Bon Voyage~航海☆日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
かみちゅはかみアニメ(笑)
今日帰りに、公団の団地の中にある公園を通り抜けていたのですが
線香の匂いがしてきて、不気味だと思ったら暗闇の中に
小さな人影が。
線香2本立てて、花壇に手を合わせてる初老の女性がいました。

公団の団地自体が古い上に明かりが消えている部屋が
ほとんどなので、なんか怖かったです。
多分、首を埋めて・・・なんてことはなく小鳥か蛙といった
飼ってたペットの小動物が死んだので埋めてたんだろう。

帝王賞は◎ストロングブラッド
    ○タイムパラドックス
    ▲ナイキアディライトという予想だったので
大井にいけば当たってたと思うのだけど、仕事が遅くなっていけなかった。
石崎はまあ完璧な乗り方をして負けたんなら仕方ないと
いったところでしょうか。ストロングブラッドは前走の
かしわ記念勝利がフロックではないことを証明してみせてくれました。

勝ったタイムパラドックスとは切れ味の差で敗れましたが
今後のストロングブラッドが楽しみです。ダート戦線なら
長く活躍できそうだし。

さて昨日から始まったかみちゅ
「かみさまはちゅうがくせい」を縮めて「かみちゅ」って
結構安易だけど、なかなかかわいいネーミング。
                 _,.r'⌒:.:.:.:.`:.:.`ヽ、
         __       /´.::::!:::;.-ヘ:::.ト、:::.:.ヾ`    ,rーュ、
        rくr¬    ,ノ:.::::::/{/‐  ヽ|‐ヽ:::::.:.\   ノ  ,`j}
          マ´、  \  /:.:.:.::::/rtテ .  'fぅ/イ:::::r、}/   /fチ′
        ¨´\  ヽ__::::::::{`    n     }:::,r-'― 、/ '′
 十            Y´,, ==ミtヘ.   ∪     ';タ==_=:、ヽ、      l7
  '⌒)  ゆ  ̄ ̄,/〃'´ ̄`ヽt、       イィ´. : :ヽヾ、:.〉  ̄ ̄ ̄ o
           V//: : : : / ,l:い.` - ´/,'|: 、: :|: : : ヽy′
           ゙{ヘ: : : :.i: / !:ヽ.<⌒ン'∠::L:_:v:| : : /j′
            `ヘ: : : i:/, :'´ ̄こ{¨丁-::::.:.:.:.フ:l : /´
             ゙、: ://:.:::::::::::ノ⌒ヽ::__;ノ :.V:,′
              V::`ー-‐'/        、 〈
                /     ,. -‐―-‐- ..\ .
              j    ,.イ         ヽ ',
            /′ ,.イ l         l i  |ヽヘ
            /  _,ノ l |         | |   ! lヽ\
          /,.-‐ 7 /  | _,,. -――-- .._ |.  !:`ヽ
           {': : : / ,.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー-、 〉: :ノ
            ヽ: : 〉´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:/

舞台が尾道というだけで、「さびしんぼう」や「転校生」などを
思い出してしまうのだけど、大林映画のように背景描写を見るだけでも楽しみ。
設定も80年代ということで、同じ県内の瀬戸内で暮らした青春時代を思い出させる作品。
ジブリの「耳をすませば」「海がきこえる」的な雰囲気があっていい。
更には「天空の城ラピュタ」のパズーとシータの空中を手を
つないでゆっくりと降りてくるというオマージュ?もありと。

原作の鳴子ハナハルは元々「快楽天」などで活躍してた
同人出身のエロ漫画家だったんですけどね。
でも絵は一般的な萌え系とは違う、ジブリ風ほのぼの系で
これに目をつけた電撃の編集者は偉い。
アニメ化したソニーのアニプレックスも偉い。

ただし、話の内容は平凡で2流、3流っぽい。
1話は「台風クラブ」+「天空の城ラピュタ」ですよね(^^;。
スタッフはRODを作った方々が多く関わっており、
作画クオリティは驚くべき高さ。なんか同局の
力入れまくりではずした「魔法使いに大切なこと」も思い出しました。

電撃大王の作品では「よつばと」を早くアニメ化して欲しいのですが
当分その予定はないとかって話で。




8/24DVD1巻発売予定。↑予約受付中
スポンサーサイト



【2005/06/30 02:12】 アニメ・特撮 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
いろいろバトン
暑い毎日が続きますが、皆さんお元気でしょうか。
きょうは昼にすだちうどんを食べました。

今流行のMusical batonもそれの亜流で発生した
Anime Batonもkeiba batonもComic Baton、Movie baton、Ramen batonも
回ってきません・・・(^^;

まあblog相互リンクしてるところなんてほとんどないし、
アクセス増えても、皆コメントをしてくれる訳でもないしって(^^;。

それなら来る前に勝手にやっちゃおうってことで
但しバトン渡す相手がbloggerじゃなきゃいけないのか・・・(^^;。HP運営者じゃだめなのかと。
一応、音楽、競馬、アニメ、ドラマ、ラーメンについて答えてみたい(^^;

【Musical Baton】

Q1)Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
6.38GB  意外と少ない。
 持ってるCD取り込むの面倒だし。タウンロードしないし。

Q2)Song playing right now (今聞いている曲)
今は聴いてない。最近電車の中でよく聴いてるのが
 個人編集のAirから始まるアニソンメドレー

Q3)The last CD I bought (最後に買ったCD)

  angelaの「シャングリラ」。
  購入予定がoasisの「Don't believe the truth」
  SINGER SONGERの「ばらいろポップ」

Q4)Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 1)John Lennon - LOVE

自分のお金で初めてシングルレコード買ったのは、中2。
  ・・と結構遅くてPaul McCartneyの「so bad」。
  次がこれだったと思う。基本的にうちには小遣いという
  ものはなかったので、昼のパン代の余りとか、参考書代の
  余りとか、お年玉や祖母にもらった小遣いなどが資金源。
  それでもドラムスティックとか、マウスピースとかのお金に
  消えていって、貧乏でエアチェックばかりだったんですよね。
  エレクトーンはあったものの、ギターやドラムセットを
  買ってもらえるはずもなかったし。

  シングルを買った後は、アルバム「ジョンの魂」も買う。
  クイーンの「オペラ座の夜」かビートルズの「サージェントペパーズ」か
  これが初めて買ったアルバムだと思う。
  プライマルスクリーム療法を受けてた
  ジョンの心の内側をさらけ出した痛々しくも心を打つ 
  名曲ばかりですが、中でも一番美しく、シンプルな詞が
  心を震わせてくれます。

2)Sting-Fragile

  Stingの「Nothing Like the sun」は好きな曲ばかりなんで
  選ぶのに迷うんですが「Secret Marriage」と並んで
  この曲が一番好きです。
  大学時代、バイトで疲れたからだを癒してくれた曲です。 
  曲の内容は鬱なんですけどね。
  「They Dance alone」とともにチリのピノチェト軍事政権批判の
  曲なんですが、アメリカでは9.11後、反戦プロテストソング
  として聴かれているようです。

  クーラーがなく連日熱帯夜の新宿区内にあった寮の部屋を
  思い出します。部屋によっては風が通り抜けて、
  窓の外には新宿の高層ビル群といい部屋もあったんですけどねえ。
  そんな素晴らしい友人の部屋に行って、飲みながら、
  音楽やら漫画やら恋愛について夜通し語ってました。
  今は各部屋クーラーもついて20300円と快適なようで
  羨ましい限り。今はちゃんとテレビ端子も。昔はなかったので、
  室内アンテナで電車が通るたび映像乱れたりして。
  途中からアンテナから自分でケーブル引っ張ってる学生も
  増えたけど、個人負担でした。
私が入った年から外務省の管轄になったんだけど
  今は独立行政法人、日本学生支援機構(旧・日本育英会)の管轄。  
  多分、貧乏な中国や東南アジア系の学生ばかりになってるんだろうな。

3)坂本龍一-adagio
 
  私の最も好きな坂本龍一のアルバム「Beauty」の中でも
  一番好きな曲です。これ海外版でははずされてるんですよね。
  これも学生時代、バイトやサークル活動などで
  遅く帰ってきたときに体の癒しを求めて
  よく聴いて寝てました。しかもLive録音版を。
  拳銃で撃たれるようなギター音が入ってて
  映画「プラトーン」で使われたのを思い出してました。
  戦争映画物だと「キリングフィールド」の
  「禁じられた遊び」のアレンジverもよく聴いてました。
 「キリングフィールド」はジョンの「imagine」に釣られて
  見たんですけどね。
  YMO時代はテクノで、坂本龍一になってからはピアノ曲って
  イメージが強い坂本龍一ですが結構ロックしてる「千のナイフ」も大好きです。

4)ショスタコーヴィチ-民俗舞曲

 ロシアの偉大な作曲家、ショスタコーヴィチの中でも
 かなりマイナーな曲で、データ網羅したサイトにも載ってないくらいです。
 中学時代に私はブラスバンド部に入ってて
 最初に所属したパーカッションが苦手で
 トロンボーンにトレードされて初参加した時の
 全日本吹奏楽コンクール県予選の自由曲。
 今でも全曲の流れを思い出せます。運指は忘れてるところもある。
 
 ブラスバンドだと「祝典序曲」作品96あたりが
 定番なんだけど、あえて技術的に難しい曲に挑戦し
 金9、銀1評価で課題曲で低評価だったのを
 かろうじて金賞にもっていった思い出の曲。
 自由曲だけの評価なら、中国地区大会にいけたんだけど(^^;。

 パーカッション時代の2つ上の先輩が明和電機の土佐信道氏。
 私とトレードしてパーカッションにいったのが、DJや
 作曲家・建築デザイナー・イベンターとマルチな才能を
 発揮してるヤマモトヨシキ氏です。

5)ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2「月光」

 地味だといわれようが、中高時代一番よく聴いたクラシックの曲は
 母が昔買って持ってたルービンシュタイン演奏盤でした。
 ルービンシュタインっていうと普通はショパンなんですけど
 結構、重みを感じさせる演奏がいいんです。 
 重みという意味では定番のバックハウス。
 快演・怪演という意味でホロヴィッツもいいんですけどね。
 ビートルズの「Because」はこの曲をヨーコが弾いてたのを
 聴いたジョンがイントロを逆弾きにして生まれたという
 エピソードがあります。

ロックや邦楽をここでカットせざるを得なかったのが
悲しいところ。ほんとは洋楽ではBeatles、Rolling stones
ZEP、QUEEN、oasis、Simon&Garfunkel、VAN HALEN、alkatrazあたり
邦楽だとオフコース、グレープ、渡辺美里、ユニコーンとか
思い入れのある曲はいっぱいあるんですけど。

【keiba baton】これっていろんな質問バリエーションがあるんだけど。
★ブックマーク、ソーシャルブックマークなどにおける競馬関連サイトの割合。

200は超えてるけど、常時見てるのはその1/20くらい。

★最後に勝った馬券(収支ではなく、精神的に「勝った」と思えた馬券)

今年の東京ダービー。シーチャリオット斬りの
マズルブラストからのワイドで取りました。

★あなたの競馬歴は?

