている、痛快至福のエンタテインメント小説。

★最後のどんでん返しがやや強引で、用意周到な沢田がこれについて
気づかないってのはおかしいと思いましたし、あと筒井康隆の「富豪刑事」の
密室殺人の話を思い出して(深田恭子主演でこの話はドラマ化もされてる
)しまいましたが

ラストに至る過程で読者のミスディレクションを招くような
ネタをばら撒きつつ、うまく仕上げた作品だと思います。

賭博小説としては、ちょっと説明が多すぎるんですが
賭博小説というジャンルではなく、あくまでも推理小説なので
これくらい説明過剰でもいいかなと。実際ドロウポーカーが
アメリカなどのカジノではもはや廃れてるというのは、実際に
カジノによくいってるような、須田鷹雄さんとか浅田次郎さんとかと
いった人くらいのレベルならわかるんでしょうけどね。
賭博小説では賭けのシーン自体の駆け引きの心理描写が大事なんで、
その点では十分合格点です。




【2005/08/22 08:23】 文学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
【コミックマーケット68】真紅★byローゼンメイデン
誕生日記念の一発目は
華宮さくらさんによるローゼンメイデンの真紅です。

ローゼンメイデントロイメントの詳細が文京区のシビックホールで行われた
TBSアニメフェスタで紹介されたようで、驚きの展開は「銀ちゃん」こと
水銀燈復活決定。当初Bs-iだけと噂されてたけど、地上波でもやってくれるようで安心。
トークショーのスペシャルゲストに水銀燈役の田中理恵登場って
あっちこっち忙しかったんだなと。この日12:00~は幕張キャラホビの
ステージ(ラクス/ミーア)があったことだし。
昨日キャラホビで3回登場の保志、石田とは比べ物にならない。

TBSにて10月20日木曜日深夜1:55~、BS-iにて11月3日木曜日深夜1:00~、
MBS・CBCにて今秋放送予定。アリスゲームがふたたび動き出す。
今回は薔薇水晶などマンガのキャラが追加登場するのも期待してます。

sakuratop.jpg

sakura.jpg

sakura3.jpg

sakura4.jpg

sakura5.jpg

sakura6.jpg



【麺】えるびす
新宿のTSUTAYAで「エルフェンリート」を借りようとしたら
先日と違って1本除いてすべて貸し出し中だったので、
「最終兵器彼女another love song」と「蒼穹のファフナー10~12話」を
借りてくる。「ファフナー」で唯一録画し忘れた回が旧新~じんるいぐんの11話なので。

そのあと8/10に新宿にオープンした「えるびす」へ。
お台場アクアシティにあるらーめん国技館の第一期にも出店してた
池袋に本店のあるこの店。
オープンしたばかりということで、店の入り口には「くじら軒」とか
名店からのお祝いの札が飾ってありました。
elvis2.jpg

私が入ったときは丁度一杯で少しだけ待たされました。
できたらーめんを運び出す口のすぐ傍というのが私の案内された席でした。
他のテーブルにはお冷が出てるのに、私には出てこない。
目の前に店員が立っているというのに、らーめんの出来上がり
ばかりが気になる様子。
私のラーメンが運ばれてきて、気付くかと思いきや全然気づかず。
そこでようやく「お冷をお願いします」と声をかけて
「すみませんでした」とやっと出てきました。

まあ氷も出ないようなセルフサービスの店よりマシだけど
それにしてもねぇ。帰りも他の客には挨拶してたけど、私にはなし。
そんなに影が薄い客だったか? 店内写真でも撮っとけば良かったよ。

店外に出るとさっきまでらーめん作ってた店員がタバコ吸いながら
路上に座って携帯メールしてるようだったし。
店員の数多すぎないか? 私が出る頃には空いて来てたし。

と接客面については平均点以下の点数(40/100)をつけざるを得ません。
ある程度頑張ってるのは分かるんだけど。

「えるびす」とかいたTシャツに頭に白タオルをまいた店員が多いのは
最近のラーメン店スタイルか。
BGMはエルビス・プレスリーや50Sでもかかってるのかと思いきや
普通のJ-POP。それもそのはず名前の由来はプレスリーではなくて
「商売の神様恵比寿天のご利益が得られるように」という意味で
つけられたらしい。縮めて「得る比寿」ってことか。

BGM 50点。(最近JAZZ系や50S、60Sなどが多い中、こだわりが感じられない。)

さて、私が選んだのは「玉子らーめん」(しょうゆ)
他に味噌やとんこつがある。つけ麺や新宿店限定の氷結らーめん
というのも気になったが無難な選で。

麺は自家製多加水麺のちぢれ麺。
しょうゆは魚介系がメインで最近はコクのある店が多い中、結構薄味。
それに背油がふりかけられているというもの。

正直、中学生の頃、図書館で食べてた天かすいっぱいのうどんの味を
思い出し懐かしくなったのだが、物足りなさが。

チャーシューはトロトロ系。たまごは味付け半熟でそれなりには
おいしかったけど、これで750円は高い。
最近はフリートッピングが多い「一風堂」などの九州系のらーめん店にいくことか多いので。

味自体は全部食べてから出ないと何ともいえないのだが
人気店にしてはこんなものかという感じでした。

麺=70点、スープ=70点 具=60点。

総合して60点。といったところでしょうか。
新宿もいろんな店が出来ては、消えたりしてますが
新宿撤退しないことを祈るのみです。池袋系なら私は歌舞伎町にある
「光麺」のほうがお勧め。

次いってみたいらーめん店は、立川ラーメンスクェアにある河合我聞の店「我聞」かな。
「でび」どころではなく、河合我聞本人が結構店に出ていて、
作ったりオーダー取ったりしてるそうで。「えびしおらーめん」は
本格派との噂です。

★カルストンライトオもオペラシチーも惨敗。
 ヘヴンリーロマンスの勝利には正直驚きました。
 前走もゴールでは差し切った様な勢いでしたので、本当に調子いいんですね。




【2005/08/21 23:14】 食べ物 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【コミックマーケット68】サウスポー★ピンクレディ
キャラホビから帰ってきました。
種デスメインで、昨日と違って今日は保志さんが来たため、
腐女子向けに特化したイベントになってしまいました。
客層が男女比3:7くらいでしたよ。女性の5%は種デスコスプレーヤーって感じ。
でも結構かわいい子が多かったような気も。
帰りの電車もそんな感じでスーツケースの女の子はコスプレしてたんだなと、すぐわかる(^^;。
ケロロステージは親子連れもいましたけど、全体的に少ない感じで
子供は大体、ゾイドあたりを目当てに来てたみたいです。
帰りの電車で私の横にいた親子連れも息子はゾイドの買って
もらったばかりと思われるおもちゃで遊んでて、父は「涼宮ハルヒの陰謀」を読んでた。
アゴヒゲ生やしてて結構ダンディな感じでイメージに合わなかった(^^;。

ちなみに朝のバンダイブースにはZのトークイベントで池田秀一さんが来てたらしい。
それを知ってたら早くいってたのに。
レポートは後にして、とりあえずコミケ写真まだまだなので、先週の写真から。

バービー月野さんと多田カイエさんによる、
ピンクレディー@サウスポーの振り付けの実演です。

2003年からの2年に渡るピンクレディ再結成ツアーで結構ふりつけが間違ってる人が多いため
今年振り付け解説本が出たのですが、それを見ながらの実演でした。
壁際はやはり目立つ人が多く、彼女たちも指定ポジションですね。昨年も見たような
気がします。あとレスラーの人達。今回は故・破壊王橋本のそっくりさんもいて、
追悼写真を立てかけてました。でも3年前から毎回見る奴らなので撮ってません。

pinksouthpo.jpg


pink.jpg

pink3.jpg

pink4.jpg

pink5.jpg

pink8.jpg

次は華宮さくらさんの真紅@ローゼンメイデンを。


あと一日で3×歳になるオヤジの真夏の夜の戯言
暑いんでちょっとトップ変えてみました。不評なら戻します。写真は透過光だし(^^;。
もうなんか書きたいこといっぱいなんですけどね。

明日は予定としては、ワンフェス経由キャラホビです。
出遅れたらキャラホビのみです。
本当は「TBSアニメフェスタ」のチケットをヤフオクで競り落とそうかと思ってたのに、
火曜には10件あったのが木曜には1件になっててやめました。

とりあえず小麦ちゃんのオープニングの最中に、
アクシデントで電源落としてしまったことが今、最大のショックです。
歌が取れませんでした。シクシク。

あと「アキハバラ@DEEP」が載ってる「コミックバンチ」置いてるところが
見当たらない。路上売り探すしかないのか。
今までパンチ読んでなかったけど、来週からは必ず読もうと思う。

他にもきょうはプチ不幸がいろいろとありましたよ。
例えばまずいらーめん食ったこととか。冷房が強すぎて、鼻水が止まらなくなったり
まあ一番の不幸は一ヶ月ぶりに買った馬券(10000円)が連単なら
あたってたのに、3連単にしたばっかりに外れたことですが。
メインレースの3連単ならあたってたのに、最終のフジキセキメモリアルにしたばっかりに。

3連単の万馬券が当たる確率(0回)より、レッドツェッペリンを聴きながら
歩いてるときに、レッドツェッペリンTシャツを着て歩いてる人に
遭遇する確率のほうが高いのはどういうことなんでしょう。
この1年の間に、ZEP・Tシャツ男を見たのは昨日で2回目です。
多分全く違う人。前は中山に行く途中の西船の駅だったし。
昨日は新宿だったし。

まずいらーめんに当たる確率は結構高い。
渋谷や銀座界隈の店では、外観に騙されてはいけないですね。
本日いった店は、何度かいってるんでやめときゃいいんですけど、
まだ食べてない味に、もしかして・・・という期待を込めていってみたんですが(^^;
味噌もしょうゆもしおもまずいので救いようがないです。
今日は赤味噌ってのを食べたんだけど、ほんとにまずかった。
別の系列店とはさっぱり味が違うし。あっちのほうが数段旨い。

よく見たら「冷麺」が同じだったので気づいたんだけど。
その「冷麺」も別の店で食べたんだけど、鳥のささ身はともかく
きゅうりが太切りだし、タレの味があまりしないし、最悪だった。

でも某有名デパートの裏手にあるのでカップルや女性2人組とかが多くて
「きょうは何食べよう」とか「この系列店ってほかに何処にありますか」とか
聞いてた女性がいたのは、味覚がおかしいんじゃないかと思いましたが。

★駒大苫小牧、連覇おめでとうございます。
 昨年の北海道遠征の初日に「てっきい」さん達が遭遇した駒大苫小牧の
 北海道予選に勝った帰りのバスの話を又思い出してしまいました。
 昨年と違って、今や一児の父ですが。

 胆振界隈が盛り上がるのは誠に結構ですが、
 鵡川フィーバーはもう遠くなりにけりって感じですね。
 そんな中、静内農業生産馬ユメロマンの半弟
 サクラホウジュ(道営・堂山、牡2、父ラムタラ)が、
 18日のホッカイドウ競馬・旭川6R(ダ1500m)でデビュー。
 見事な勝利を挙げたのは嬉しい話題です。