オグリキャップブームの頃。
馬券初購入はオグリキャップVSイナリワンVSスーパークリーク
だった89年の有馬記念から。8000円買って5000円返ってきた。
ビギナーズラックはなく、最初から競馬の厳しい現実を知ることに。

★今のお気に入りの馬は?

マイネヌーヴェル

現役唯一の一口馬にして、重賞勝ち馬。
まあまあ好きって馬はいるけど、
転戦を追いかけてるほどの馬はこの馬だけなので。

★今までの最高配当と払い戻しは?

最高配当は最近は三連単で狙えるようになったものの
万馬券というものに縁が薄いのですが(^^;
トウカイポイントが勝った2002年のマイルCSはポイント流しで
当てました。馬連で15530円。馬単だと36370円
3連複379390 円だったのに。 馬連しか買ってませんでした。

ヤマニンシュクルの時は悩んだ末にスイープトウショウから
いって失敗したんですよね。ほんとスイープトウショウは
買えばこないし、買わないとくるし、ロクな思い出が無い。
エンドスイープの子で早熟かと思ったけど、トウショウの牝系の血統背景が
それをカバーしてるんですね。

払い戻しは多分サクラローレルが勝った天皇賞の日の
最終レースか、アドマイヤコジーンが勝った朝日杯で
+8万円。

★予想する上であなたが一番重視しているのは?

1)展開とコース適性
 逃げ先行有利の展開、差し追い込み有利の展開とか
 馬場の伸び具合、各競馬場毎の各馬の成績などを見る。

2)走破タイムとテン、上がり3F
 能力指数とかつかってないんで。
 本当は自分で考えて作ってみるのが一番いいんだけど
 面倒だし。

3)パドックでの馬具、脚さばき 気配。返し馬との違い。
 馬具は主にハミ、シャドーロール、チークピーシーズ
 ブリンカーなどを見る。脚さばきはバンテージ巻きも加味して。
 気配は馬体のつくりもそうだけど、入れ込み具合や
 目、発汗なども。
 
 騎手が乗ってからうるさくなる馬もいるし、逆の馬もいるので
 返し馬は出来る限りみたいし、パドックよりも重要なんじやないかと。 

1~3をレース毎に吟味して、ハンデ戦ならハンデ差を考慮。
あとはオッズ次第。
単、複、枠連、馬連、馬単 3連複、3連単
どれがいいのか判断して買う。

★好きな競馬場もしくはWINSは?
 函館競馬場・・・こじんまりとした雰囲気が最高。
 東京競馬場・・・ホームコースなので
 中山競馬場・・・東京よりウイナーズ前の
         スタンドで見やすいので。
 川崎競馬場・・・パドック、予想台、馬場の往復が楽。
         馬券の相性がいい競馬場。 
         しかもパドックでレース映像も見られるし。
         大井も新スタンドが出来て間の通路が
         広くなって移動が楽になった。
 
 WINSは嫌い。昔は後楽園にいってたけど。

★特別に思い入れのある馬5頭は?

1)トウカイテイオー
 この馬がいなかったら、あっさり競馬ファンをやめてただろう。
 血統背景、ルックス、ドラマチックな成績。何をとっても
 この馬以上の馬はいまだにいない。
 たとえディープが途中で何度も骨折して復活したり、
 7冠以上の馬になってもね。

2)グラスワンダー
 やはりあの世代のライバル達が強かったからこそ
 好きになったんだと思う。京王杯SCを除いては
 出走全レース生観戦しています。 
 現役時代、ノーザンファーム空港牧場で場長に案内して
 頂いた時に会えて、撫でてあま噛みされたのはいい思い出です。

 「豚、豚」といわれるけど、あの威風堂々とした
 まばゆい栗毛にメロメロでした。

3)エスプレッソトニー
 NIFのPOGで始めて参加した時、指名した社台RHの馬。
 母のスキーナは井崎先生も持ってたんだよね。
 POG期間中は活躍しなかったけど、七夕賞で万馬券出したり
 8歳まで走ってくれました。
 それで社台RHでその下のパワートレインを選んだんだが
 デビューすら出来ず引退しました。

4)セイウンスカイ
 グラスも好きでしたけど、この馬も徳吉孝士君が
 乗ってる頃から応援してて「徳吉~、この馬でクラシック
 取れよ~」とウイナーズサークルで声かけたらうなづいてくれて、
 それだけにノリに乗り変わったのは残念だったんだけど。
 札幌記念や京都の天皇賞(春)も現地で観戦してましたし。

5)ホクトベガ
 エンプレス杯で衝撃的な勝ち方をして、その翌年からは
 ダートの女王に。この馬の活躍でダート界で活躍する馬が
 ようやく認知され始めたのは大きいと思う。
 まだあの頃フェブラリーSってG2でしたし。
 かなり大粒な雪が舞う中、見てました。
 ドゥバイの星になってしまったのが残念。
 ロジータみたいないい仔が出てたかもしれないのに。 

【Anime Baton】
Q1)今、パソコンに入っているアニメファイルの容量
約150GB
うちハードディスク総量が280GBしかないもんで。
  焼いたDVDを入れれば1TBは超えてるかと

Q2)一週間に見るアニメの本数
 月曜4本、火曜2~4本 水曜2本 木曜2~4本 金曜2本
 土曜4本 日曜3~4本
 最大24本ってところでしょうか。

Q3)今、はまってるアニメ
 交響詩篇エウレカセブン、エルフェンリート(終了)、
英国恋物語エマ(終了) ガンダムSEED DESTINY
 今見てるのは「MONSTER」→「かみちゅ」。
 「かみちゅ」はハマリそう。

Q4)最後にDVD買った作品
 まほろまていっく~もっと美しいもの。

Q5)よく観る、または特別な思い入れのある5タイトル

 1)宇宙戦艦ヤマト

  この作品がなかったら多分今のヲタな自分はなかった。
  家引っ越したとき「新たなる旅立ち」がテレビ初放映
  だったので、真っ先にTVの設置をお願いした記憶が。
  小学生の頃はガンダムよりヤマトでした。
  今見ると結構ださださではあるんだけど、当時は夢中でした。

 2)風の谷のナウシカ

  カリオストロで知ってたけど宮崎駿ショックを受けた作品。
  映像の凄さも勿論だけど原作のほうが素晴らしい。

 3)機動新世紀ガンダムX

  新世紀対決は完全にエヴァのほうに軍配が上がりましたが
  私の中では同じくらい名作で結末はこっちのほうが好き。
  ファーストよりも好きなのは主人公ガロードが
  ガンダムシリーズには珍しくいけいけなせいか。
  印象的なのは次回のセリフ予告。
  「月はでているか」「おさらばでございます」等。
 
 4)新世紀エヴァンゲリオン

  ガンダムXとは同じ時期に放映されていたんだけど
  人気、知名度とも こちらのほうがはるかに上で
  アニメ史だけでなくサブカルチャー史に残る名作となった。
  初めてみたのはビデオで。最初はアスカ萌えだったが
  最後はどうしようもなくレイ萌えになっていた。 

 5)銀河鉄道999

  基本的に松本零士が昔は私の「神」だった訳で。
  中でも各惑星での物語が毎回とても楽しみだった。
  鉄郎がかっこよくなる映画は私も好きじゃなかった。
  夏休みの宿題やってなくて、これが見れなくて
  母と喧嘩したことあったし。

ナウシカを除いてはロボットやSFものばかりになってしまったな(^^;
他にも「ゲッターロボ」「ゼロテスター」「うる星やつら」
   「めぞん一刻」「北斗の拳」あたりは入れたかったんだけど。

昔なんて「萌え」なんてのもロボット物で体験した訳で
現在の「萌え」粗製濫造路線はどうにかして欲しいと思うところ。

【Drama Baton】
Q1)コンピュータに入ってるドラマファイルの容量

  30GB。意外に少ない。DVDも100GBいってないと思う。

Q2)今、ハマってるドラマ
  
   最近の「ファイト」はつまんない。
  「瑠璃の島」もあんまり見れなかった。
  「あいくるしい」は結構見てました。
   
 今期は海猿」「電車男」「ドラゴン桜」に期待してます。 

3)最後に買ったDVD

ドラマは買おうとは思わないけど、
 「白い巨塔」と「日本沈没」は欲しい。

4)よく見る、または特別な思い入れのあるドラマ5作品

  1)日本沈没

   子供の頃、最初にハマったドラマですね。
   あんなちゃちな特撮でもワクワクしたものです。
   あとは「西遊記」とかも好きだった。 
 
  2)黄金の犬

基本的に犬ドラマは「ベンジー」「ラッシー」から
   好きだったんだけど、日本には犬を主役にしたドラマは
   少なかった。そんな中、この映画の後にドラマ化された
   ものは毎週楽しみに見てました。
   犬の帰巣本能は凄いなぁと。日高から東京までいろんな事件に
   巻き込まれながら帰って来るんだもんな。

  3)スクールウォーズ

この作品なくして、今のラグビー好きな自分はありえない。
 大映ドラマの中でも次に紹介する作品と並んで傑作中の傑作。
 しかも実話に基づいているところがいいんですよね。

  4)スチュワーデス物語

  「どじでのろまな亀」の堀ちえみさん主演の名作。
   今リメイクしてもこのタイトル使えないんですよね。
   多分「フライトアテンダント物語」というなんか
   堅苦しい感じになってしまう。
   山崎千里が結構好きでした。 
 
  5)白い巨塔

田宮二郎版もいいけど、平成のほうが圧倒的に魅力ある。
   法廷闘争よりも教授になるまでの日々のほうが
   面白いですね。


【Ramen baton】
Q1)何日おきにラーメン食べる?
カップ麺も含めて2~3日に一度は(^^;。

Q2)いま食べているラーメン
今は食べてない。小池さんや大崎さんじゃないんだから(^^;。

Q3)最後に食べたラーメン
先週2~3年ぶりにいった新宿「桂花」。

Q4)よく行く、または特別な思い入れのあるラーメン屋5軒

 (1)喜多方らーめん・坂内・小法師
   今はよくいかないけど、学生時代は飲んだ後
   よくいっていた店。「桂花」も新宿で飲んだ後にはよくいってた。
  チェーンはとにかくしょっぱい。麺が太い、チャーシュー多いが特徴。  
 喜多方の本店は久々にこの春にいってきました。

 (2)天下一品
   東京の池上しかない時代にいったのが初めて。
   その後、らもーぬオフで京都の北白川の本店に
   いってこんなにメニュー違うんだと実感。
   雰囲気は結構、雑だけど。
   今でも時々いきます。あの濃厚スープは好き。

 (3)新宿・武蔵
   「並ぶ」という点では今も最凶な店かもしれない。
   あの柚子風味と濃いサバブシ醤油スープ、自家製麺
   どれをとってもよく考えられた店だったのだが・・・
   最近はちょっとねぇ(^^;。 

 (4)一風堂
   よく銀座店にいきます。店員の応対が私が訪れた
   らーめん店の中では最高だと思います。
   ランチ100円でごはんおかわり自由、一口餃子が
   ついてくるのもいいです。白丸元味のほうが好き。

(5)ざぼんらーめん
   思い入れがあるといえば、学生時代、九州旅行で
   鹿児島の天文館で食べた、この店以上のところは無いんだけど。
   新宿の「ザボン」とは関係ない。あそこもネギラーメンはおいしい。
   野菜と麺とスープのコラボがほんとおいしかった。
   桜大根の浅漬けも置いてあったっけ。
   今天文館にはなくなってるって噂が。空港の近くにあるそう。

 なんか超ミーハー系ばかりになってしまいました。
 最近、探して市まで行きたい店って少ないんですよね。
 大崎さんのblogはたまに読んでるけど。
 二子玉川の鮎らーめんか赤坂見附の「リュウキュウアーユーを食べる会」くらいか。

baton渡す人? これ見てくれてるかなぁ。
Musicのほうは皆もう回答済みの方が多い。
まあ暇だったらどれでもいいから答えてみてください。

あすかぁ@瑞狂さん
瑞狂事務所総合受付(HPは不可なの?)

鹿島翼さん
かしまの道楽日記

ふーじんさん
枝葉末節

まさひこぼーいさん
日々東奔西走

komugichan moeさん
やんちゃな仔猫のやんちゃなblog

多忙で更新頻度が少ない人が多いので、恐らく繋がらないな・・(^^;。


【2005/06/29 01:01】 雑記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |
はぁ・・。
注*本日の日誌は時系列で書き足していきましたので散漫な文になっておりますが、お許しを。
・・って散漫な駄文はいつものことじゃないかって? (^^;(^^;(^^;。

9Rで28000円とかしてしまった。
テイオー産駒エプソムアルテマは頭まであると思ってたので
勝ちは順当。これでようやく2勝目。22戦も長かったなぁと。
いつもそこそこ人気になる馬だし、末甘いので福島ならと思ってただけに。
バンタムカーンはいらんよ。ほんと。最後に切ったのが
突っ込んでくるとは。切らなかったら36点か。
でも22万はおいしいよなぁ。
馬単なら的中してたのに、3連単にしたばっかりに(^^;

それにしても福島のTVパドックは酷いですね。
上から映して、あれはまったく用を成してないよ。
福島は芝張り替えてローラーで固めて早い馬場になってるようですが、
一開催なんで、来週から外がぎゅんぎゅん伸びるといったことはなさそう。
とにかく芝1200m以外は逃げ先行馬を買わないと始まらない。
逆に1200mは追い込み馬が狙えるといった感じ。
3連単買わずに、「馬単で逃げ先行馬狙い」が鉄則だな。

PATは怖い・・・といいつつ、残り全額宝塚に投票。
果たしてどうなることやら(^^;。
バルクは-16kg。菊花賞と同じ馬体重だけど果たして。
ビッグゴールドも球節炎休養前の馬体に戻ってしまった。

タップのパドックはいいなぁ。ゼンノも申し分なし。
ジャパンCと比較して-2kg減だけど、今回は調教ビシビシ頑張ってましたし。

バルクは元気ないなぁ。馬体自体は悪くないけど、絞りきった馬体減の影響か。
バルク落鉄キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! 。
なんか仕掛けしてるんじゃないだろうな。

ハーツクライは前がちょっとコズんでないか。現場じゃないので何ともいえんけど。
アドグル映せよ。切るかどうか悩んでるのに(^^;。
一番パドック状態が見たいんだが。スイープもね。

牝馬は夏負けしやすいし、春よりもフケになりやすい時期なのに。

福島テレビオープンは◎ミツアキサイレンス
          ○ロードフラッグ
          ▲シベリアンホーク
私のホッカイドウPOG馬であるミツアキ君を◎。60kgが心配だけど。
笠松馬、最後の騎乗となりそうな川原頑張れ!!。
人気のツルマルヨカニセは中舘で追い込みで蹴飛ばしでどうよ。

スプリングシオンが勝ってしまった。とんでもないな。
夏のデインヒル産駒は怖いけど、ここまで惨敗続きの馬が来るとは。
またも田中剛だよ。      

バルクはやっぱり押さえきれずにいってしまったなと。
うゲゲゲゲ、スイープ突っ込んできたよ。
ハーツクライも。
井崎脩五郎、完全的中。

恐れ入りました。


私は一日で9万負けてしまいました(T T)。
競馬始めて15年、一日の負け額としては最高です。
大体、競馬場には5万以上は持っていかないし。
宝塚でテイエムオペラオーの複勝10万円買った事あるけど
あの時はちゃんと+2万円つけて帰ってきたしな。

イクノディクタスのように2着づけはあると思ったけど、
まさか勝つなんて。井崎予想を生で見れる環境になってからというもの、
疑ってばかりですみませんです。
あの予想見た時点で3着付けでタップとロブロイ加えてれば170万円ゲットじゃん。
2着ハーツクライは予想はできたけど、まさか11-4の組み合わせはないよなぁ。
逃げの同型が揃ってタップがつぶれるシーンはありかもしれないと思ったけど
その時はゼンノロブロイがきっちり決めてくると思ったし。

今回は道中の展開の利がすべて。
追い込み有利って程でもなかったのに直線まで脚を殺してた
+4kg以上の2頭の追い込み馬がやってきましたとさ。
スイープに勝てなかったハーツクライの2着は道中の位置取りの差かと。

結局、ゼンノロブロイもタップダンスシチーもコスモバルクの犠牲で沈んだ今日の競馬でした。
バルクはハミをまた戻して、-16kgと絞りきった馬体で、落鉄。
もう勝負にならないなら、中央にこないで欲しいと初めて思ってしまった。
基本的に馬の能力だけでなく、騎手にも問題が大ありだと思うのだが。
ルメール早く帰って来いと(^^;。

ゼンノは4コーナーでバルクに下がられてきて行き場を失った不利によって犠牲に。

12.9 - 11.1 - 11.2 - 12.3 - 12.4 - 11.8 - 12.0 - 11.7 - 12.1 - 11.8 - 12.2
今回のラップタイム

上を見れば分かるんですが、テン5Fが59.9の4番手ですから、それ程ハイペースで
前にタップダンスシチーが引っ張られた訳でもないし
上がり3Fが36.1だから、普段なら差されないで粘れるタイム。
ただコーナーで緩んだ後の残り6F~3Fが高速になってしまったため、先頭を追撃して直線でへたれる。
結果的にそんなへんなところで脚を使ってしまったコスモバルクの影響を受けてしまった。

まあ佐々木晶三調教師は
「レースとしては理想的で、力は発揮しました。
もともとレースを自分からやめてしまうところのある馬なのですが、
今日はそれが出てしまいました。なんだか2年前の宝塚(3着)のようです。
強いところと弱いところ、両方をみせる馬なので、今日はその弱い面が出てしまいました」
走る気をなくしたというのは、馬に聞いて見ないことにはなんとも(^^;。

もう秋まで競馬やめます。PATなんてキライだ!!
まさに小清水=アネモネに萌えた後、

ジ・エンド


*これから2ヵ月はヌーヴェル出走、2歳新馬戦、競走馬の科学ネタ
ラフィアンネタ、競馬ニュース以外は扱わないことにします。
予想、結果レビューはやめます。
アニメ・ドラマ中心のブログになります。



【2005/06/26 15:03】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
祭りのあと。【7月ドラマ】の話題など
ここのところ「眞鍋かをりの妹」祭りは終わってアクセス数が落ち着いてきた。

眞鍋祭りの後は「ポカリスエット」が検索ワード1位だった
のに(まあ綾瀬はるか新CMが放映されてるしね)、
きょうは「海猿 国分太一」が1位。
そっかぁ、きょうだったっけ映画「海猿」のTV放映は。と思い出したけど、もう終わってた(爆)

昔は地元の海保大の学祭にも毎年のように遊びに行ってたし、
入学も一時は真剣に考えてただけに、楽しみなんです。このドラマ「海猿」は。
国分太一のNHKドラマのほうはキャスティングも原作の雰囲気に近かったけど
やはりNHKドラマということで内容に堅さがあったもんなぁ。
新聞記者の永作もよかったけど、新聞記者じゃなく、ファッション誌編集から
デザイナーになった加藤あいのほうがドラマ的には華やかになっていいのかも。
ドラマの展開を進める上では新聞記者のほうが簡単だけど。
舞台が第三管区(横浜)になってちょっと残念かも。
まあ九州や呉でロケするのってスタッフも出演者もきついだろうしね。
呉・倉橋島ロケっていうのは、私と高校大学が一緒の脚本家・
池端俊策(「あつもの」「優駿」「太平記」「協奏曲」でも有名)のドラマ「並木家の人々」で
やってはいるんですけどね。どうでもいいけど、そこまで拘るなら、
主題歌は甲斐よしひろではなく、わが高OBの浜省にして欲しかった。
関係ないが、上のロケ地に紹介されてた「悪霊島」ロケ地が
私がよく父と釣りに行ってた「豊島」だったのにはちょっと驚き。

しかし、規模が違うドラマで映画同様に海上保安庁全面協力ってのも凄いよな。
普通のドラマの何倍も制作費がかかってるらしい。
そこは「踊る大捜査線」のように来春の2作目映画で回収しようという魂胆か。

ポカリCMの綾瀬はるかも「あいくるしい」が今日で終わり。
神木隆之介君目当てで見始めた作品でしたが、綾瀬もほんとよかった。
平山あやなんかに「はるか17歳」やらせるのではなく、綾瀬にやらせば
よかったのに。あ、でも原作通りひんぬーじゃないからダメなのか(^^;
ホリプロの公式には平山あや B85 綾瀬はるかB88とありますが
平山はどう見てもそこまではないと(^^;。まあグラビアやってたのでハッタリだと思う。
キャベツ食べ続けてBカップからDカップに成長したと、かつて本人はいってたけど。

個人的には同じモーニングからドラマ化の「ドラゴン桜」のほうに期待しております。
阿部寛、またも弁護士役だよ(^^;。長澤まさみと山下智久ってコンビもいい。

田中麗奈主演で映画賞総なめにした作品のドラマ化、
がんばっていきまっしょい」も鈴木杏や相武紗季が出るので楽しみ。
ボート部ってことで夏を意識してきましたね。
ちゃんと松山、今治でロケしてるのが好感持てる。
でも標準語なんだろうなぁ。

きょうは「SW3」先々行上映でも見ようかなと思ってたんだけど
戦国自衛隊1549」も見てないし「電車男」も「Zガンダム」も見てないんだよなと。

電車男」は単純に私の一番好きなレイヤーさんの泉野明モデル
のポスターが部屋にはってあるらしいという情報を掴んだので。
ドラマ「電車男」のOPはボンズ制作のアニメになるらしい。
映画とのコラボもあったり、音楽は見た目ダサダサのサンボマスター
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!! は一般人募集と話題に事欠かない内容で早くもあおられまくってます。
これでコケたら大笑いなんだけど、映画も原作もヒットしてるしなぁ。

「Zガンダム」は今更だけど、カミーユの中の人(飛田さん)って「くりぃむれもん」の
兄貴ヒロシの中の人と同一人物だって事を覚えてる人は、どれくらいいるんでしょうか?
多分、私の年代くらいの人間にしかわからん(^^;。
そんな飛田さんも今や「ちびまる子ちゃん」のたまちゃんのカメラマニアな父親役です。