 レースを見守った小野武二三校長は「コーナーをいい感じで
 回ってきたので、もしかしたらと思いましたけど、本当に勝って
 くれるとは。強かったですね」と興奮した表情だったそう。

★ガンダムSEED DESTINYはなんか前作と似たような展開になってきました。
歴史は何度でも繰り返すという奴ですね。
とりあえず是が非でもジブリールはとめなきゃですわ。
あと議長のディスティニー・プランの内容が見えてきた。

★ツンデレもいいんですが、最近はトランスジェンダーマニアに
 なりつつあるというか、ヘンタイよいこまっしぐらです(^^;。
 体験版はやったことのある「X change3」がやりたいです。
 新宿TSUTAYAの作品の充実振りには、最近初めていって感動もの
 でしたが、私が探してた坂上香織主演の「金魚のフン」はなかったです。
 でも大林宣彦の「漂流教室」とGAINAXの「八岐大蛇の逆襲」が
 置いてあったのはビビリました。知らないアニメも結構あった。

 きょうもシェフっぽい服装にネクタイをしてビラ配りしてる
 女性に妙に萌えてしまいましたし。
男装系のレイヤーさんも結構好きです。
 コミケでは女装でも結構レベル高い奴もいたなぁ。

 ボーイッシュということでは最近では上戸彩にまさるタレントは
 いないと思う。別にスーツのCMのせいではなくて、
金八先生で性同一性障害の子の役をやってたからです。
 「あずみ」もかっこよかったですけどね。

 モー娘のヨッシーが以前「おれがあいつであいつがおれで」を
 一人二役でやってましたけど、ヨッシーはボーイッシュでは
 あるけど、宝塚ノリっぽい感じなんですよね。

 上戸彩は2chのスレなどでは、石原さとみ・綾瀬はるかと
 並んで新・平成御三家のようにいわれてますけど、
 石原さとみに続いて、「赤い○○」シリーズに出演する
「綾瀬はるか」を「百恵の再来」というのはちょっとおかしいかなと。
 別に本人不幸じゃないですし。まあ本名と実家の職業は不幸ともいえなくないですが。
 本名・蓼丸綾で広島の実家の職業は農業です。

 誰が百恵に当てはまるといえば、演技も歌もいける上戸彩じゃないかなと思うわけです。 
 まあいずれにしても中三トリオはそれぞれかなりの歌唱力が
 合った訳で、比較したり当てはめたりするのは無理がありそうです。

★ジャパンカウントダウンでロックインジャパンの
 ショートダイジェストやってるよ!!  
 Cocco、初花凛々歌ってるよ!!民生はカエラと「リルラリルハ」で
 アジカンは「リライト」(失敗してるのに気づいた)で、
サザンは「BOHBO」といいとこ取りですね。

★NHKで「縄文VS弥生」の紹介してました。あのポスターの服も
 展示してあるようで、行ってみたくなりました。

 あと高校時代の地学部の後輩が勤めてる、
JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」の紹介を
 TBSでやってました。ガレッジセールを起用して、地球のことを
 楽しく学習するというかなり面白くよく出来た番組でしたね。

 「ちきゅう」は丁度、衆院選の投票日に小泉首相のお膝元
 横須賀で公開されるようです。それにしてもマントルまで
 掘り進んで、地震の発生地帯の土壌サンプルを採るとか
 とんでもない船ですね。1000℃を超えてるはずですが、
 泥水で冷却しながら掘り進むそうです。

 そういえばきょうの夕刊で月資源探査のことが載ってました。
 チタンやヘリウム3など月は資源の宝庫です。
 月は隠れ蓑に使う場所ではありませんし、レーザービーム施設を
 建設する場所でもありません。
 とりあえずJTBがソユーズで月の裏を航行するとか
 宇宙ステーション滞在するとかのツアーを売り出すようですが
 「月の裏であいましょう」なんて、オリジナルラヴ気取っても
  110億円ですよ。せいぜい「うちゅうひこうしのうた」とか「見上げてごらん夜の星を」
 でもかけながら、セガトイズの簡易プラネタリウム「ホームスター」を
  買って家で上映することぐらいが関の山かなと。
  それにしても開発者の大平貴之さんって「せちやん」を地でいく人というか
  そのスケールにはとどまらない人だなと。

 宇宙ツアーは現段階ではビル・ゲイツさんとか、アラブの大富豪とかじゃないと無理そうです。
 ホリエモンもスペースフライトには関心もってるようですが
 政界入りなんかしたらとても金がかかってそれどころではなさそうです。
 私などは無重量フライトでさえ、一生働いて貯金してもいけそうにないです(^^;。
 ヴァージンギャラクティックのツアー、当選した川崎市の女性がいましたけど、
 あれだって2200万円だ。退職金貰ったとしても、そんな金はポンとはだせんな。
 


【2005/08/21 01:20】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
対抗馬ホリエモンと札幌記念・アイビスサマーダッシュ
いよいよホリエモン、広島六区から出馬か。
「かみちゅ!」ネタでは有名な尾道在住の尾道jinnのブログでも取り上げられてるけど
私も広島六区の選挙民だったら入れたくないなと。
亀井も嫌いなので無効票となってもいいので「一ツ橋ゆりえ」とでも書いて入れる。
「Wind -a breath of heart-」も実は尾道がモデルだったりするんだが。

一時は「東ちづる」擁立などという冗談ともとれない噂もありましたが
大林宣彦とか、かわぐちかいじとか、ポルノグラフティとかもう
地元出身の有名人なら何でもいいようなネタだよなと(^^;。

ちなみに清水愛ちゃんなどもやってくる「朝霧の巫女」のイベント
来週末、今年の甲子園広島県大会決勝まで残った(郵政民営化反対の
参議院議員・元お笑いマンガ道場の司会者・柏村武昭の母校)三次高校のある三次市でありますが
その三次市も広島六区です。

(関連)「朝霧の巫女」舞台探訪:鳩子@ふにふにねっと
清酒「朝霧の巫女」
これって鎌倉ワイン「エルフェンリート」とか
清酒「うたかた」とか萩で「萩の月・奥様は魔法少女」とか
でるようなもんだよなぁ。


ちなみにうちの田舎は隣の広島五区で、今春、池田行彦逝去に伴い
池田勇人の孫娘の婿が選挙に出馬し、順当に当選したばかりなので、
無風選挙区に成りそうです。

そろそろ競馬リハビリに入ろうかなと、PAT口座に入金してきた。
競馬ネタを休んでる間に、競馬ニュースサイトでは老舗の
PURE GOLDさんが8/15に更新停止されたり、血統の森さんが長期休養に
入られたりと、競馬ニュースサイト界隈は寂しくなってしまいました。
Milkey Horseさんも今日まで夏休みということでしたし。

私も来週の誕生日を持って、長期休養に入ります・・・・ってのは
冗談として、更新停止して日に10~20アクセスとなり、
容量課金を減らすためにも、99年から続いてきた旧サイト縮小は考えております。
具体的には「過去の航海日誌」の消去あたりから初めて、
最後は掲示板と一部コンテンツのみ残すという。
「屈腱炎」の記事などに関しても、もっと加筆して、アクセスの多い
こちらに移転しようかなと。

さて、先週は夏コミの真っ只中に愛馬マイネヌーヴェルは
クイーンSに出走。1度名前が呼ばれただけで9着でした。

秋山真一郎騎手も他の騎手同様「流れと展開がはまらないとだめ」と
いうコメントでしたが、大体この馬向きの流れになるレースなんて
そうそうあるわけではない。

今回はダンスインザムード、デアリングハートなどのG1戦線で活躍した馬が
出走してきた訳ですが、勝ったのはレクレドールでした。
ヘヴンリーロマンスが勝ったようにも見えるゴールで、この馬は
本当に出世しましたね。

デアリングハートは枠入りを嫌って入れ込んだりしてましたし、
ダンスインザムードもいつもよりは落ち着いてたものの、+16kgで
かなり早めに出てスターリーヘヴンとやりあってましたし
ダンスインザムードは気性面が解決しないと復活は難しそうだなと。

さて続いてインターナショナルSでゼンノロブロイ2着ですが
レース映像を見てないので評価できないところですが
タフな上り坂の続くコースでこの結果で差しきられたのなら
仕方ないというか、イタリアの上がり馬にしてやられたなと
天皇賞なんか目指さずに、愛チャンピオンSや凱旋門賞に挑戦して欲しかったけど
オーナーの意向なら仕方ない。
武豊はこのレースでムチ制限にひっかかったようで、実効4日間の騎乗停止。
「郷に入りては郷に従え」といいますが、英国のムチ制限が厳しすぎるのではないかと。


さて今週は札幌記念とアイビスサマーダッシュ。

シチー会員にとっては嬉しいプレゼント馬オペラシチーが
札幌記念では一番人気に成りそう。
それにしても北海道シリーズって過酷というかクイーンS組が
ダンスインザムード、チアフルスマイル、ヘヴンリーロマンスと
3頭も連闘してきたのは驚きでした。

予想は◎オペラシチー○エリモハリアー ▲ホオキパウェーヴという
ところで。骨折より復活したスムースバリトンあたりにも
秋の菊花賞戦線を盛り上げるため頑張って欲しいです。

アイビスサマーダッシュは満を持して、3連覇をかけてカルストンライトオが出走してきました。
まあ、59kgでもこの相手なら3連覇濃厚ですね。
カフェボストニアン、スプリングクレタ、スピニングノアール、ウエディングバレー
あたりが対抗馬。
◎カルストンライトオ ○カフェボストニアン、▲スプリングクレタ、△スピニングノアール、△ウエディングバレー



【2005/08/19 22:02】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【レビュー】ROCK IN JAPAN FES05 奥田民生~サザン
日本VSイラクは2-1で日本の勝利。グループ首位で通過となりましたね。

NIFTYのフォーラムが終焉を迎えたのに続いて、
今度はメールも@niftyメールに仕様変更されて、戸惑ってる今日この頃です。
昔のほうがスパム一括削除は楽だったのになぁ。
まあ機能充実したから文句は言えないけど。

最近はSNSブームも一段落してきてるというか
かつてのNIFの仲間達はmixiなどでまたーりしてるようで、
私はmixiもGREEも使ってませんが、ロックインジャパンで手書きで
mixiと書いたTシャツを着てる30代前後と思われる男女の集団を見たときは
ちょっと閉口しました。こんなフェスにまで来て「mixi」の仲良しで
群れてますよってアピールすることないだろと。

まあよくよく考えたら昔は私も似たようなことやってた訳で
人のことは言えないんだけど(^^;。ネットのオフ会に限らずにね。
学生時代の夏も東京ドームに、サークルでおそろいのはっぴ着たりして
ウルトラクイズに出てた訳だし。ちなみにウルトラクイズの優勝者には
長戸さんや能勢さんなど面識はありますが、私自身はというと
ドーム脱出したことはないです。
14回はドームの人工芝に立てたのに、長戸さんについていって失敗しました(^^;。