まあ飛田さんはZのカミーユになる半年前にはヒロシの声を
やってたことになるんですが、「キャプテン翼」の若島津君で
すでにブレイクしてたので、下積み仕事かというと微妙です。
昔の映画監督のように、エロ下積みから今日の地位を築いていった声優さんも
かつてはそこそこいたのは事実です。川上とも子とか大谷育江なんかも
結構出てるんだよな。エロアニメ(^^;。
今はかなり専門特化してきてますけどね。

更にどうでもいいけど、「エルフェンリート」の処女手こと角沢教授の助手
「荒川」の声は石原絵理子だったって事に先日ようやく気づきました。
今現在そのせいで「痴女手」などと呼ばれてサンザンです。

どうも「ねじまき鳥のクロニクル」のセクース描写など読んだりしてると
頭の指向が危ない方向に流れて行ってるみたいなので
これくらいでやめておいて

きょうの馬券結果を。
1000円投資で910円回収でした。
はい「馬券道場」だけなんですよ。
一開催でどのようにしたら8000円の儲けという数値を
クリアできるかと思ったら、先週のように堅い配当を狙ってたのでは、
達成できないので、中穴に徹しようとしてこの結果。

函館8~12Rで8Rのレコンパンス単複的中。
 9Rはニシノグレードワンで失敗。
 10Rはトウカイハッスルの単にしようかと思いつつも
 結局、堅実そうな配当(実際190円だった)を嫌って
 マイネルアエラスの複勝にいって失敗。
 道中の行き脚はよかったんですけどね。中央での2勝目は遠そう(^^;
 メインレースの大沼Sはトップハンデのアンドゥオールの複勝。
 これは的中したけど、私が買った時は3.2倍はついてたのに
 2.1倍に。カフェオリンポスがあまりにも人気無いので気になってたんですけどね。
 
 なんで福島ではなく函館にしたかというと、最終レースに
 ホーマンウイナーが出ていたから。ここは複勝とか逃げに走らず
 単勝200円勝負。しかし結果は3着。ミスターケビンは狙える馬
 でしたが、配当低かったしなぁ。
 きょうの後半はデザーモが3勝、2着1回とまさに神状態でした。
 平坦、小回り、出たとこ勝負ってデザーモの最も得意とするところなんでしょうね。
 きょうはトータル4勝でした。

 ユメロマン3着かぁ。ダンツァはようやく勝ちましたね。

★きょうはやたら都庁が出てきたな(^^;。
 ネクサス最終回と「ファイト」。
 「ファイト」でやっぱりパンダのぬいぐるみの中に
 入ってたのは、緒方直人だった(^^;
 ネクサスはアンノウンハンドとの直接対決。
 平成ならアグルVガイア、昔ならニセウルトラマンとの対決みたいなもんか。

★種デス、デュランダルがいうことはもっともだと思う。
 ああいう圧倒的な力を持ちながら、掻き回すだけしか能が無い
 キラを討てというのは。
 視聴者も嫁の意図的な脚本にまんまと乗せられてしまったということか。

 でもなぁ、デストロイの破壊映像とたったあれくらいの
 演説で、世界中で「ロゴスを倒せ」暴動が起きる世界ってのも、安易過ぎるよと。
 組織的な統制が取れてない民衆の都市ゲリラほど
 鎮圧の容易なものはないと思うのに。
 でもそこら中ゲリラ乱立状態なのかも。

 しかしアスランはメイリンに助けを求めてグフで脱走かよ。
 まあレジェンドじゃなく、インフィニットに乗るようになるだろうから仕方ないけど。 

 ルナマリアの妹への嫉妬の炎がメラメラと燃え上がりそう(^^;。
 まさかメイリンがシャワー要員になるとは思っても見なかったぞ。

 「ラクス、黒いよ、ラクス。」
結局ストフリもインフィニットも彼女の命で密かに開発されてるんじゃないかと。
 ラクスが表に登場すると、今後のミーアの処遇がほんと気になるところです。

 第4期OP&EDはケミストリーとSee Sawだそうで。
 ケミストリーは声優参加の噂も。ガノタは音楽界にも多いんですね。
 個人的にはGacktあたりに出てもらいたいものですが。

★ドイツVSブラジル見てます。
やっぱりカナリア軍団は日本戦とは気合の入り方が違う。
今ロナウジーニョが決めました。
 アドリアーノは凄すぎる。

★「sakusaku」からペパーとともに増田ジゴロウが消えるそうで、
 ある意味「極上生徒会」からブッチャンが消えたら・・
 なんて事以上の衝撃かと思われます。
 キャラクタービジネス絡みのトラブルが原因のようです。
 カエラはどう思ってるんだろう。

★「げんしけん」6巻の同人誌付限定本、アキバで売り切れ続出だそうだけど
 銀座・地下鉄の某書店で山積みになってたよ。
 斑目も卒業ってことで、女同人界こそ面白いってことか・・。
 
 新歓コンパで酔って「くじアン」歌ってた「にょ」が語尾につく
 わがままキモ男朽木君は、石田彰だったんだねと、先日久々に見てて気づく。
 最近はアスランといい、ルーク・スカイウォーカーの
 吹き替えといい正統派主人公キャラが多いけど、
 元々、ホモ男wやキモ男wや「陰のあるキャラ」をやらせたら
 この人の右に出る人はいないということを再認識したのだった。



【2005/06/26 06:59】 雑記 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |
コンフェデ杯、夏のビールパーティ、新譜、タロウとマックス、エマの魅力など
昨日は書こうと思ったのだけど疲れてたので早く寝てしまった。

コンフェデレーションズカップのブラジル戦は
朝4:00に目が覚めたので1-1の前半途中から見ました。
視聴率11%ってあの時間では驚異的ですよね。

ということで幻のゴール見てません。あれオフサイド取られなかったら、
日本が勝ってたとおもうと残念でした。

でもボールはやっぱりブラジルにいいように支配されてたなぁと。
特に前半は、ブラジルが時間稼ぎ気味に後ろのほうで回してたりして。
あとパスが通らないし、ドリブルもカットできないってのは
やっぱり個人的能力差なのか。
今回は結構、ギリシア戦以上に中盤は機能してたとは思うのだけど。
ホント、中村俊輔は仕事しましたよねぇ。
マンオブザマッチに選ばれましたし、あのシュートは凄かった。
大黒もいつもよくやってくれてると思う。もうスーパーサブじゃない、
日本のエースストライカーだよ。平山がA代表に入る頃にはすっかり大将格だろう。

珍しく無知なのを承知でサッカーを語ってしまいましたが、
これからは別の話。

★いよいよ甲子園の予選も近づいてきて、また夏のビールパーティのお誘いを受けました。
ここ2年恒例になった友人宅で夏の甲子園を見ながらビールを飲むという集まりです。
今年から先輩達の間で行われてる地区予選の予想大会にも
参加する予定?なので、結構予選も楽しみなんですね。

そのパーティー、今年もひたちなかの前日となってしまいました。
またへろへろなまま、ライブにいって踊りまくるのかと
正直体力が心配なんだけど。サンボマスターの頃には目がパッチリなんだろうか。
去年のGOING UNDER GROUNDはビールパーティから徹夜明けで寝転がって聞いてましたけどね(^^;。
それが屋外ライヴのいいところ。

さてその友人は旅行会社に勤めてるのだけど、出張で昨日から
アラスカにいってるそうで蒸し暑い日本脱出して、羨ましい限りです。
まあ来週水曜日に帰って来るそうだけど。
おみやげに「熊カレー」をお願いしておきました(^^;・・・って。
そんなベタな。キングサーモン買ってきてもらっても困るし(^^;。

★きょうはエクウスの帰りにHMVに寄って新譜聞いてきました。
 買ってきました。じゃないのが冷静なところ。
 ただきょう聞いたOasisの「Don't believe the truth」は
やっぱり買わなきゃだわと。ほんと傑作でした。
 月並みだけど「Let there be love」はよかった。
 コミケやめて千葉マリン(サマソニ)に行きたくなるくらい。

 Jamiro quaiのdynamiteもよかったけど、Foo Fighters
「In your honor」もかなりよかった。
 特にジョン・ポール・ジョーンズとノラ・ジョーンズが
 加わったアコーステイックデイスクの方が。
 「Virginia Moon」最高!!。

 SINGER SONGERの「初花凛々」もかなりいい作品。
 「ばらいろポップ」が発売されたら、買うかも。
  サザンはシングルコレクション出して、坂本龍一は映画の新譜が出るみたいです。
  ミスチルは「四次元」出しましたし。
  ひたちなかに向けて、参加アーティストはいろんな動きしてますね。

★そんなHMVで見つけたイベント。7/3の「ウルトラマンタロウDVD」発売記念イベント。
 ペギー葉山がやってくるそうで。かなりマニアックだなぁと。
 なぜに篠田三郎(東光太郎)じゃなくてウルトラの母なのかと。
 更にマックスの青山草太が来るようで。
 なぜに、旧ウルトラにも出た黒部進や桜井浩子じゃないのかと。

 そんなマックスですが見た目ほんとセブンそっくりですよね。
 監督が金子修介が初回、2回は撮っててやたら気合はいってるようで。
 でも一話は怪獣2体出てきてほとんど新マンみたいだし、
 二話は新・エレキングだし(^^;。
 しかし、ネクサスがマジブルーだった分、楽しみなんです(^^;。
 ・・・ということで、ガンダムSEED DESTINYにしても父親世代のオリジンファン狙いに
 グフやドム出してくるし、最近のアニメや特撮は「大きなお友達」をいかにして
 取り込んでDVDを買わせるかということに必死なようです。
 
★昨日は9時くらいに寝て、きょうも4時前に起きるという
 健康的な生活。朝起きて、たまってた「エマ」を2話分見終わりました。
 先々週は見ながら別の記事書いてたので、よく内容把握してなかったんだけど
 きょうじっくり見て「エマ」の境遇に涙があふれてきました。
 コヴェントガーデンの花売りって事で「マイフェアレディ」的な話ではあるんだけど、
 別にケリーがヒギンズのようなわけでもなく、大事に育てられるところがいい。 
 まあピカリングも兼ねてたってことか。
こういう展開は昔の「世界名作劇場」などにはよくあったのだけど、最近では珍しい。
 
 汽車を追いかけるエンディングはパターンではあるけど、
 エマが飛び降りたりせず、そのままいってしまうのも切なかった。
 花売りのスズランで2人は繋がっているところとか、
 かつてエマが花売りで生計を立ててたこととかが重なって
 もう涙が止まりませんでした。

 もう「エルフェンリート」とか立ち読みしてる場合じゃないよと。
 エレノア=にゅうなんだけどね(^^;。小林沙苗ってほんと幅広いよなぁ。映画の吹替えもやってるし。

 「エマ」全巻を新刊でそろえなきゃだわ。
 エマ読本もブックオフに売ってたので買おうかと。
 時代設定が微妙にわからんのよねぇ。
 19世紀末ってことだけど。労働党が出来る少し前で
 労働者階級の地位も向上して、ジェントリも一部没落し始める頃だし。
 エマ放送協会聞かなきゃ。 



【2005/06/25 00:33】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
エクウス・宝塚記念予想
赤本まつり以来になるのかな。エクウスいってきました。
今年の宝塚は一騎打ちムードで、予想を聞きに行くまでも無いかと思ったのだけどね。
コンパニオンの制服も夏服に変わって涼しげになってました。

さて、きょうはそんなコンパニオンと対照的な
競馬界きってのコワモテのお二人がゲストで司会は
グリーンチャンネルEASTの土曜午前中の司会者・長谷川雄啓さん。
hasegawa.jpg

そのコワモテのお二人とは、競馬評論家の古川幸弘さんと
馬三郎の弥永明郎さん。メッシュ入ってるほうが弥永さんです。
お二人ともエクウス初登場です。
古川さんって35年勤めた「勝馬」やめて、今は「七騎の会」の人だそうで。
弥永さんも「ダービーニュース」から「ホースニュース馬」へ移り、
「馬三郎」創刊に伴い移ったという渡り鳥な方です。
furuyanaga.jpg

きょうはいきなり最初から印をつけたものを出してくれました。
takarazukayoso.jpg


なんと弥永さんは、ゼンノロブロイ、タップダンスシチー斬りでリンカーン本命。
古川さんは◎タップ ○ゼンノという対照的な手堅い予想。

枠順についてはコスモバルクが外をひいてくれれば
面白かったと弥永氏。いく馬はコスモバルクだと。
外枠だったらぐちゃぐちゃになってたのにと。

田部調教師は「3番手に控える」といってますが、結果的に
押さえが利かずかかってハナに立つのではないかと。

タップダンスシチーの不安点は
8歳馬(旧9歳)でG1勝った馬はいない(オフサイドトラップは旧8歳だったっけ)、
宝塚記念を連覇した馬はいないということ。
調教は順調にいって高評価。
めちゃめちゃ動くほうでないのだけど、昨年と比較すると
今年の方が上がり1Fも、全体の調教タイムも早くなっていて
今回も金鯱賞とほぼ同じタイムの最終追いきりでした。
佐々木調教師のいうように8歳にしてピークを迎えている感じです。

一方のゼンノロブロイはG1を4連勝した馬はいないということ。
調教診断では藤沢厩舎にしてはびっしり追ってきたという事。
具合が悪くて追ったのか、それとも絶対勝ちたいと思って追ってきたのかどちらなのか?
私は馬主追悼競馬ということもあり、後者だと思ってるのですが、
弥永さんの見解はおそらく無印ってとからも前者。
先々週の動きが悪くて、その分気合をつけて先週、今週とびっしりやって普通の状態になったと。

昨年3連勝した時は天皇賞は5F南芝不良72.5、
JC南芝稍重64.9、有馬南芝69.8というタイム、
今回は、南芝・馬なりながら61.3。

京都大賞典の1週前に62.3というタイムを出して馬がカリカリし始めて、
その後はあまりやらないようにしたら3連勝できたということだったのだが。

今年は5.25に63.2というタイムで、その後、坂路、ウッドで
70秒前後で追い切り、先週、今週と結構ムチを入れてのハードな追い切りでした。

史上初のG14連覇に向けての決意として、本気にハードにやったことで当日
入れ込まないかどうかそれが心配ですので、パドックを見てから馬券買います。

robroytaprace02.jpg

昨年の有馬記念、2頭馬体を併せて追い比べの直線。

弥永氏の本命のリンカーンですけど、久々でも好仕上がり。
かつてタップダンスシチーやゼンノロブロイを押さえてる馬は
この馬しかいないとのことらしい。

古川氏△、弥永氏○のハーツクライは展開有利で、まぎれが
あれば追い込み馬が突っ込んでくるという発想から。

コスモバルクやボーンキングは終わった馬として扱われてましたし、
バルクは結局いかせたいようにいかせればいいんじゃないかとの見解。
無理に抑えるようになって成績が上がらなくなっているので。
追い切りは抜群とのスポーツ紙の記事やデビュー以来最高の状態
などとのコメントもありましたが、
前半11秒台で飛ばしすぎて、最後は13秒というバタバタになっているというダメなパターン。
やっぱり香港でもそうでしたけど、押さえが利かなくなってる状態に戻ってるようです。

アドマイヤグルーヴやスティルインラブもこのメンバーだと連はないとのこと。

私の予想は
◎ゼンノロブロイ
○タップダンスシチー
▲トウショウナイト
△ハーツクライ
△シルクフェイマス
△コスモバルク
△スイープトウショウ

結果的にオペレート馬券派的な予想で
ゼンノロブロイを上にしましたけど、力量差はほぼ互角。
調整過程もレース使った分、タップダンスシチーのほうがいいように見えるけど
今回の藤沢厩舎は今までに無い決意で臨んで来てるようなので。
あとタップは同型が2頭揃ったのが、目標にされるので結構苦しい。
こんな逃げ先行馬が揃うと、追い込み馬有利だけど、
阪神は直線短いし、逃げ馬のタップの上がりに勝てる追い込み馬がいないので、
目標にはされるけど、前走の反動もなく、状態もいいので、
惨敗もなさそうというところで○。

ただ、ロブロイが勝ったとしても反動で秋はダメかも・・・
という以前に天皇賞(秋)くらいしかチャンスはないしね。
ここで全力尽くすのは、いい決断だと思う。
JC、有馬にディープインパクトが出てくるとしたら勝ちそうだし。
ディープは兄弟に比べて馬体が小さく出た結果、故障しにくい馬だと思うし。

買うとしたら連単か、3連単2頭軸で。
トウョウナイトは雨が降るといいんだけどなぁ。晴れ予報だし。
あとは前走のような出遅れが無いのを祈るだけ。
今回は天皇賞、穴で狙ったピッグゴールドは、同型が強力なので
厳しいと見ています。
スイープトウショウは弥永さんもいってたけど、展開がはまれば怖いです。


【2005/06/24 23:18】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
久々のアニメレビュー【エルフェンリート】
3週間も間が開くと正直何かいていいのかわからなくなります。

光希桃 Anime Stationさんの感想率調査が発表されました。

上位サイトで視聴継続してるのは1位のエウレカセブン
2位のって書いてると長くなるんで、5位のまほらばと
9位のふしぎ星のふたご姫、10位のエレメンタルジェレイドは
見てないってことだけ伝えておこう。

今「ねじまき鳥のクロニクル 予言する鳥編」を読んでるのだけど
昨日クラゲが嫌いな主人公の話を読んだ後、「ディープブルー」で深海の電気クラゲを
見てたら、何で嫌がるのかなぁと思ったり、綿谷ノボルの演説と
デュランダル議長の演説は通じることがあるなと思ったりと
まあいろんな繋がりがあって楽しいです。

今期、力を入れて見ていた作品は
1位【交響詩篇エウレカセブン】
2位【エルフェンリート】の2作で
--------------------------------------------
あと順位は3位【英国恋物語エマ】
     4位【ガンダムSEED DESTINY】
     5位【アニメ魂 こみっくパーティーrevolution】
     6位【魔法先生ネギま!】
     7位【極上生徒会】
     8位【ハチミツとクローバー】
     9位【ギャラリーフェイク 】
     10位【フタコイオルタナティヴ】

他【いちご100%】【焼きたて!!ジャぱん】【スピードグラファー】
【創聖のアクエリオン】【GGGファイナル】【こいこい7】
【ツバサ・クロニクル】【MONSTER】【ミルモでポンちゃあみんぐ】【ケロロ軍曹】
【BLEACH】【ふたりはプリキュアMax Heart】【金色のガッシュペル】【ドラえもん】
あたりは見たり見なかったりです。

エウレカはともかく、再放送でカットされまくりの
【エルフェンリート】がなぜ好きかといわれても説明しにくいところです。
親愛なるジョン様にも結構きついこといわれています
一般的にはストーリーが酷くて、評価がかなり低い作品ですし、電波系と
サンザン2chなどでは漫画がけなされてきましたから。
声優の配置が微妙に好きというか、ネギまを超えて
一番といえるかもしれないところ、音楽のよさ、エログロ、
鎌倉が舞台、原作者の名前が(^^;・・と上げるとキリが無い。

声優の考察については、こちらのサイトが詳しいんで読んでみてください。

音楽については、先日グレゴリオ聖歌の歌詞から取られたという
「LILIUM」の歌詞を解説してくれたサイトを発見し感動しました。

「LILIUM」はラテン語詞のままで歌われてるってのは
なんとなく感じてたけど「白百合」のことでしたか。

「パッション」が吹き替えナシ、字幕も指定。
アラム語とラテン語で制作されたというのは知ってたけど、
たかがアニメでラテン語とか使われると、ちょっと凄いなぁと。
ネギまの呪文はラテン語だし、アクエリオンの「オムナ・マグニ」の詞もそうなんじゃないかなと。
あれ歌ってる娘って「ツバサ・クロニクル」のさくらの中の人なんだって事を知って更に驚き。
現役音大生らしい。
ちなみに「ラーゼフォン」はエスペラント語でしたけどね。

------------------------------------------------------
【追記 6/22】
書いたのがまた消えてしまいました(^^;。
ついてないことばかりです。
弁当は引っくり返して床に落とすし、グラグラしてた椅子の背もたれは壊れるし。
傘は先週、1本お気に入りの奴が盗まれたのですが、きょうは電車の中に忘れました。

「エルフェンリート」をブックオフで立ち読み2時間もしたのが
まずかったのでしょうか。2時間で2回店員が本の整理にやってきました。
7巻を読み終わりそうなところでしたので、足元の引き出しを開けて整理を始める店員の攻撃に
耐え、何とかアニメ13話分の1~7を一気に読み終えました。
オムツ女ノゾミのエピソードを除けば、結構原作に忠実なんだなってことがわかりました。
ヤンジャンでは飛び飛びでしか読んでなかったので、アニメを見始めるまではイマイチ話を
把握してなかったんですよね。ただグロ描写と萌え要素満載の
キャラが凄い電波系アクションSFとしか認識してなかったもので。

帰ってから「アニメTV」の昨年の「エルフェンリート」開始前の声優のトーク見ました。
結構、内容がハードなわりに和気藹々としているなぁと。
能登と小林の間に鈴木千尋が入ってうまくまとめるという。
この作品はやっぱり小林沙苗の声色の使い分けのうまさが顕著に出ていて、
シャイ系な萌えボイス専門の能登とは対照的ですね。
一時期、小林沙苗は週12本も出てたこと合ったし。
-----------------------------------------------------------------------------
【10話 嬰児 SAEUGLING】
脚本:吉岡たかを
絵コンテ・演出:大西景介
作監:服部憲知

【あらすじ】
マユに連れられて楓荘にナナが戻り、再びルーシーと
対峙するがルーシーは「その程度か」と攻撃後、
マユの「もう、やめて」でにゅうに戻り、戦意を挫かれる。

腹ヘリまくってたナナは少しだけといいつつもご飯をおかわりしまくり、
宿無しナナはマユによって強引に楓荘に厄介になることに。

蔵間室長過去編。角沢教授と共にディクロニウスを研究、
ベクターウィルスに感染し、娘がディクロニウスになる。

【感想】
話題の作画が低調な回。でも意識するほどでもなかった。
ナナににゅうが茶碗を差し出すシーンは萌えるし、
お札に襲われる夢やたこウインナーに感激するシーンもいい。
こういうほのぼのした幸せが続けばいいのだけど・・・(^^;。