さてヲタなコミケレポも挟んで、もう10日も経ってしまい
更に今日も前置きが長くなりましたが、
ロックインジャパンフェスの後編レビューです。
フェス特集の特別増刊号は8/31にロッキングオン社から発売予定。
フェスの模様はMusic On TVでダイジェスト版が10/2から3週連続放映。
10月後半からはアーティスト毎の放映。
lake.jpg

レイクステージのマボロシの途中で、退席。15分かけて
グラスステージに移動し、奥田民生を見る。

奥田民生
tamio.jpg

今回、ファンの間でも賛否両論に分かれたステージ。
少なくともフェス向きの選曲だったのではないのは確か。
SETSTOCKでは「COMP」からの曲ばかりと聞いてたけど、そのとおりだった。
理由は今期からのバックバンドのせいらしい。
しかしいくらなんでもメジャーな曲は練習しててしかるべきじゃないだろうか。
バンド紹介では、今回は「自分が最年長じゃなくてよかった」
「オレは桑田佳祐!!」と言い放つ。
やはり6年連続出場のフェスでマンネリ化するのを恐れてのことだろうか。
一瞬盛り上がったのが、木村カエラのゲスト登場。
今秋公開の昨年の「ひとり股旅」広島市民球場ライヴを映画化した、
木村カエラ主演の「カスタムメイド10.30」の関連だ。
ステージ登場前にその映像が流れる。
グッズブースでは「カスタムメイド10.30」の前売り券付Tシャツが
売ってたので買おうかどうしようか迷ったのだけど、Tシャツのデザインがイマイチでパス。

カエラは映画ではバンドでギターやってる広島の女子高生の役。
この日は「リルラ リルハ」を歌ったのだけど、サビで歌詞をわすれて
やりなおしを要求するなど、ちょっとなめてるとしか思えなかった。
結局、私も立ち上がったのはカエラが登場したときだけだったのだが
それもかなり期待はずれに終わったのでした。

セットリスト
1. ギブミークッキー
2. 快楽ギター
3. サウンド・オブ・ミュージック
4. 細胞
5. 海の中へ
6. リルラ リルハ
7. Tripper
8. プライマル
9. 哀愁の金曜日
10. 船に乗る

ASIAN KUNG-FU GENERATON
影も広がって大分、暑さも和らいできた16:25、待ちに待ったアジカンの登場。
ある意味サザンより、彼ら目当てに来たといっても過言ではなかった。
oasisのリアムも糞カッコイイ名前の凄いバンドと褒め称える彼ら。
かのNew orderの『Waiting for the SIRENS' Call」の日本盤ボーナス・
トラックとして、「クラフティー」の日本語verの詞も担当した後藤君。
今や日本のロックバンドの顔といった存在です。
勿論アニメファンには「NARUTO」の「遥か彼方」や「鋼の錬金術師」の「リライト」でもお馴染み。

ところがボーカルの後藤君、2曲目の「Re:Re:」の演奏中にメガネの右側レンズを
破壊。それで「きょうは眼鏡なしでいきます」と。
「困ったな全然見えないな。俺、視力0.1ないんだよ」といいつつも
頑張って演奏を続け、歌ってました。
かなり前のほうにいって身動きできないモッシュ状態で、飛び跳ねてたので疲れました。
「ソルファ」から5曲。「崩壊アンプリファー」の曲が
結構好きなんで、そっちもやって欲しかった。
でも「リライト」「サイレン」などが一緒に踊れてよかったです。

1. 君という花
2. Re:Re:
3. 君の街まで
4. ループ&ループ
5. アンダースタンド
6. ブラックアウト
7. リライト
8. 未来の破片
9. サイレン

お腹が減ったし、水分も補給したいしということで、お茶などを買い
更にハングリーフィールドにいってタイ式屋台飯を食べる。
5つのおかずのうち2品を選んでご飯にかけてもらう。
私はナスの炒め物とグリーンカレーを選択。
どれもおいしそうだったけどね。グリーンカレーは後から辛く
なってきて口のなかがホットになって大変だった。
水、高いんだよなぁ、1本200円だし。
結局朝持ってたペットボトル3本はすぐなくなったし、飲み物代だけで
1000円は使ってたと思う。ビールは我慢してたけど、飲みたかったな。
フェス提携してるハイネケンしか置いてなかったけど。

坂本龍一
屋台を回ってるうちに、教授のステージが始まる。
「Behind The Mask」が林の外から聞こえてくる。
急がなきゃと林を抜けて出ると「Merry Xmas Mr.Lawrence」が。
なんかこういうフェスに場違いな音楽なんですけど、それはそれとして
皆静かに楽しんでいる。私も無理に前のほうに行くことはないと
後ろで鑑賞。
yugata.jpg

その後は前衛アワー。
ピアノやシンセサイザーなど様々な演奏機器を駆使しての
パフォーマンスに、正直理解できない世界に突入していた。
ロックフェスにふさわしい「千のナイフ」とかやって欲しかったんですけどねぇ。

zeppを回る全国ツアーの後、広島の平和記念コンサートでパフォーマンスして、
きょうのひたちなかへというこの夏の教授の日程。
詳しくは月本裕さんのインタビューでソトコトに掲載されるみたいだけど。

rainが終わった辺りで、ようやくMC。正直、このまま何も言わないで
帰ってしまうのではないかと心配してました。
まずはメンバー紹介。教授の人選はさすがというか。
コーネリアスの小山田圭吾を初め、
ウィーン出身の音響エレクトロニカの奇人、クリスチャン・フェネスや
元JAPANのドラマー、スティーヴ・ジャンセン、
アイスランド出身のスクーリ・スヴェリソンなどと豪華。
yugata2.jpg

kyoujyu2.jpg


教授の紹介で元ちとせの登場。昨日の広島でも演奏したという
「死んだ女の子」という曲を歌う元ちとせ。

教授のサイトのニュースによると、
「死んだ女の子」は、トルコの社会派詩人=ナジム・ヒクメットの
詩に、日本を代表する作曲家=外山雄三氏が作曲した名曲。
原爆の悲惨と戦争に反対する切なる気持ちを、
原爆の火に焼かれてしまった女の子に成り代わって歌った重いテーマの作品。
元ちとせは、デビュー前のデモテープ制作時からこの曲を歌いはじめ、
その真摯かつ重いテーマを表現することに4年の歳月をかけ取り組んできました。
そして、戦後60年にあたる今年になり、プロデューサー森川欣信と
元ちとせの熱いオファーを受け、坂本龍一がアレンジ・プロデュースを快諾。
NYでのレコーディングを経て、TBS系NEWS23内において
広島原爆ドーム前でのパフォーマンスに参加することとなりました。

ということで、「昨日TVで見た人もいらっしゃったと思いますが」という前置きで
始まったこの曲はとても重い曲ですが、素晴らしかったです。
titose.jpg

kyoujyulast.jpg


1. Behind the Mask
2. Merry Christmas Mr.Lawrence
3. Undercooled
4. Riot in Lagos
5. Rain (from The Last Emperor)
6. Coro
7. The End of Europe
8. Tong Poo
9. World Citizen
10. Dead Girl(死んだ女の子) with元ちとせ

サザンオールスターズ
ひたちなかもすっかり夜に。いよいよこの3日間のトリ。
sasmati.jpg

教授の演奏が終わり、私も前のほうに行く。
やはりサザン目当てだけに来たってかんじの連中がわらわらと前へ。
・・というか教授の時間から動いてなさそう。
正直、踊れないのに前に来て欲しくないんだが。
そう、40代くらいの家族連れや、おばちゃん達です。

まあ青春をサザンとともに送ってきた層ですね。
なにしろ70年代から日本のポップシーンに君臨するバンドですし
サザンデビュー当時、高校、大学生だったりしたら、もう40代後半でしょうし。
ステージ横のモニターに「サザンオールスターズ」と表示され
いよいよステージ登場。
sas.jpg

sastojo.jpg

cyaco.jpg

まずは「チャコの海岸物語」から。
私の前のおばちゃん達、後ろの家族連れも俄然盛り上がる。
でも踊らない。子供を肩車したり、腕組したり。

古い曲は10歳以下のガキどももわからないのか、のってなくて
無理やりパパママに連れられてきて、「ほーらサザンだよ~、桑田だよ」といわれても
なんか自分達の趣味を押し付けてるようでかわいそうだった。
でもサザンをきっかけに交際が始まるという世代なら
それが子作りセックスの原点となったんだろうし、仕方なくはある(^^;。

しかし、だんだんノってきて、40代前半くらいのおばちゃん達も踊り出してましたが、
ついていけないと思ったおばちゃん達は後ろに逃げていった模様。
20代の踊りまくる姿にはついていけないよと。
しかし、アジカンやサンボなんかよりスピード感がない分、全く緩いんだけどね。

それにしても歌謡ステージのノリだよな。このモニターの親切な歌詞入り表示といい。
ダンサー達がまたなんか歌謡ノリというかダサダサ感いっぱいで。
桑田の根本は「下世話さ」というか淫靡なノリにあると思うし、
きょうもそのパワー全開でした。

「チャコの海岸物語」に続いて、「フリフリ65」。
私の学生時代のカラオケの定番で、寮の先輩達に連れられていった
店で初めて歌った曲。こんな歌うの難しい曲をと感心されたのだが、
その後のバラードは失敗(^^;。

続く「マンピーのG★SPOT」では、ちょんまげヅラ装着で、
背中からスモーク噴射!というド派手な演出。 
バカ殿じやないんだから。つくづくTVの歌謡ステージノリだなと(^^;。

その後は沖縄テイストたっぷりの「神の島遥か国」
「愛と欲望の日々」「汚れた台所」とマイナーな曲を挟んで
聞き覚えのある長いイントロだ!!
「ミス・ブランニュー・ディ」だ!!。これも昔のカラオケの定番でした。
kuwata.jpg

続いて、「夏をあきらめて」「真夏の果実」「希望の轍」と
まさに私の青春オンパレード。
あの「カブトムシ」のアルバムは卒業前に友人が返してくれたん
だけど、2年くらい貸しっぱなしにしてたんだよなといった想い出が蘇る。
「希望の轍」は本当に好きな曲なので生で聴けて感激!!
そして踊りまくってました。

あとは卑猥なダンスのオンパレードで「HOTEL PACIFIC」
「勝手にシンバッド」、そしてこの夏の新曲「BOHBO No.5」で
締めくくりという展開でした。

会場はアンコールの嵐。アンコールまで待ってると
電車に間に合わなくなると移動開始。

するとステージに出てきた桑田が、レッドツェッペリン好きの
このフェスの総合プロデューサー、渋谷陽一に捧げる曲として、
「天国の階段」を歌い出す。マジかよ!!
これ全部やってくれたら、凄いよなぁと思わず立ち止まったのだが
冒頭部分のみで打ち切り。「気分よく歌ってたのになぁ」といいながら
「みんなのうた」で締めくくり。
「10/5発売の2枚組みアルバム買ってくれ!!」とのことです。