人類の起源を見たくないかという角沢の言葉に誘われ
うさんくさい国家プロジェクトに加わることになった蔵間。
なんかエヴァの冬月、ゲンドウみたいな感じだな。
非人道的な真似をしたくないといいつつ、ディクロニウスの怖さを知る。

蔵間、3番のベクターに感染。「私お礼がしたくて、ありがとう」といい、
3番、鉄甲弾に倒れる。
別の研究員にディクロニウスが生まれて、処分を迫る蔵間。
彼にも娘が生まれるが、その子に角が生えてるのをきづいて
3番の言葉の真意を知る。
ここでLILIUMを使うのはあざといけど、うまいよなぁ。
子供を殺す事を決断して、母は抵抗し、傷口が開いて出血多量で死亡。

このままだと角沢長官の野望は結局、謎のまま終わるんだろうな。
人類の世界を滅ぼそうとする存在なのに(^^;。

斉藤登場。無邪気に35番に「お母さん」と呼ばれるのを喜んでるけど(^^;。

【11話 錯綜 VERMISCHUNG】
脚本:吉岡たかを
絵コンテ:あべたつや
演出:草川啓造
作監:武藤枝闇・阿部達也

【あらすじ】

ナナの抹殺とルーシー捕獲の為、35番のディクロニウス
「マリコ」を解放。

親代わりだった女性研究員・斉藤の言うことも聞かずマリコは惨殺。
しかし、マリコに埋め込まれた爆弾で脅し言うことを聞かせる。
室長は研究所を抜け出し坂東に接触、35番を殺すことを
依頼する。

ナナは楓荘で幸せに包まれ平穏な日々を手にするが、
マリコの接近を感知し、マユたちに迷惑をかけまいと、楓荘を出て、マリコを迎え撃つ。

【感想】
斉藤あぼーん(^^; 山本麻里安は如月といい、これから明らかに
されるカナエといい、
あぼーんキャラ専用声優なのか。

とりあえず26本、射程11mのベクターを持つマリコの凄さはわかった。

お風呂に入ってないの何日目だろうという荒川。
石原絵理子のAVとは違う、研究者のお姉演技に萌え。
ファンの間では腐助手→処女手→痴女手と呼び名が変わるんだが。
結構、漫画では重要なキャラ。残虐な「黒帽子の男」と
エロ奴隷をかけて、ルーシー捜索に乗り出すし。

無邪気にアイスで喜ぶナナ、お風呂に喜ぶナナには萌える。
松岡由貴でこれほど萌えられるキャラがかつていただろうか。こ「これ、ワン太って生き物なんだよねぇ。」・・って(^^;。

にゅうが髪を切ってカナエになるシーンは原作と同じだけど、
ここで持ってくるか。「な、な、泣くなコウタ」のセリフに萌える。
更に「カナエ、許す、コウタ許す」に激萌え。
ここでも過去の事件について、思い出さないコウタ。

にゅうとコウタの関係にちょっと嫉妬気味に悲しくなるユカ。
コウタの過去を覚えてるユカは、過去を事件のショックで
忘れてしまったコウタとはイマイチ進んだ関係に踏み切れないんだよなと。

警視庁特別訓練という名目で江ノ島封鎖でマリコの前にナナが。
先制ベクター攻撃に脚がふっとんで次回へ。

【12話 泥濘 TAUMELN】
脚本:吉岡たかを
絵コンテ・演出:渡辺純央
作監:深澤学・服部憲知・細山正樹・森田実

【あらすじ】
Aパート
江ノ島大橋でマリコVSナナ、マリコに一方的に弄ばれるナナ。
コウタ、ボロボロにされたナナの元に到着。
最後の抵抗でナナはマリコのベクターを使用不能にした後、
海へ放りおとされる。遅れてにゅう現場に到着。

コウタに近づこうとした秘書・白河を、目覚めたルーシーが
真っ二つにしたショックでコウタは全ての過去を思い出す。

Bパート
コウタ回想シーン。
夏祭りでコウタとユカの姿を見て、裏切られたショックで
人を惨殺するルーシー。
江ノ電の極楽寺駅でコウタとユカはひと夏のお別れ。
そんなコウタとユカの関係に妹のカナエは嫉妬。
結局、見送りに来てくれなかったルーシーに残念そうなコウタ。

ルーシーが人を殺した現場を目撃したカナエは、
コウタとユカの関係にまだむくれた様子で
「おにぃちゃんのアホ、おにいちゃんなんか角の生えた女の子に
殺されえちゃえ」と。
「お祭りで見たんだもん。角の生えた女の子がいっぺんに皆
殺したんだから」と。しかしその言葉が信じられず、カナエに
「へんなこというな、そうやって嘘をつく奴は嫌いだ」と。

その電車の中で、カナエとルーシーが遭遇。
ルーシーを突き飛ばして、「お兄ちゃん早く逃げなきゃ」とコウタに迫る。
しかし、コウタはカナエに「そんな事をいう奴は嫌いだ」といって殴ってしまう。
その直後、カナエはルーシーに胴を真っ二つ、どうしたとやってきた父親も首をもがれ惨殺。

【感想】
江ノ島で再び大虐殺。
ルーシーは隣の橋に跳び移る行動は
車道「江ノ島大橋」と歩道「江ノ島弁天橋」の特性をいかした演出。
ルーシーがコウタを守ろうとした事だけでなく、過去の清算という意味でも。

回想は9話のバンク(使い回し)が多いけど
動物園でキリンやゾウに喜びまくる幼いルーシーのシーンに萌え。
ルーシーがナナになったかと思ったくらいのはしゃぎよう。
水遊びにしても原作に忠実だけど、最初は動物園に行くことにも冷めてたんだよね。

そしてLILIUM。これは原作にないわけで。
「エルフェンリート」をノゾミと歌ったりするシーンがない分
LILIUMを効果的に使っている。

「貝殻いーっぱい拾ったよ。」っていうカナエ。
かわいい絵もいいけど、山本麻里安、素晴らしすぎ。
これが形見になるんだけど。にゅうに壊されちゃうんだよね。

電車シーンはこれは江ノ電だけど、原作は違う感じ。
原作は昔の湘南色のボックスシートのJR電車っぽい。
これから上野で北斗星に乗ってとかいってたし。
江ノ電で通路を挟んで向かい合うロングシートのほうが
移動もしやすく演出効果は高いよね。

「やだ、お兄ちゃん、カナエのこと嫌いにならないで」と涙を流していった後
惨殺されるシーンには、あまりの惨さと山本麻里安の演技に萌え。

何いってんだ、友達だから殺さなかったんだ」というルーシー。
これも原作通り。知らずに見たら、なんだこの酷い脚本はと
思ってしまうんだけど、原作が非情なセリフのオンパレードなので仕方ない。

「次はあの女だな」の後、飛び掛るコウタも原作通り。


【13話 不還 ERLEUCHTUNG】
脚本:吉岡たかを
絵コンテ・演出:神戸守
作監:きしもとせいじ
作監補佐:武藤技闇

【あらすじ】
Aパート
ナナと蔵間再会。
ルーシVS坂東はあっさりとルーシーの勝利。
マユにコウタの悲しい過去の打ち明け話をするユカ。
ベクターが出なくても35番にまだ使い道はあるはずだと
角沢長官。
マリコ、ベクター復活。
ルーシーVSマリコはマリコの勝利。
蔵間とマリコ、対面。「お父さん、マリコ会いたかった」と
いうマリコに銃を向ける、父・蔵間。
「やっと会えたのに、お父さん。」と泣き出すマリコ。
「私は多くの人の子を殺しておきながら、自分の娘とあるというだけでお前を生かし
続けてきた、悪いのはすべてこの私だ」
「だったらマリコ、辛い思いをしてなんのために生きてきたの」
「あぶないよ。パパ逃げたほうがいいよ」とナナ。
「どうして、そのお姉ゃんがパパっていうの。マリコをひとりぼっちにしておいたのに、どうしてよ」
とベクターでナナを攻撃するマリコ。
「ねぇお父さん、そのお姉ちゃんが死んだほうが悲しい?
答えられないなら試してあげるね」
 「こないで、こないでよ」とマリコ。
「ぬくもりも愛情も何もかも奪ってしまったのは私だ。
マリコ、お前のことは片時も忘れたことなどなかった」と蔵間。
「これからはずっと一緒だ」と。「いつでもいい」と指示を出し自爆の決意。
「マリコ、お前に会ったらこれだけは言っておきたかった
 お前のお母さんは最後までお前を愛していた。
 私達は本当にお前を愛していた」と涙を流す蔵間。
 そして・・・・。いやだよ、そんなのパパ~とナナ。

Bパート
ルーシーがナナに銃を向け自爆させた研究員を始末。
「あの~そろそろお風呂に入っても」と荒川。
「計画はすべて始まったばかりだあせることはない」と角沢長官。そしてかつらを取ると
ディクロニウスの姿が。

「私は人間を滅ぼすために生まれてきた、5年だ5年もあれば
生まれてきた子供の大半をわれわれの仲間に出来る。
だが、世界がそうなったらお前も生きていないだろう。
コウタはこの地獄の中で私の間にふいに現れた束の間の夢だ
お前と出会ったあの日々だけが私の・・・。
ずっとずっとコウタにあやまりたかった。
私はただ、それだけのためにずっと耐えて生き延びてきた」と
ルーシー。そして去ろうとすルーシーを止めるコウタ。

「いくな」「なぜだ、私はお前の家族を」「わからないよ」
「父さんを殺した君をオレはゆるせない。でもでもまた君が
人を傷つけたら、おれはまたきっとずつといつまでも後悔するから。
子供のときの寂しそうな女の子もにゅうもおれは大好きだから」
とお別れのキス。幼い頃の思い出のシーン。

「何もかも忘れてただコウタのそばにいたかった。
悲しい思いをたくさんさせてしまってごめんなさい。」
「君だって、君だって、さあ、たくさん悲しい思い、してきたんじゃないのか?」と抱擁。

「帰らなくちゃみんなのお家に」とナナ
SATvsルーシー。一斉射撃で角が折れるルーシー。

そして日常が戻った楓荘のエンディング。
貝殻を見つめるコウタ。そうめんを食べるナナ達。
「素敵なことがいっぱいあるのに、こんなにいっぱい」と
マリコやルーシーを思い出し涙するナナ。
ワンタが咆え、「あれ、お客さんかな」と庭に出るコウタ。
LILIUMのオルゴールが止まり、玄関にシルエット。
突然動き出す柱時計。

【感想】
ジョン様が「最終回に至ってようやく誰もが自分の感情を
積極的に表すようになるのですが、視聴者がより心情的な
レヴェルでこの人たちに思い入れるようにするには
もっと早い時期にそこまで話が進んでいなくては
いけなかったと思います。」

と書かれてて、確かに原作と違った終着点に持っていくために
無理やりキャラに心情を語らせるといった感じの最終回でしたが、
アニメオンリーの視聴者を捕まえるためには早くにそうした
心情的に共感できるような話があればよかったかといえば
私はそうではなくて、ここまでとっておいて正解だと思います。

尺が短いために話の核心である、角沢長官の野望が
これから始まるのだとかつらを取って角を見せたシーンしか
なかったのが残念でならないところです。
また、冒頭で坂東があっさりとルーシーにやられてしまってるところは
原作ファンとしては残念ですが、引っ張るわけにもいかなかったようです。

原作は蔵間とマリコがあんなに語り合う場面もなく、
ルーシーにあっさり腕や脚をやられてしまうんだけど
アニメでは埋め込まれた爆弾によって、蔵間とマリコは心中という結末。
救いが無い終わり方の中にも本来はディクロニウスと人間では
ありえない親子の感情が描かれていてよかった。

そしてルーシーとコウタも親と妹を殺されてもなおも許すという
ルーシーの贖罪意識の更に上を行く、ルーシーの悲しみまで
理解しようとするせつない結末。

楓荘に戻ってきた静かな日常、門の外のルーシーらしきシルエット、
そしてオルゴールが止まり、止まっていた柱時計が動き出すという、視聴者に余韻を与え、
含みを持たせた合格点の最終回だったと思います。
こういう着地点を見つけたことで、続編などは作られないと
思いますが、「通り雨にて」は見ておきたいなと。

★夏で暇だし、鎌倉・江ノ島のロケ地めぐりしてこようかな。
昔エヴァのロケ地めぐりしてたら、ロープウェーで若い男が
一人で失恋旅行かと思われたらしく、女子高生達に笑われてた
経験があるけど、箱根に一人でいくのが何が悪いと思ったのだった。

★最近は「ひぐらしの鳴く頃に」のロケ地めぐりが
 エロゲヲタサイトでは流行らしい。
 「エルフェンリート」は好きでも、私はああいう閉鎖的な
 ムラ社会の物語は、かなり苦手。まだ「SNOW」の龍神村みたいならいいんだけど。
 


【2005/06/22 00:53】 アニメ・特撮 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
パドックでの馬の見方~脚下編
競馬ブログでトップ2の【自慢じゃないが私は競馬で喰っている】と
京大式SP指数/久保和功vsカリスマ馬券師赤木一騎】に共通することは
豊富な経験とパドックでの馬を見る眼にあるのだと思う。
勿論、前者は現役TMであり、後者は京大生はともかく、赤木氏といえば私の知人が社長を
つとめているJRDBの創始者でもあり、今は無き関西で異彩を放っていた専門紙「競馬サイエンス」
の創業者でもあった人である。

某三流騎手のパドック解説、私もテレビ見てよく笑わせてもらってます。
アンカツの駄騎乗に対しての怒り様もハンパじゃなかった人です。
つーか自分の現役時代、振り返ってそんなことがよく言えるなと。
ほんと、どいつもこいつも酷すぎる(^^;。
「ドリーム競馬」のO坪さん、パドック解説はうまいけど、あんた馬の名前間違いすぎだよ(^^;
例えば「スーパー競馬」の吉田均さん。
普段はまあまあ好感は持てるけど、パドックでは何見てんの?
といいたくなるような無難以外の何者でもないあまり参考にはならない解説ぶり。
ディープインパクトが尻っぱねから、落ち着いたことについて
虫かなんかついてたんでしょうね」って。
全国ネットで放映されてて、全社挙げての過剰な応援体制、
単勝も1.1倍というところで、もはや勝つための誉める指向しか
持ち合わせていないところがどうにも・・・・・って、
まあ、あの業界、世渡りが大事だから仕方ないんでしょうけど。
それが辛くてやめた競馬専門紙のTMだった後輩も知ってるし。

パドックで2番目に押していた、ローゼンクロイツ。
確かに皐月賞の時よりは落ち着いてたのは確かです。はい。
しかし、残念でした。「ソエ焼き」も見てなかったんですね。
遠くからモニター越し、双眼鏡越しでは見えるわけ無いか。
・・・といいつつ、私も遠くからだったんで後で知りました(^^;
rosenkreuzx.jpg

自分が撮ったこの写真では焼いているのがわかりません(^^;。
左前がいわれてみればそんな気がしなくもないのですが(^^;

元JRDBの井内氏はソエ焼きは消し材料?と疑問符を
つけてる記事を載せてるので一概に「消し」とはいいきれませんがやはり消したくなるものです。

JRDB本体のblogには「ローゼンクロイツはソエを焼いていた
から駄目だったんではなく、馬として「まだまだ、全然」な
状態でした。脾腹も寂しいし、足腰が甘すぎるんです。
そして致命的なことにスケールを全く感じない。なるほど、
関東の連中が皐月賞で見てみんな「駄目出し」してたのは
納得でした。」かかれていました。

アンカツがいうには、ダービーの日の大歓声に馬が怯んでいたからね。
ああ。この馬はやっぱり神経が細いとこがあるな、ってはっきり感じたもんね」
と馬の精神面をあげていましたがディープを目標にあるのはやめて
他の馬との競り合いに勝てばいいと思ってのあの8着という競馬。

★ディープインパクトがエクイロックスを使ってる件は
あれはアダプターパッド代わりというか、
「ディープは脚の蹴りが強くて、蹄が薄いために、蹄鉄を
打つ際に釘を使わずにクッションとエクイロックスを
使ってつないでいた。」(赤木さんのエクイロックス解説記事)
より別に脚が悪い訳ではなかったんだってことが
この記事だけではなく、新聞記事などからでもわかりました。
deepimpacteq.jpg

矢印のあたりを気をつけてみると分かる。クリーム色の部分。

このようにパドックでも縦の比較が重要な脚さばき云々だけでなく、
見てパッとわかる特徴もあるわけです。
そういった特徴は中央では顕著に見られることは少なくなりました。

たとえば公営では痛々しい「ソエ焼き」の斑点状になった
脚の馬はしばしば見かけることがありますが
JRA施設内、少なくともJRAの診療所では
「焼烙」や「ブリスター」というのは、治癒効果が立証されなかったため
もう使われなくなった治療方法だからです。


ではローゼンクロイツの場合、どこで焼いたんでしょうか?
生産牧場のノーザンファームはディープインパクトも
インティライミも出してる凄い牧場で、NF厩舎長の横手厩舎の馬です。
まさかノーザンファームでこんな前時代的な治療方法がまかり通ってるとは思いたくありません。
やってるとしたら、社台でも治療管理が甘い山元トレセンか栗東近郊の外厩か。

かつて私の一口馬タイキミラクルがブリスター処置をされた
ことがありました。確かファンタストか美浦近郊の外厩ではなかったかと思います。
トレセンの外ではまだこのような治療法がまかり通ってるのを
憤ってた記憶があります。
ブリスターというのは皮膚を強酸性の薬品で焼いて
痛んでる組織の再生を活性化させる治療法ですが、
笹針と同じようなショック療法に近いものがあります。
笹針もたまってる悪い血を抜く療法ですが、馬には相当なショックです。
馬は痛さのあまりいななきまくり、他の厩舎の馬達も呼応して
鳴きまくります。
30分のうちに500本も針を刺されたらあなたはどうする?
そんな事が馬には行われているのです
そして終わった後は傷口に焼酎と塩塗られてマッサージされるんです。

ローゼンクロイツは、ラジオたんぱ杯ではソエを気にしていて
毎日杯では解消したとサンスポの皐月賞の直前記事にはかかれてありますが、
それ以降再発したという記事はありません。
皐月でも気がつきませんでした。謎です。

さて、この時期に顕著にわかるのが、
若駒の管骨瘤、つまりソエです。
2歳戦ではかなり重要視される部分であります。
バンテージで隠されていることもあるけど、運良くみれることがあれば、
返し馬と一緒に見て判断して切る対象にも出来ます。

しかし残念ながらテレビではそこまで映してくれないんですよね。
このへんが2歳戦の難しいところで、夏は現場にいった時以外は
2歳戦に手を出さないよう心がけています。


RIJタイムテーブル、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
きょうついに発表ですよ。メールも来てました。

私が行く予定の最終日は
8/7(sun)
GRASS STAGE
11:00~ サンボマスター
12:20~ エレファントカシマシ
13:40~ 銀杏BOYZ
15:00~ 奥田民生
16:20~ ASIAN KUNG-FU GENERATION
17:40~ 坂本龍一
19:00~ サザンオールスターズ

LAKE STAGE
10:40~ ストレイテナー
11:50~ Jackson vibe
13:00~ スネオヘアー
14:10~ マボロシ
15:20~ 曽我部恵一バンド
16:30~ 斉藤和義
17:40~ GRAPEVINE
18:50~ ELLEGARDEN

SOUND OF FOREST
11:20~ RADWIMPS
12:30~ つばき
13:40~ HOLSTEIN
14:50~ YUI
16:00~ DEPAPEPE
17:10~ The ピーズ
18:20~ POLYSICS

ってことでスネオヘアーと銀杏BOYSの時間帯以外は
GRASS釘付け決定。アジカンがLAKEのトリじゃなくてよかった。
サンボマスターがトップだよ。楽しみ~(^^/
で、宮本先生の毎度お馴染みの独演会が来て、LAKEでスネオ見て
民生でまたーり盛り上がって、アジカンではじけまくって
教授の世界に浸り、サザンで踊りまくる。
最高の夏ですね!!。これで彼女でもいればな・・・トホホ(^^;

2日目のSINGER SONGERは20分程度の予定とかで、
ミスチルだけ見に行っても仕方ないなと。
まあ2日目はウルフルズやモンパチも出てるし、LAKEの
10:40~ GOING UNDER GROUND
11:50~ フジファブリック
っていうのも見てはみたいけど。
GOING UNDER GROUNDは昨年に続いてLAKE一発目なんですね。
彼らよりフジファブリックのほうが更に興味あり。

夏はということで8/7はROCK IN JAPAN FES
        8/13、14は夏コミ        8/21はワンフェスキャラホビ
        8/28は新潟いくか、帰省かも。 
ってところでしょうか。相変わらず電車男並みに濃い日程だ。

そんな今は爽やかな「ディープ・ブルー」を見てますけど。
競馬も遠征予定はなく、落ち着いたので、ビデオや映画見まくり、
夏はイベントいくぞ~と。

とりあえず映画は「戦国自衛隊」と「スターウォーズ」と「宇宙戦争」はいかなきゃ。
ビデオは「SAW」と「パッション」と「69」は見ないとなぁと。

7月期の新作アニメはいい作品がさっぱりない。
むしろドラマに期待。特に「海猿」と「電車男」はかなり期待してます。

アニメレビュー3週間もサボってますが、そろそろ書く予定です(^^;。



【2005/06/20 19:45】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
今日の結果と宝塚記念
PAT競馬って気楽でいいね。裸wでTV見ながら、おやつ食べつつ、
しっかりデータ見ながら投票できるし、夏の間だけ的中率が上がりそうな予感
・・・といいつつ、今日は+1050円収支。という微妙な結果。
馬券道場以外は10Rの3連単しか買ってないしな。
馬券道場はじめてチャレンジしたけど、最終の複勝のみしか当たんなかった。
あほやなぁ。テイオー産駒のコアレスパティオが勝ったのに、
フジマサチャンプ本命にするとは。