電車に本気で間に合わなくなると急いで動こうとしていた目の前で
「さあ、もうすぐ花火が上がります」とひたちなかに咲く夜の華。
hanabix.jpg

hanabi.jpg

hanabi3.jpg

【サザンオールスターズ・セットリスト】
1. チャコの海岸物語
2. フリフリ’65
3. マンピーのG★SPOT
4. 神の島遥か国
5. 愛と欲望の日々
6. 汚れた台所
7. ミス・ブランニュー・ディ
8. 夏をあきらめて
9. 真夏の果実
10. 希望の轍
11. HOTEL PACIFIC
12. 勝手にシンバッド
13. BOHBO No.5

EN-1 みんなのうた

長く夢のようなロックに明け暮れた一日も終わったのでした。
また来年もここに来るぞ!!とひたちなかの夜空の華に誓いました。
次回は評判の良かったレイクの「エルレ」なども機会があればみたいなぁと。

これが終わると、今年の夏も終わったなという感じになるんだけど
翌週はまた別の意味で暑い夏のイベント「コミックマーケット」が
控えているのでした。



【2005/08/17 23:13】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【レビュー】コミックマーケット68
日曜はとりあえず9時30分に家を出て、11時前にはビッグサイトに到着していました。
今年は例年と比べても入場待ち時間が短くて済んだのがよかったです。
大体15分かからずに入れたもんな。またぐるぐる回されるのかと思った(^^;。

今回早めにいったのは、なるべく東も西も行って
同人誌、ソフトを午前中に効率よく回ってゲットし、
午後からはコスプレと企業ブースという予定を立ててたので。
購入したのは同人誌3冊、ソフト2本で計8000円でした。

それにしても毎回思うんだけど、同人の世界って
飲食店だと「まずい、高い」店には人が集まらないはずなんだけど
なぜかそれなりにコアなファンはついてて半同人半商業って感じの人でも
バカ売れなんですよね。印刷代差し引いても1冊500円くらいの利益で
累計1万部さばければ、500万円ですよ。
まあ実際それだけの数をさばけるのは極わずかの頂点にいる壁サークルだけですが、
100部売れたら、次回の制作費や打ち上げ代、小遣いくらいにはなるわけです。

で、実際今日買ったここに公開できない某サークルさんなどは、
商業化して失敗して、同人を又始めた訳ですが、
プロ声優さん起用して、これでダメなら
倒産というとこまで追い込まれてたらしいですが、
2000円くらいのソフトを1万本売って、多分利益は1000万円くらいは
出てるんではないかと。

だから同人からプロになった作家さんもやめられない副業だったりして。

エロと汗と金が渦巻くコミケ空間で、笑顔とコミュニケーションと
いう魔法に包まれて、非生産的ヲタは騙されてる訳ですが
げにおそろしきと今更ながら思うのです。

きょうもやっぱり323ちゃん様の「CUT A DUSH」あたりには恐ろしい
行列が出来てました。帰りに渋谷の「まんだらけ」に寄ったのですが
新刊は6300円の値段がついてました。炎天下に何時間も並んだ
汗の結晶なんでしょうけど、転売目的はいかがかと。

今回は「ケロロ軍曹」や「アーケードゲーマーふぶき」などで
有名な吉崎観音さんのサークル、その名もズバリ「吉崎観音社」の「MIND ドリーム」と
yosizaki.jpg

水色時代」「ないしょのつぼみ」などで有名な
やぶうち優さんのサークル「やぶうち本舗☆Utopia」で「別冊少女少年」を買いました。
yabuuchi.jpg


吉崎さんの方はほとんど並ばずに買えたのが不思議でした。
ちなみに横のべっかんこうさんのサークルは恐ろしいほど列が出来てましたが。
やぶうちさんのところは、30分くらい並ばされましたが。
絵がかわいいので思わず足を止めたんですが、最初、何のサークルか
わからず買ったら、やぶうちさんだったという(^^;。
少年少女」は小学館の「学年誌」から「ちゃおDX」に連載されてる作品です。

あとは「さざなみ」さんも委託してた「GUNP」さんのところで、「エウレカヘブン」という
携帯ストラップ付同人誌を購入。ほとんどストラップ目当てだったりして(^^;。
「ドリみて」も欲しかったんだけど、予算の都合で見送り(T T)。
eureka.jpg

それでとりあえず東での用は終わって、西に行ったわけですが
同人ソフトとコスプレーヤーさんたちの島を回りました。
R.O.Dの横スクロールアクション
Easy Game Station「エレペーパーアクション」は思わず
神保町の背景につられて買ってしまいました(^^;。
elepaper.jpg


金土日3日間のうち、実際参加したのは日曜だけでしたが
目当てのコスプレーヤーさんは金曜日に参加してた模様で
シクシク(T T)。誰かって? 先週の愛・地球博コスプレサミットから
日本滞在してる、イタリア代表ゲストのフランチェスカたんですよ!!
みるくさんや伊藤りえさんあたりも初日にはいた模様。
みるくさんは大手ゲーム会社の広報さんなので、サイト見てても忙しそうだし、伊藤りえさんは
「メイリッシュ」の勤務の都合もありそうなのでフル参加は不可能だったのかなと。

コスプレ広場は今回(次回も)撮影登録制は見送り。
でも「さいと」の色はピンクのままなんで、時間の問題かと。
ジュース売りの売店が増えてました。やっぱり暑くて脱水症状になるもんね。
それを見越して3本ペットボトル買ってきてたけど、しばらく屋外に
いるうちにホットウーロン茶やホットコーヒーになってました(^^;。
撮影するほうも大変だけど、撮られるコスプレーヤーさんはいろんなポーズ要求されて
じっと立ってるので、もっと大変。
長時間の囲み攻撃された時は、スタッフ等からカウント取られたりするんだけど、
またすぐに囲みが出来てしまうんだよね。

最初に掲載する桜井南さんは、3日続けての参加。
昨年の世界コスプレサミットの日本代表コスプレーヤーさんです。

初日の「これが私のご主人様」コスは見たかったなぁ。
この日はW(ウイッシュ)ということで、私はアニメも見てなかったし
ゲームもやったことなかったので、わからずに何のコスか聞いてしまいました(^^;。
「是非、やってみてくださいねっ」て言われたんだけど、
昨年みたいに「夜勤病棟」のコスだったら、何と答えていただけたんだろう(^^;。
minami.jpg

mimami4.jpg

minami2.jpg

minami3.jpg

minami5.jpg

今回撮影したのは、約100名、430枚でした。
にもかかわらず、尋ねないでも名前を知ってるコスプレーヤーさんは
数名しかいなかった。
世代交代したのもあるのかなと思ってたんだけど、
「メイド喫茶」の勤務とか企業ブースの売り子も理由に含まれそう。
あと、3日目はコスプレーヤーさんたちは自分達のサークルの売り子でも忙しくて、
「西き」辺りの各テーブルで頑張ってらっしゃいましたし。

★今回、終わって凄かったなぁと思ったのは企業ブース。
15:00以降にあれだけイベントが行われてたのは、初めてじゃないかと
いうくらいの数の声優さんやら有名人やらが来て各ブースが盛り上がってました。

まず最初に見たのは「鳥肌実」さん。
生鳥肌だよ~。あの演説には鳥肌立ったよ~。サイン会してました。

続いて見たのは徳永愛さん、更に宮村優子さんがサインするためだけに
きたと思われ、声優スターボウリングの販促には金田朋子さん、
更にツバサクロニクルコンビの菊地美香さん・牧野由依さん、
アージュのステージには、栗林みな実さん、他にも謎のユニットのステージとか
各所でじゃんけん大会など、盛り上がっていました

【レビュー】ROCK IN JAPAN FES05 サンボマスター~マボロシ
もうあの興奮のひたちなかから一週間経ってしまいました。
水曜に途中まで書いてたんだけど、消えてしまって(T T)。

チケット+交通費+土産代で40kかけていく価値があったかといえば
微妙に失敗したなといえたかもしれない内容でしたが、
それでも、サンボ・エレカシ・アジカンには満足したのでよかったかなと。
期待してた奥田民生・坂本龍一・サザンがねえ・・・。

【サンボマスター】
sambomaster.jpg

スカパーブースの車に書いてあったサンボマスターの落書きです。
「この夏はフェスで世界の恥さらしになるのだ!!」と。

山口君はルックスについて自覚してるのか「こんな世界一恥ずかしい俺が言うんだから」
などとMCでいってましたけど、世界一候補はフィル・コリンズとかいろいろいると思うので
とりあえず日本一ブサカッコイイ、アーティスト、
それが山口君がヴォーカルのサンボマスターです。

のっけから「50年後にはあんたがたの半分は死んでるんだよ、
60年後にはあんたがたは皆死んでるかもしれない、
でも今生きてる喜びを共にわかちあおうじゃないか
ひたちなかの45000人と歌うために今日来ました!!」という感じの
強烈なインパクトのあるMCから始まり、彼らの空間に引き込まれていきました。
朝一でまだ元気が有り余ってたってこともありますが、
本日、最高のACTだったのは間違いないところです。
私も踊り、跳ねまくってしまい、翌日、筋肉痛になり大変でした。
もうおっさんなんだから、程ほどにしなきゃなと思いつつも
体が自然と躍動を求めてたというか。

電車男のテーマ「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」も勿論よかったけど
「これで自由になったのだ」「美しき人間の日々」などとにかく盛り上がりました。

途中のMCも昨日、ホテルでくんずほぐれつの有料放送を見ながら思ったこととか
ロンドンテロの話などつなぎがうまい。
ロック版のさだまさしかと(^^;

最近の小さいハコでのライブでは即日完売になるのも
わかる気がします。ルックスはたしかに山口君は鈴木ヒロミツや
キャイーンの天野君に似てますし、ブサンボといわれてますし、
福島出身のため、MCも少し訛りが出てて、それが一層ダサさを
かもし出してますが、ひとたび曲に入ると、そのグルーヴ感は
今までの日本のバンドにない素晴らしさでした。

渋谷陽一がいうように業界的にはかなり無謀な意見でも
「日本のロックの未来」といえるバンド、それがサンボマスターです!!

セットリスト
1. 歌声よおこれ
2. これで自由になったのだ
3. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
4. 青春狂騒曲
5. 夜が明けたら
6. 美しき人間の日々
7. そのぬくもりに用がある
8. 月に咲く花のようになるの

朝イチから乗りまくりで疲れたので、水分補給の為に
今年からオープンしたグラスステージ後方の茶屋ビレッジへ。
ビアードパパのマンゴーアイスシャワーが食べたい~と思って
いったらすごい行列。隣の短い行列で凍らせた水を買って
更においしそうだった白玉あんみつのカキ氷を買おうと思って
並んだら、これが時間がかかるかかる。
隣のマンゴーアイスシャワーの列のほうがどんどん進んでいくのに
こっちは停滞したまま。イライラして並び替えようかと思ったものの
それでもマンゴーのほうも相変わらず列は長いし、我慢してるうちに
エレカシのステージが始まり、生命賛歌、デーデ、風に吹かれて
までは我慢してたものの、もう「悲しみの果て」で耐えられなくなって
ダッシュして列を抜ける。

「この曲を聞くためにここに来たんだ!!」と。

【エレファントカシマシ】
miyaji.jpg

昨年とは全く異なり、2001年のセットに近いような
メジャー曲オンパレードのステージで、エレカシをあまり知らない人
でも楽しめたかと思います。
てっきり、ハードバージョンかと思ってたんだけどね。
「コールアンドレスポンス」もやらなかったし。
まあシメは「ガストロンジャー」でしたけど、昨年みたいに
頭から「ガストロンジャー」かまされると、説教臭くて嫌に思っちゃう人が
多数出てくるんじゃないかと思ってたので、これはよかったです。
まあ頭から「コールアンドレスポンス」で「死刑宣告」されたりすると困ったもんですが(^^;

「珍奇男」なんて、今じゃなかなか聴けないので嬉しかった。
「今宵の月のように」「昔の侍」なども2001年にやってくれたんだけど
「昔の侍」は予習不足で当時知らなかったので、今回あらためて聞けて嬉しかった。

私が始めて「珍奇男」聞いたのは学生時代に富士急ハイランドであった
「フジインディーズロックフェス」でしたけど。
10数年前当時は、宮本君はこの曲作りたてで、私も20だったんだよなぁ(^^;とシミジミ。
寮の友達の兄が富士急に勤めてて、バス代も含めてチケット安くするから協力してくれないかと
頼まれていったんですけど、知ってたバンドはエレカシとあぶらだこくらいでした。
他に誰がでてたかもさっぱり覚えてない。当時も今もインディーズバンドには疎いし。

セットリスト
1. 生命賛歌
2. デーデ
3. 風に吹かれて
4. 悲しみの果て
5. 今宵の月のように
6. 人生の午後に(新曲)
7. 昔の侍
8. 珍奇男
9. 四月の風
10. ガストロンジャー

さて、次は全く無知な「銀杏BOYZ」のステージってことで
DJブースにいった後、食事タイムに。
dj.jpg

DJブースでは、ちょうど東京ダイナマイトが始まったところでした。
この後、浅草キッドも出てくる予定でしたが、そこまでは見ていられなかった。
この後「銀杏BOYZ」が終わってグラスにも猫ひろしと一緒に出たそうですが、それも見てない。
hungry.jpg

ハングリーフィールドは目移りする屋台がたくさん。
タイやらアフリカやらのエスニックもいいなあ、ネバネバ丼や冷やし梅茶漬けもいいなぁと、
あれこれ見て周り、結局落ち着いたのは無難なロコモコ丼。
ハンバーグにサルサソースをかけたものでした。
味はまあまあだったけど、量的には不満足。まあ500円なら
仕方ないかと思いつつも、遠い湊屋までいって「納豆定食」でも
よかったかなと。魚一品に納豆がついて650円だったかな(^^;。
皆ハム焼きやホタテ焼きに並んでたりするんだけど、昨年食べた定食もいけてました。
locomokodon.jpg

kakigori.jpg

先ほどカキ氷が食べられなかったのでリベンジで。
こっちは氷だけかいてもらって、あとは自由にトッピングという
スタイルで300円。あっちは山盛りで白玉などがついてたけど、500円。
メロンシロップにイチゴシロップにあんをかけて
みかんの缶詰のみかんも載せて完成しました。

そうこうしてるうちにグラスでは
【銀杏BOYZ】
「なんて悪意に満ちた平和なんだろう」って
曲の歌詞のインパクトと半裸に松葉杖(ツアー中に峯田君は足首骨折)という光景に
初見でもかなりひきつけられたんですが、日本発狂の途中で
フォレストとレイクに向かいました。
今思うと、「全裸発狂事件」がその直後に起きたわけで、
なんであそこで去ってしまったんだと後悔しきりですが。
ginnan.jpg

セットリスト
1. なんて悪意に満ちた平和なんだろう
2. 日本発狂
3. SKOOL KILL
4. 若者たち
5. BABY BABY
6. 東京
7. 人間

さて湊屋奥にある、今年から出来たステージ、
サウンドオブフォレストはちょうど「つばき」の演奏中。
forest.jpg

全く知らなかったんだけど、パワフルなバンドで、オールスタンドで
盛り上がってました。

続いてここまで来ると至近距離にあるレイクへ。
lake.jpg

スネオヘアーが病欠の為、ブレイクタイムになってましたが
程なくしてヒップホップの「マボロシ」が登場しました。

こっちも全く知らないので、後ろのテントゾーンで休みながら
見てましたけど、「お前ら何が食べたいか、カレーか焼きそばか?
また次もカレーだ!!」と「まだまだカレーだ!!」となんか激辛カレーを
連呼してました(^^;。 
バインの「マダカレークッテナイデショー」じゃないんだから(^^;。
途中でCHANNEL、K.I.N.、CUEZEROが飛び入り(知らない)
更にKREVAも飛び入り(こっちは知ってる)してました。

さて、次は民生ということで、グラスステージに15分かけて
移動しました。もう暑さは最高潮で日焼け止め塗ってても
腕は焼けてきてました。まあ今回は万全に塗り捲ってたので
皮むけにならずにすんだけど。
グラスについてからは、スプリンクラーの前で水浴びしました。
暑いのですぐ服は乾くんだけど、パンツまで濡れてしまうのは(^^;。
ビキニ姿の女性なんかもいて、わかってるなぁと(^^;。
kanransya.jpg

ひたちなか名物の大観覧車。
                     -つづく-




【2005/08/13 10:23】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
日航機御巣鷹山墜落から20年
今年は様々な節目の年なのでTBSやフジなど戦争関連のドラマが目白押し。
TBSでは、イラクで亡くなったジャーナリスト、橋田氏のドラマや
広島をテーマにしたドラマ、フジでは小野田少尉のドラマがあったりします。
今日は「火垂るの墓」でも有名な野坂昭如氏の原作「ぼくの防空壕」という
アニメ作品も放映されます。
これはテレビ朝日が続けてる「戦争童話集」シリーズです。

そんな中、昨日は日航機墜落20年ということで、やってたTBSの報道ドラマを
見ました。「坂本九」のドラマがテレビ東京でありますが、こちらは
墜落そのものよりも、坂本九の生涯を描いた作品みたいです。

あのボイスレコーダーの話は私も2000年に初公開されたとき見ましたが
機長がほんと最後まで懸命に頑張っている様子がわかり
人の努力ではなんともできないもどかしさとともに、その努力に感動しました。

あの事故の当時は私は高校生だったのですが、テレビに噛り付いてた
記憶があります。そして、大学入学後に住んでた寮の先輩が
夜間部の学生で、日本テレビの報道局でアルバイトをしていて、
事故当日に実際に御巣鷹山に登った話を聞かされました。

「墜落したのは夜だったが、真夜中にいきなり日テレから電話が
 かかってきて、いくハメになった。自衛隊員に先導されて、
 機材を背負って一緒に登った。
 朝に現場に着くと焼け焦げた匂いと異臭が漂ってて、見るも無残な光景だった」と。
最初は飲み会の席でのネタかと思ったんですが、当時も日本テレビの報道局でその先輩は
バイトしてましたし、年齢が合わないんじゃないかと思ったけど
留年してたし話も合うなぁと。

カラオケが無茶うまく(酔うとよく少年隊の曲を踊りつきでハモらされた。困ったもんだ。)
部屋が「夢の島」状態だった、名古屋出身のあの先輩、元気してるだろうか。
演劇志望で、二部の演劇学科だったのだけど。

漫画版「海猿」の最終話のエピソードが航空機事故の話ですが
同じようにフラップが聞かない状況になって、圧力隔壁とかは崩壊しないものの
超人的な操縦で、着水し被害を最小限にとどめた機長の話で、これも
感動しました。



【2005/08/13 08:12】 ドラマ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
「つよきす」とアニメレビユー
今週もアニメ見る時間があまりなくて、深夜の一部の作品を
リアルタイム視聴したくらいです。

先週の種デスであったというドムのジェットストリームアタックも見てません。

そのくせエロゲの体験版は、ダウンロードしてやったりしてました。
そのゲームとは、ツンデレ攻略ゲームの「つよきす」。

これって全員ツンデレという要素もさることながら、ボーイズゲーの要素があるのでは。
(実際、製品版は腐女子も萌え萌えの要素があるらしい・・(^^;
そして、こんなん出ちゃっていいのかという、豪華な男性声優陣。
子安、堀川、そして若本御大ですよ。
若本氏はさすがにオウムの土永さんとか、「竜鳴館」の館長ですが。
子安は一発で分かりましたね。カレー屋店長の時はおちゃらけですが、
主人公の親友のスバル役の時はもろハンサム声です。
クレジットは柵間拓哉となってます。若本氏は川中嶋悟。

面白いのはベジータで知られる堀川氏(間寺司)で、メガネキャラで
「おっぱいスカウター」というネタには笑いました。

で主題歌はKOTOKOで初回特典にはI'veサントラCDがつくという。
ボイス入りが出ることになった「ロケットの夏」以外で久々に
買おうと思ってしまったゲームです。

さて、夏コミの興味は日曜に集中してまして、エウレカ本、QMAゲーム、
コスプレーヤーさんたちの島あたりを訪れようかと思ってます。

今週は世界陸上のせいで「苺ましまろ」とかつぶれて残念。

電車広告で見たけど「ハチクロ」の後は「paradise kiss」なんだね。
少女漫画界の女王・矢沢あいじゃないかと予想はしてたけど、「NANA」でもなく
「天使なんかじゃない」でもなかった。「NANA」は中島美嘉に宮崎あおいで
実写映画化されたからともかく、「天ない」は個人的に見たかったんだけどな。

★奥さまは魔法少女 6話「大人の魅力って…、ということ」

ウメケンマンボ・・って(笑)
巽を巡るおばさんと少女の駆け引き。
二人とも男の前では、今時死語なぶりっこな訳で(^^;

井上・嬉子さんよりも、頑張ってる愛ちゃん・さやかに萌えてしまいます。
魔法で大人に変身していくらがんばっても乳は大きくならない訳で
ひんぬーの悩みは、尽きぬというところか。
ひんぬーはひんぬーなりにいいところはあるのにね。
私は巨乳好きだけど(^^;。
嬉子さんも甘いというか、さすが大人というか、エネルギー使い果たして、
ダウンしてるさやかを助けてしまうんだなと。
はい、全然感想になってませんね(^^;。 思い出して書いてて録画してないし。

★かみちゅ! 6話「小さな決心」

前回?からだっけのクレジットに凝った新オープニング好きです。
このアニメ見てたら、せつなさでいつぱいになって、ほんと広島に帰りたくなるんだよな。
窓の外の風景が中学・・というより小学校の頃に見てた風景と似てるし。

中学生恋愛日記。神様相談。真っ赤になったり、アドバイスに困ったりする、ゆりえが楽しい。

ゆりえに恋のライバル出現なんだけど、
ゆりえ自身は、後輩思いというか、イマイチ踏み切れない様子。
「全然上手くないけど、おれこういう字好きだな」といわれても
「ありがとうございます」と照れてうつむくだけ。
ライバルのほうが積極的だし、能登さんは「神様は先輩のことが
好きなんじゃないんですか。」「違うよ、だって私は能登さんを助けようと思って」
「本当ですか、神様が嘘つくなんてなしですよ」

このあとの「ち、違います」が萌えまくります。
「日の出渡船」の下の「神様御用達」ってのが笑えます。

★極上生徒会 19話「さらば愛しき友よ」

ブッチャンとランスの話。りのお疲れさん。というか
一人三役でゆかりんお疲れ。
神宮司家のことも触れられていてなかなか重要な回でした。

★ぺとぺとさん  「ミにょコン」

どうでもいいが、CMのさねよしいさこのコスプレだけはやめて欲しい。
まだ小倉優子(スクラン)くらいなら許せるんだけど。
あと、ぺと子=植田の関西弁には相変わらず癒されます。
大阪さん以来の癒し系関西便キャラだよな。

ちょちょ丸のツンデレっぷりとぺと子のおしりぺんぺんに
萌えます。妹100%、頭から入れて口から出るかき氷、
戦闘シーンなどいろいろ詰め込んでましたけど、
話のつくりが雑になってきたのではないかと。

★アストロ球団

 初回、古田がゲストにびっくりだったけど、まるっきり大根でしたね。
 長嶋は少しは雰囲気あったけど、王とか全く似てないし。
 死人・ケガ人続出のこの作品をアニメ化するのも無理といわれてたんですが
 それをドラマ化してしまうという無謀さに拍手を送りたい。
 でも内容は、「地獄甲子園」や「逆境ナイン」に対抗できるものに
 なるかといえば、かなり無理そうです。

 アストロ球団とカープを比較したサイトがあつたんですが、
 ケガ人が続出するといえば、広島ですが、レベルが違いすぎます。



【2005/08/12 12:23】 ゲーム | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
クイーンSと甲子園・清峰など。
ロックインジヤパンのレビューなど書いてるのが又消えちまって、涙してます(T T)。

日曜まで8月誕生日特典でTSUTAYA105円レンタルなので
CDを借りまくっててる訳ですが、なぜかゴタイゴが聞きたくなって
ゴタイゴのベスト、あとは坂本真綾の初々しい時代の「グレープフルーツ」
全裸事件で話題の銀杏BOYZ「ドアー」、
ロックインジャパンは病欠したスネオヘアー「フォーク」
小島麻由美「パブロの恋人」と全く脈絡ない5枚を借りてきました。

銀杏BOYZの曲に「あの娘は綾波レイが好き」というタイトルの微妙な曲が
あったんですが、ヤリマンのバカで睡眠薬が好きというどうしようもない歌でした(^^;。
他にも「銀河鉄道の夜」とか歌詞にメーテルが出てくる
「惑星基地ベオウルフ」とかこのバンド少しヲタ入ってますが
素晴らしくシンプルで直情的な詞が多い、四字熟語や難解な言葉を
多用するアジカンと対照的なバンドかと。

いよいよ今日から夏コミってことでヲタク界隈では盛り上がってますが
今週はクイーンSに愛馬マイネヌーヴェルが出走で、今年もまた
友人共々ビックサイト会場で結果を聞く状況になると思います。
サマソニも明日から。
今年はDeep PurpleやDuran Duran、Oasis、Weezerと見たいビッグネームが目白押し
ですが、いけません。

クイーンステークス (GIII)
サラ系3歳以上(混合)牝(特指)
3歳以上オープン 14頭
1800m 芝・右  別定  発走 15:25

アンブロワーズ 牝 3  52.0 四位洋文
エルノヴァ   牝 6  55.0 北村宏司
コアレスパティオ牝4  55.0 勝浦正樹
スターリーヘヴン 牝5 55.0 武幸四郎
ダンスインザムード牝4 57.0 藤田伸二
チアフルスマイル 牝5 55.0 横山典弘
デアリングハート 牝3 52.0 後藤浩輝
ディアチャンス 牝4 55.0 本田優
フィヨルドクルーズ牝4 55.0 高橋智大
フェリシア 牝3 52.0 藤岡佑介
ヘヴンリーロマンス牝555.0 松永幹夫
ホウザングラマー 牝6 55.0 武士沢友治
マイネヌーヴェル 牝5 55.0 秋山真一郎
レクレドール 牝4  55.0 蛯名正義

3歳馬52kgは有利なので◎デアリングハート。
対抗はやはり○ダンスインザムード。
▲エルノヴァ △レクレドール。
ヌーヴェルはなんとか掲示板に載って欲しいところだけど。

★甲子園もいよいよ7日目ということで、今日、
岐阜の土岐商と広島の高陽東の対決です。

先週の土曜日は、甲子園を見ると涙が出てくるという友人宅にて
ビールパーティの予定がいけず、当日ゲストの後輩の母校智弁和歌山
はそこで敗退したわけですが、水曜日に長崎にいるこれまた
甲子園大好きの先輩が、茨城(ロツクインジャパンのあった勝田)に
お盆休みで帰郷するために上京してきたんですが、この飲み会もいけず。

その長崎ですが茨城・藤代と同じく初出場で初戦突破しております。
長崎代表の清峰高校ですが、野球版リアルスクールウォーズという
ドラマティックな高校
で、長崎県大会決勝も7点差をひっくり返し
ついに21世紀枠落選校、初の甲子園切符を手に入れました。

エース古川は、最速143km/hの直球と膝元をえぐるスライダー、
カーブに加えシュート気味の変化球を放る荒れ球左腕。
九州No.1を争う左腕との評価でホークスが密着マーク中。
打撃でも小さな体から流しても伸び、馬力の高さが光る。
公式戦で145km/hを投げたい、が口癖。有言実行なるか。

清峰高校は愛工大名電を破り、次は済美ということで
今大会の台風の目となりそうです。



【2005/08/12 07:53】 野球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
短距離G1創設とまんが甲子園などヲタクニュース
衆議院解散は予測できたこととはいえ、たった一か月の選挙準備で
対立候補を立てるにも、かなり厳しい展開。
これで民主党が政権第一党になったとしても郵政法案は成立しない
訳で積極的に自民は亀井派つぶしに動いていくのだろうか。
それにしても柏村武昭が亀井派だったなんて笑ってしまった(^^;。

一日たってもまだ整理がつかないロックインジャパンレビュー前に
久々に競馬ネタとヲタネタでも書きますか。
肝心の「銀杏BOYZ」見るのは見てたんだが、全裸発狂する前に
フォレストとレイクへいってたんだよなと。
現地にいって「お前は何を見てるんだ」といわれそうだけど(^^;
「Music ON TV」では放送するかどうか検討中って・・・
放送するにもモザイクかけてするしかないだろうと(^^;。

銀杏BOYZ」は登場時から、半裸でメッセージ性の強い歌といい、
凄まじいインパクトがあったので、全く知らなくてもあの場所を
動くべきではなかったと反省。(vo.峯田和伸君のblog朝焼けニャンニャン)
むしろ奥田民生あたりでレイクにいってたほうがよかったんじゃないかと
いうくらい盛り上がってなかったです。そりゃあ「COMP」のだるい曲ばかりで、
「イージュライダー」でさえないんだもんなと。
飛び入りのカエラはサビで歌詞忘れて、「やり直し」をお願いしてくるし。

G1新設!有馬前週に「短距離3冠最終戦」(スポニチアネックス)

★JRAが3歳、古馬混合の短距離G1レース新設を検討している
ことが7日、明らかになった。秋のG1シリーズの谷間になっている
有馬記念の1週前に「秋の短距離3冠」最終戦として創設する
ビッグプラン。舞台は来年12月に新装オープンする阪神競馬場の
芝1400メートルが最有力で、早ければ来年から実施される。

香港マイル、スプリントつぶしと思えるこの施策、結果的に
分散するはめになるのでは。おそらく国際レースにするんだろうけど、
香港からマイラーやスプリンターが来るとは思えないし、結局
日本残り組は、G1タイトルがノドから手がでる程欲しい、
中途半端な奴らばかりという状況が見えてくる。

潔く香港と提携して、香港のレースの馬券を売るとか考えてもいいし、
スプリントの環太平洋シリーズが行われてるのに逆行してると思う。
距離も1400mって微妙で、スプリントなのか、マイルなのかはっきりしない。
中途半端な非根幹距離に何の意味があるのだろうか。
これで最優秀短距離馬を決めようなんて魂胆だというのが見え見え。

かつてのスプリンターズSはそれなりに盛り上がってたのだが
秋のあんな時期に移動して盛り上がらなくなっちゃったし、
その穴埋めというものなんだろうか。阪神のこけら落とし用に
設置なんて安易な考えなんじゃないよな。

基本的にG1を作るというなら、
春か繁殖入り前の牝馬G1(マーメイドSか中山牝馬Sあたりを希望)
夏のローカルG1(アイビスサマーダッシュか札幌記念、小倉記念)
3歳限定ダートG1(ユニコーンS)
あたりが欲しいところですが、これ以上G1を作るよりG3のG2格上とかを
やって、ステップの充実をしたほうが余程、競馬サークルやファンに
とってもいいことじゃないかと。
天皇賞(春)の距離短縮は考えなくてもいいんで、産経大阪杯から
金鯱賞の間に繋がるようなG2レースつくるとか。

さてヌーヴェルの出走する「クイーンS」だけど、
思いのほかメンバーが集まってしまった。
まさかダンスインザムードとデアリングハートが登録してくるとは。
テイオー産駒もコアレスパティオとトウカイエデンの2頭がいて、
個人的には俄然、注目のレースになってしまった。
(トウカイエデンは除外対象で4位なので出走できそうにない)
コミケがなければ、現地に駆けつけたいところだったのだが。

ヌーヴェルは五十嵐冬樹騎手の予定だったはずなのだが、なぜか
秋山真一郎に変更。吉とでるか凶とでるか。

日曜日の変更情報、武豊騎手が前半乗り替わり

飛行機欠航のせいとは。函館行きって札幌と違って、便がそれ程多くないしな。
それにしてもこんなことを武豊日記で書いた後ってのが笑える。

まんが甲子園、富山県立高岡工芸高校が優勝

「とくダネ」でもやってましたが、詳細は公式のほうで。

sensei.jpg

富山国際高校の選手宣誓。「とくダネ」はこのチームを追っかけた模様。

supporter.jpg

野球では、甲子園常連の広島商。決勝には敗者復活で進出。
広島では他に城北高校が決勝へ。(山本浩二や古葉の息子はここの出身)
広商は「本物」ではロボットもの。鉄腕アトムを思い出させてくれて
「三菱電機賞」を獲得。

supporter2.jpg

富山国際高校完成。サッカーのサポーターを描いた模様。

oda.jpg

織田信長の「個人情報」が教科書に載ってたら困るというので
モザイクだらけというもの。
arigato.jpg

テーマ「ありがとう」で風太君に感謝する動物園の人達。
santa.jpg

優勝した高岡工芸高校の予選テーマ「個人情報」。
サンタさんが個人情報を知りすぎているという事で警察に捕まっている
という設定。
honmono.jpg

決勝「本物」の優勝作品。営業のサラリーマンの作り笑いより
子供の笑顔が本物で、あれが本物の「笑顔か」とサラリーマン。
muroi.jpg

代々木アニメーション学院出身といわれるツンデレ、元・高橋源一郎妻の室井佑月さん
コメントに期待してたんだが、なしかよっ!!。

世界コスプレサミット最優秀国はイタリア(さざなみ壊変さん)

「ROCK IN JAPAN」と被ってなければこれ行ってたし、距離的には
愛地球博のほうが遠いのに、予算的にはひたちなかのほうが上(^^;。
しかもひたちなかで博覧会が見れるわけでもなし(^^;。

どうでもいいけど、スタイルがいいというよりも、
海外コスプレーヤーの方々はたくまし過ぎはしないかと。
そのへんの古谷氏のツッコミはどうだったのか知りたいところ。
それより、ゲストのフランチェスカたんの画像が見たいんですが・・・(^^;
ゴルゴ31さんのレポ
山本晋也のランク10国、「世界コスプレサミット2005」地区予選レポート配信開始

TVチャンピオンアキバ王予選レポート

問題を具体的には書いてくれてないんだけど、かなりマニアックだな
「ネオジオポケットカラーで初めて発売された18禁ゲーム」って
そんなの知らないよ。

「あなたはスモーカーズスタイル付近の交差点でお腹の調子が
悪くなりました。この場所からどのお店のお手洗いにいきますか?」
店名と理由を述べなさい

至近のLAOXザ・コンってお手洗いあったっけ。
元ザ・コン店員・現在はインプレス記者のK君に聞いてみると楽しそうな問題だな。

京ぽん2は凄まじい端末になるのか?。

とにかく高機能とかはいらないし、カメラもいらないから、
メモリ交換できて、電池の持ちがいい奴を出してくれれば
すぐにでも今の携帯の契約解除して乗り換えるよ。
今月、2年契約更新なんだよなぁ。そろそろ低機能で通話料金しか
売りがないTU-KAより別の会社がいいかなと。

江ノ島で開催された「ローゼンメイデン海の家・薔薇の香りのGarden Party」
公開録音でオタが晒されたらしい

まだ鈴鹿の「ネギま!」イベントのほうがマシだなと。
なんで最近はヲタイベントが積極的に一般レジャー融合しようとしてるのだろうか(^^;。
「電車男」逆効果だよ(^^;。

あずまきよひこの一日

4時寝、9時起き。食べる以外はひたすら「よつばと」と。
ちゃんと仕事されてるんだなぁと失礼な感想。
住居と仕事場が同じマンションという環境だと気分転換が難しくないのかなと。
CLAMPのゴージャスでワインあけたりする、仕事場などとはさすがに違うなと。



【2005/08/09 10:57】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
【レビュー】ROCK IN JAPAN FES05(開場編)
今週競馬はさっぱり見てませんが、函館2歳Sはモエレジーニアスが勝ったんですね。
その勢いで、来週も五十嵐冬樹騎手には頑張ってもらいたいです。

さて競馬もほうっておいて何してたのかというと、勿論ひたちなかに
行ってたわけです。来週はサマソニですが、またヲタクイベントに
逆戻りで、今日一日は、中高時代に堪能できなかったロックイベントに
いって、爽やかなおにいさん・・いやおっさんに成りきるために心も脂肪も燃焼してきました。

このイベントを主催し総合プロデューサーをつとめてるおっさん・・といっては失礼な
rockin on社長、渋谷陽一氏はタウン誌以下の貧乏雑誌を立ち上げ
ここまで成長させた、立志伝中の人物といってもいい人。
今年で54歳。忙しいのか不精?ひげなど生やして貫禄も出てました。
日本のリチャード・ブランソンといっても過言ではない人です。
(え、avexの松浦氏とかのほうが近いって?(^^;確かにそうかも)
さすがにブランソンやHISの沢田氏みたいに航空会社はつくんないけど。
sibuya.jpg

私が中高時代の頃から、すでにカリスマ的な音楽評論家で、
坂本龍一や佐野元春などがDJで出ていたNHK-FMの「サウンドストリート」は
毎週聴いてましたし、渋谷陽一の最終回、やはりというかツェッペリンの特集は
テープにとって未だに残してあるくらいです。
勿論、rockin onは愛読してた雑誌でした。
当時はジャパンなどはなく、後ろのほうに日本のマイナーバンド(頭脳警察とかあぶらだこetc)の
レビュー記事があって、総合新譜レビューだけメジャーものが扱われてるという感じ。
アルフィーや渡辺美里などがメインの「GB」なんか読んでる
軽音の女の子を私は鼻で笑ってた訳です(^^;。
渡辺美里も「クラス委員長」タイプな音楽だと、新譜レビューではかかれてました。

加野瀬さんところで春に「中2病」と叩かれるのを見て悔しかったんですけど、確かに
「MUSIC MAGAZINE」に比べれば、自分語りの青臭い雑誌だけど、それがいいんではないかと。
ちなみにロックイベントの分類で言うと、「サマソニ」が中2病で、
「フジロック」が高2病らしいです。ロックインジャパンも多分中2扱いなんだろうなと。

それでやっぱり今日もZEPの「永遠の歌」のイントロから始まりました。
サンボがそんな曲で出てくる訳ないよなと思ってたら、渋谷のおとんが
出てきて説明事項を述べるという。
開門から入場の処理、レンタルトイレ群、飲食ゾーンの拡大等々
これまでのフェスの歴史の中で積み上げて言った過剰ともいえる努力は認めよう。
でもやはり「当日券」くらいは売るべきではないかと。
・・・と思ってたら、やはり勝田駅で「チケット売ってください」と
ダンボールに書いて掲げてた人を見て、心を痛め、
「ヤフオクやダフ屋に儲けさせるためにロックインジャパンフェスをやってるんじゃない」と。
来年以降の為にもテントゾーンを詰めたりして、キャパの増員のための試みをしているとのこと。

そんな私もチケット取れず、ヤフオクでチケット買った一人である。
朝5:30起床。睡眠時間3時間くらい。
7:00上野に間に合わないと、急いで6:00に出発も、新宿から山手線だと
完全にアウトなので、中央線ホームまで走り、神田駅、上野駅でも
走り、なんとかギリギリセーフ。きょうはこんな綱渡り的展開が
繰り返される、序章に過ぎないのであった。

フェス前から汗をかきまくって、乗車後、30分くらいずっとタオルが
手放せなかった。8:18勝田到着、前出の光景を見る。
やはりチケット落札しといてよかったなと。最初は取れなかったら
駅前であの哀れな人達と同様に掲示を掲げて立つという展開まで考えてたくらいで。
改札横のコンビニでサンドイッチなどを調達。
「午後から雷雨の予報」という注釈付でレインコートが準備してあったのはびびった。

でもイベント中は濡れるなら濡れてしまえってところはあるからなぁ。
暑くなってスプリンクラーの前に行って散水を受けてたりもしたし。

勝田駅からバス往復切符780円を買って、いざ出発。
駅前には「ダフ屋行為禁止」と掲示されてるのに、若干ながらいる。
駅にも「チケット売ります」って人が一人掲示を掲げてたけど
「チケット買います」の人と近くにいるのがおかしかった。
多分、値段がつりあわないのだろう。

会場手前から、若干渋滞が始まったけど、開門前には到着。
S字ターン中には入場開始。かなりスムーズに入場。
gate.jpg

今年のリストバンドは外れにくかったなぁ。フェスが5回にもなると
こういう点もよく研究されているというか。
初回なんて2時間かかった入場が、翌年からはゲート員を大増員し、
入り口も広げて7分で終わったのが自慢らしい。
hitoosugi.jpg

そしてひたすらグラスステージを目指すんだが、凄い人ごみ。
とりあえず今年もロクなデザインはなかった、オフィシャルTシャツはやめて
オフィシャルの帽子を買い(これもダメだ)、アーティストショップへ。
サザンのTシャツを買おうかと思ったけど、デザインがあんまりなんで
タオルにして、そのためだけに50分つぶれ、更に奥田民生のTシャツで30分。
エレカシやアジカンなどはさっぱり人気がなく(そりゃそうだ。あのデザインじゃあね)
サンボと奥田民生は人気で、更になぜか「銀杏BOYS」のTシャツは早々に売り切れていた。

そうなるといい時間で、いつもの右サイドにつけると、
「永遠の歌」が鳴り出したわけだ。そして渋谷氏登場。
注意事項の後、サンボマスターの紹介。

曰く昨年のフェスの後、睡眠時間を削って疲れきってるところに
山口君がやってきて「ツェッペリンのどのアルバム」がいいか
「ビートルズのどのアルバムがつまらないか」を延々と語らされる
ハメになったそうで、勘弁して欲しいと思ったそうなのだが
彼も一日、ステージやDJブースなどで3ステージ分もこなしてた訳で
底知れないスタミナを持っているとのこと。
「あいつのエネルギーは無限です、怖いです」とも。
だからみんなの力で、私の為にも彼をステージで燃え尽きさせてくれと。
業界的には異端だけど「日本のロックの未来」だと思ってると。
「奇跡のバンド」サンボマスターです。というMCで山口君たちが
登場しました。
stage1.jpg


                -つづく-



【2005/08/08 06:53】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
明日は燃焼系音楽式
じ・地震だ~。でも震度2だな。東京の区内は震度4らしい。
M4.7、千葉北西部っていよいよ群発か。

書きたいネタはいっぱいあるんだけど、明日も早朝からフェスだし
そろそろ寝ます。「奥様は女子高生」見てますが。
今回はUVケア対策万全です。毎度日焼けして腕がヒリヒリは嫌だし。

今週まともに見たアニメは「火垂るの墓」だけだったりする(^^;。
とってもブルーで心温まらない世界を堪能しました。

今週8月生まれの人はレンタル旧作105円なのですが、
フェス用に7枚のアルバムを借りてきたくらいです。
奥田民生「ライオン」「comp」
ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソルファ」
エレファントカシマシ「good morning」
まあ見れなかったので関係ない「ばらいろポップ」や
デリコの「early times」あったりするわけですが。
TSUTAYAの配置がまた替えられてて、迷ったよ。
今度はアニメでは「坂本真綾」と「菅野よう子」は特設コーナーで
プッシュされてました。

店頭DVDで気になったのは「はだしのゲン」ですね。
何度もリメイクされてるわけですが、きょうのアニメTVでもやってました。
ちょっと見た感じ、つくりりが甘いように感じました。
どうでもいいいけど、アニメTVでのキャラショーの紹介短すぎ。

★「電車男」はいよいよ来週はコミケ見たいで(^^;。楽しみです。

とりあえず五十嵐貴久「1985年の奇跡」に続いて「Fake」を読み終えました。
作品紹介と感想は後ほど。
それにしてもこの人、扱うテーマが広範ですね。高校野球があるかと
思えば、カード賭博、出会い系ストーカー、交渉人、時代小説と。
器用すぎて、それも器用貧乏になってないところが凄いです。
「Fake」も最後は筒井康隆の「富豪刑事」の密室殺人のような
かなり難のある展開でしたが、ああいうひっくり返し方は爽快でした。

「1985年の奇跡」や「Fake」は映像化も期待できる内容なので
今後「交渉人」のような映像化があれば、楽しみも増えます。


甲子園で原爆忌の黙とうで行き違い、朝日新聞社が謝罪(読売新聞)

開会式であれだけお偉いさんがこぞって、原爆や戦争で失われた元球児たちの話をしても
この有様。それが最近の朝日クオリティ。

それにしても60年という節目の年なのに、NHKはともかく民報各局の
扱いの小ささはなんだかなぁと思った。
広島人に原爆クイズインタビューしてる場合じゃないぞ.>CX。
おまいらのところの女子アナにそっくり同じ質問をぶつけたい。

広島にいる頃は8/6は昼くらいまで、原爆関連の番組ばかりだったので
今もそうなのかと思って番組表見たら、今年は広島テレビが11時半まで
特別番組やってて、やはり広島は特殊だと思った。



【2005/08/07 02:16】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |


PROFILE
ゆうがん(航海☆帝王)
  • Author:ゆうがん(航海☆帝王)


  • Blog theme
    アニメ
    競馬、
    カレー、らーめん
    大学野球実況
    高校野球実況
    大学ラグビーなど

    好きな過去の馬

    トウカイテイオー
    グラスワンダー
    セイウンスカイ
    アグネスデジタル
    エアダブリン
    エスプレッソトニー
    チョウカイキャロル
    トウカイポイント
    トウカイアロー

    好きな現役馬
    アーネストリー
    マイネルキッツ
    マイネルネオス
    マイネルアワグラス
    マイネルオークベイ
    マイネショコラーデ

    ラフィアン馬属性。
    唯一の所有活躍馬:
    マイネヌーヴェル
    現在
    マイネヴィッキーを
    一口所有してましたが
    引退、道営へ。
    マイネル軍団の謎 (流星社の競馬本)
    マイネル軍団の謎
    流星社編集部\180より

    好きなビール
    ギネス

    最近好きな
    アーティスト
    坂本真綾
    おかえりなさい(初回限定盤)
    おかえりなさい(初回限定盤)
    (2011/10/26)
    坂本真綾


    Buddy(初回限定盤)
    Buddy(初回限定盤)
    (2011/10/19)
    坂本真綾


    中島愛
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」
    EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)

    (2011/10/26)
    中島愛

    牧野由依
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/07/06)
    牧野由依



    ユニコーン
    いきものがかり
    一青窃
    平原綾香
    Asian KUNG-FUGeneration
    エレファントカシマシ

    最近好きなアイドル
    小松彩夏
    中川翔子
    中川朋美
    浜田翔子
    喜屋武ちあき
    桜井ひな
    松嶋初音
    磯山さやか
    加藤夏希
    南明奈

    最近好きな女優
    蒼井優
    小雪
    白石美帆
    長澤まさみ

    好きな声優
    FEMALE
    花澤香菜
    清水愛
    清水 愛/7thマキシシングル【DVD付】
    中原麻衣
    竹達彩奈
    宮本佳那子
    阿澄佳奈
    伊藤かな恵
    悠木碧
    川澄綾子
    白石涼子
    松岡由貴
    松来未祐
    MAKO
    金田朋子
    井上麻里奈
    能登麻美子
    福井裕佳梨
    加藤英美里
    豊崎愛生
    儀武ゆう子
    茅野愛衣


    MALE
    山寺宏一
    藤原啓治
    下野紘
    檜山修之
    杉田智和
    小西克幸
    小野大輔
    福山潤
    子安武人
    水島大宙
    若本槻夫

    但し心移りが激しい

    今期視聴予定ドラマ
    妖怪人間ベム
    南極大陸
    来期
    平清盛

    今期視聴予定アニメ
    (個人評価順位)
    1位たまゆら~hitotose

    たまゆら~hitotose~第1巻 <br /> [Blu-ray]
    たまゆら~hitotose~第1巻
    【Amazon初回限定全巻購入特典 
    「たまゆら~hitotose~」イベント
    (仮)チケット優先購入券(抽選)付き】
    [Blu-ray]

    (2011/12/21)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/11/26)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/12/23)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    (2010/12/22)
    中島ノブユキ、中島愛 他

    2位ちはやふる
    ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
    ちはやふる(14)
    (Be・Loveコミックス)

    (2011/09/13)
    末次 由紀

    3位侵略!?イカ娘
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/11/16)
    イカ娘(金元寿子)

    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    (2011/09/30)
    青島文化教材社

    4位境界線上のホライゾン
    境界線上のホライゾン4〈中〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
    境界線上のホライゾン4〈中〉
    GENESISシリーズ (電撃文庫)

    (2011/10/08)
    川上 稔

    5位ベン・トー
    ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
    ベン・トー サバの味噌煮290円
    (ベン・トーシリーズ)
    (集英社スーパーダッシュ文庫)

    (2008/02/22)
    アサウラ

    6位灼眼のシャナIII Final
    7位LAST EXILE 銀翼のファム
    8位僕は友達が少ない
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    (2012/01/13)
    木村良平、井上麻里奈 他

    長期シリーズ
    銀魂
    SKET DANCE
    ゴーカイジャー
    仮面ライダーフォーゼ
    ガンダムAGE
    バクマン2期
    異国迷路のクロワーゼ  TheAnimation ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド
    異国迷路のクロワーゼ TheAnimation 
    ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド

    (2012/03/09)
    ドラゴンエイジ編集部


    ブラバン!六大学野球
    ブラバン!六大学野球
    (2008/04/02)
    東京佼成ウインドオーケストラ


    全日本大学野球選手権大会2009 [DVD]
    全日本大学
    野球選手権大会2009 [DVD]

    (2009/09/18)

    The Kentucky Derby: 101 Reasons to Love America's Favorite Horse Race
    The Kentucky Derby:
    101 Reasons to Love America's
    Favorite Horse Race(2010/04)
    Sheri Seggerman

    大学ラグビー激闘史 1987年度~1991年度 DVD-BOX
    大学ラグビー激闘史
    1987年度~1991年度 DVD-BOX
    (2008/01/25)
    吉田義人・清宮克幸
  • 管理者ページ
  • RSS

  • 天気予報コムFC2

    CALENDER
    07 | 2005/08 | 09
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 今年一年の国内旅行先ベスト10(12/31)
  • 【聖地巡礼】たまゆら~hitotose 第一話 横須賀・汐入編(10/30)
  • 調布花火大会(08/07)
  • 中島愛 2nd Live Tour 2010 ~ I love you ~(07/01)
  • 楽天証券開設後の近況。(05/20)
  • 『材料株』相場(04/09)
  • 【野球オープン戦】中央大3ー2明治大(04/05)
  • 東京国際アニメフェア、初日レポート(03/28)
  • 株主総会参加予定など。(03/27)
  • CP+@パシフィコ横浜(03/15)


  • RECENT COMMENTS
  • ゆうがん(05/24)
  • 紫紺(05/21)
  • 神楽コスプレ好き(05/02)
  • シェリルノーム衣装って!(04/28)
  • 占い(01/17)
  • あすかぁ(01/13)
  • 如何屋 サイと(11/07)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/06)
  • あすかぁ(11/05)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その14)~涼宮ハルヒの消失~(02/23)
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その13)~インビクタス/負けざる者たち~(02/17)
  • Ali della liberta (in Stadio):「プロ野球ドラフト会議2009」雑感(10/30)
  • 粋な提案:2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久(10/12)
  • 僕の独り言:はじめまして!(05/04)
  • いんふぉーる:受験の神様!和田秀樹の受験の方程式プレミアム(01/09)
  • いんふぉーる:逆転!桶狭間トレード  空売り系システムトレード(01/09)
  • Fat-Diary:明大前“一風堂”vol,4(12/18)
  • ゼロから始めるマネー運用講座:新生銀行のポルテ社長が退任で八城会長が社長兼務へ(11/12)
  • さぷら伊豆!渋谷の平日・伊豆の休日:厚木 本丸亭(10/28)


  • ARCHIVES
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年10月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年10月 (18)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (14)
  • 2009年07月 (25)
  • 2009年06月 (20)
  • 2009年05月 (32)
  • 2009年03月 (3)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (7)
  • 2008年10月 (19)
  • 2008年09月 (19)
  • 2008年08月 (34)
  • 2008年07月 (16)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (14)
  • 2008年04月 (22)
  • 2008年03月 (16)
  • 2008年02月 (26)
  • 2008年01月 (23)
  • 2007年12月 (34)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (13)
  • 2007年09月 (30)
  • 2007年08月 (25)
  • 2007年07月 (27)
  • 2007年06月 (40)
  • 2007年05月 (32)
  • 2007年04月 (29)
  • 2007年03月 (20)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (11)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (20)
  • 2006年08月 (26)
  • 2006年07月 (8)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (16)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (13)
  • 2006年01月 (39)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (13)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (23)
  • 2005年07月 (27)
  • 2005年06月 (27)
  • 2005年05月 (43)
  • 2005年04月 (43)
  • 2005年03月 (53)
  • 2005年02月 (51)
  • 2005年01月 (33)
  • 2004年11月 (2)


  • CATEGORY
  • 株式と経済 (141)
  • 競馬 (222)
  • 競走馬の科学(馬場含む) (7)
  • トウカイテイオー (9)
  • マイネヴィッキー (7)
  • マイネヌーヴェル (14)
  • 牧原由貴子 (4)
  • ラフィアン (7)
  • アニメ・特撮 (117)
  • コミック (11)
  • コスプレ・ヲタイベント (129)
  • ゲーム (20)
  • ドラマ (14)
  • クイズ・雑学 (7)
  • 文学 (11)
  • 食べ物 (49)
  • 野球 (73)
  • フットボール (15)
  • 音楽 (43)
  • アイドル (9)
  • 映画 (44)
  • ニュース (49)
  • 旅行 (27)
  • 雑記 (175)
  • 科学 (9)
  • 未分類 (54)


  • LINKS
  • カトゆー家断絶
  • MOON PHASE 雑記
  • Tentative Name.
  • アキバBlog
  • にゅーあきばどっとこむ
  • moeyo.com
  • デイリーポータルZ
  • GIGAZINE
  • GIZMODE JAPAN
  • PURE GOLD
  • 声優系イベント予定表
  • 声優Blogアンテナ
  • エルエル
  • 広島東洋カープ公式
  • 東京六大学野球連盟
  • 関東ラグビーフットボール協会
  • 吉田義人のラグビースピリッツ
  • ★前田有一の超映画批評★
  • マット今井の『風を読む』
  • キッチンカブー
  • eワラント研究室
  • JRA
  • KEIBA.GO.JP
  • JRA競走馬総合研究所
  • RUFFIAN TURFMAN CLUB
  • 血統の森+はてな
  • 殿下執務室
  • ダービー馬からダービー馬~トウカイテイオー産駒応援
  • 名牝達の後宮
  • 負け馬@馬耳東風
  • 明和電機
  • 明和電機社長blog
  • 眞鍋かをりのココだけの話
  • 須田鷹雄の日常・非日常
  • 時々馬徒然
  • sala de oscar
  • 鹿島翼の道楽日記
  • Ali della liberta (in Stadio)
  • 喫茶マウンテン公式blog
  • 黎明


  • SEARCH




    >
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
<a href=芸能証券
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
    アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター 人気blogランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。