メイン東西は3連単買おうとして、やめたんだけど結果的に買ってれば的中でした(^^;。

予想はバーデンバーデンCは○△△
      プロキオンSは    △- ▲だから全然当たってるとはいえないけど。

新馬は函館アドマイヤカリブは順当勝ちでしたが、
オリエンタルローズはないと思ったんだけどなぁ。
さすが福島は鬼の大西直宏というべきか。
サインオブゴッドは3着と微妙。スターライトダンスが2着。
スピードワールドの仔なんていたんだね。しかもスピードデクタスとの仔で楽しみ。

きょうから始まった「千夏のダービー馬を探せ」は
オンファイアとマイネルアラバンサ。
オンファイアのほうは、当然ディープインパクト全弟ということでわかるけど、
何故にアラバンサ? 佐々木昌三厩舎の馬だからか?
マルスは入厩してるし、バシリコスは真歌で休んでるから取材してないのかな。
それにしても横手さん直々のコメントでオンファイアの期待度がわかる。
onfire.jpg
arabantha.jpg

さて、来週の宝塚記念は、ゼンノロブロイとタップダンスシチーの一騎うちムード。

特に昨日、ゼンノロブロイの馬主の大迫忍氏が亡くなって
ここは追悼競馬にもなりそうだから、陣営も気合が入るだろう。
今年意外にも重賞未勝利だった藤沢和雄厩舎もエプソムCを勝ち露払いしたことだし。
それにしても大迫忍氏は59歳か。ようやく馬が走るようになったのに、
若いなぁと。ロブロイの海外遠征を見ずして亡くなったのは残念無念。

タップダンスシチー陣営は金鯱賞も3連覇で、まだまだ
衰えないし連覇もかかって今度こそロブロイには負けていられないレース。

でも両雄合い立たずってこともあるのがこのレース。
ビッグゴールドやトウショウナイトあたりを狙ってみたい。
リンカーンやシルクフェイマスは抑えるには抑えるけど。
blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!


【2005/06/19 16:29】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
競馬メディアによるコメントの違いと今日の予想
新馬に臨んだマイネトップレディは3着でした。

3着 マイネトップレディ(郷原洋司騎手)
「前半もたついてしまったけれど、直線では一番いい脚を
使ってくれました。距離はもっとあったほうがよさそう。
今後のことを考えたらいい経験になったでしょう」
                 (ラジオNIKKEI)
「もっといけるかと思ったが・・。でも最後は一番の脚を
見せてくれたし、ハナにいってバタっとくるレース振りよりは
よかったんじゃないかな。この後が楽しみです」(馬三郎)

この違いは何?(^^; 馬三郎のほうが比較的生な表現を使ってる
ところからNIKKEIのほうは意訳してるんじゃないかと思うのだが。

2着のナムラバンダムの中舘騎手のコメントも結構違う。

「いいスピードは持っているんだけど、返し馬でピョンピョン
跳ねたり、馬場で鳴いていたりとまだ気性が若い。
これだけ速い時計で走ってくれたから力はあるけど、
なんだかなんとなく負けてしまった感じですね。
勝ちたかったけどなあ」(ラジオNIKKEI)

「返し馬でチャカついてたし、ゴール板過ぎてからも鳴いてたように、まだ子供。
それに強いケイコが不足していたのもしまいが甘くなった要因かな。
でもいいスピードを見せてくれたから、すぐに順番は来るだろう。」(馬三郎)

勝ったメジロアニマートに至っては、この後は一旦放牧に出して
函館2歳Sか札幌2歳Sを目指すようですとまで後藤騎手は馬三郎で
語っているのだが、ラジオにNikkeiはなし。

多分、同時コメントから拾ってるのではなく、別々に取らないと
こんな違いにはならないと思う。それとも拾ってる部分が違うのか?

まあそれにしてもフレンチデピュティ産駒大活躍といったところで、社台の思惑も上々か。
ただ、フレンチデピュティはクラシックには足りないというのは
もはや定説になりつつあるし、新馬戦ではポンポンと勝ちあがるものの
10月後半くらいの特別戦になったら人気のフレンチデュピティ産駒は避けたほうが賢明です。

それにしてもメジロのフレンチデピュティ産駒ってなんだかなぁと思うのでした。
まあメジロダーリングのようなマル外やメジロベイリーのような
サンデーサイレンスの子供が活躍してるのが最近のメジロな訳で
ブライト、ドーベルのような自家製血統の活躍馬を求めるのは
厳しい時代になってきてるんだなと。
メジロディザイヤー産駒の代表馬になったメジロスパイダーも
500万の特別戦で限界見せてますし。

函館で勝ったチアズガディスはチアズグレイスの仔で今後も
期待できそうですね。まあフレンチデピュティなので2歳の重賞戦だけだと思うけどw。

フレンチデピュティ産駒がこれだけ活躍してるので
クロフネの初年度産駒がどういう傾向を見せるか楽しみです。

★競馬系ではレビュー系よりもどうでもいい予想サイトばかり
 アクセス稼いでるみたいなので、私も夏の間だけ予想してみようかなと。

 函館5Rの2歳新馬戦は、関東馬2頭が大人気。
 アドマイヤカリブは追い切りがよく話題になってたみたいなのでここは本命。
 バクシンオー産駒なんで勝った後の伸びしろっていうのは
 期待できそうにないけど。先を見たらタキオンバッハのほうが
 楽しみではあります。

 福島5Rの2歳新馬戦はマイネルパラシオが人気。
 ゲートの出もいいみたいなので勝てばあっさりだと思うけど
 個人的にはチーフベアハート産駒ということでブーバリスを
 先を見込んで押したい。面白い馬はサインオブゴッド。
 パルブライトの仔で父スペシャルウィーク。クラシックに乗ってくれるといいのだが。
 シルクラズベリーやワイルドバニヤンは人気でも買いたくない馬です。
 時計はかなり出してるみたいですけど。

 福島11RバーデンバーデンC

◎ロードダルメシアン
  福島民報杯を勝っていて、福島芝では(3,0,1,1)
前走より1kg減。小回り得意で好位付けが可能となれば
  狙うしかないでしょう。

 ○フサイチホクトセイ
  前走から2kg減。勝ち時計はTV愛知杯組に劣るものの
  森厩舎の福島遠征で本気と睨んで。
  朝日杯FSでも5着になった実力馬ですし。好位付け可能。

 ▲ヘイセイピカイチ
  勝った前走から5kg減の50kgの軽ハンデで江田照で一発。
  これも好位付け可能。

 △シルキーラグーン
  武豊から勝春だから割引。TV愛知杯の上がり3F33.6も
  ロードダルメシアンと同じだし。つけてた位置が
  違ってればダルメシアン逆転の内容でした。
  ただレースぶりは安定してきたので連対もあるし、
  スプリンターズSでも5着した馬なので実力は◎。

 △モンパルナス
  福島の大西は怖いし、勝った前走から2kg減。逃げ先行馬。

 △ゴールデンキャスト
  実力は抜けてるし、福島が庭な中舘乗り変わりは怖いものの
  過去ハンデ頭が勝ったことがないレースだし。     

 阪神11RプロキオンS 

 ◎サイレンスボーイ
  阪神ダート(5,0,1,2)という成績。阪神ダ1400mは特殊なコース。
  内枠で逃げ馬ということでマンマとコーラルSの時のように
  逃げ切るシーンが見れそう。武豊に乗り変わりも心強い。

 ○ニホンピロサート
  阪神ダート(6,1,0,3)サイレンスボーイとどちらにしようかと
  迷ったけど、騎手の差で。コーラルSでの10着は61kgのハンデが応えた。
  実績はサイレンスボーイよりもこちらのほう交流を含めG3を4勝してるこちらが
  断然上なんだよね。連覇もかかってるし。

 ▲テイエムアクション
  近走成績が(4,0,1,1)。前走も東京のOP欅Sで勝利。
  上がりに関しては鬼脚をもってるけど出遅れが心配なんですよね。

 △ブルーコンコルド
  ようやく成績が安定してきたというか、距離も1400mのほうが
  ベストということで。栗東Sの勝利も▲テイエムアクションより3kg重い斤量。
  逆転もありでしょう。ただ大外枠というのが気になる。

★「眞鍋かをりまつり」ネタは「ウチくる」からなんだけど
 今日は「千歳烏山」。微妙すぎる。絶対アド街ではやらないよな。
 と思ったら昨日なんて石神井公園だし(w
「千歳烏山」在住のゲストは渡辺正行さん。
 京王沿線のこんな微妙な所に住んでたなんて、かなり意外。
 あ、でも明大OBだからありなのか(^^;。

★今、「笑っていいとも増刊号」見ながら書いてるんだけど
 渡辺美里の西武ドームって今年で最後なんですね。
 でもロックインジャパンと同日開催。

 「No side」から美里がラグビー部のマネージャー話に
 なってラグビーではタモリは燃えるらしいのだが、 
 CM中の明大ラグビー部の松尾の内訳話笑えた。
 果汁50%+50%で100%かよ。さすがだ。
 深夜に吉牛買わされにいくとかいろいろ伝説が多い。
blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!  



【2005/06/19 10:39】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2歳新馬戦、いよいよ開始!
予想通り、郷原洋司でマイネトップレディが明日の福島新馬1000mに望むようです。
そんな馬をPOGに選んでしまった私はダメダメです。
郷原厩舎なので、ゴに違いないと書いてた自分から
自殺行為に走ってしまって(^^;。サラブレDVDで騙された。
これがラフィアンの牝馬・一番馬って沙希が思いやられるなと。
(先がヲタ変換してしまう・・もうダメだ。)

ラフィアンの牡馬一番馬は今のところバシリコスかマルス
みたいなんですが、テイオー産駒のバシリコスは休養中。
多分やりすぎたんだろう(^^;。
サラブレDVD見てもあんまり凄さは感じなかったけど、
テイオーに顔はよく似てるんですね。テイオーに似た馬は
走らないというのがテイオー産駒の定説なんですが(^^;。
今年のテイオー産駒はデライトポイント(後藤・トウカイポイントの妹)や
馬っぷりのいいトラストタイガー(河野)や橋口厩舎の期待馬
プリティアンブレラ(母父はStorm cat)やデスパラード(田村)に
期待してます。

それにしてもやっぱりDVDなら、調教シーンくらい入れろよといいたくなります>サラブレ。
まあ今年からパンフ添付してくる募集馬DVDは、まだ馴致レベルで仕方ないとしても。

マルスは来週7/2の福島芝1200mで出走予定だそうですが、
「かなりの手応えを感じているけど、抜け出すと左右に大きくふらつくのが唯一の不安点」
という課題を持ってるそうで。まだ馬が若すぎてダメじゃん。
マイネルラヴの産駒はラヴ自身が相当なバカ馬だったんで、
競馬を覚えていく事が課題だと思います。
love03.jpg

love101.jpg

気が狂ったように延々と泥遊びを続けてたマイネルラヴ
近づくと泥かけられそうだった。
(BRF明和にて)

昨年の新馬戦線では活躍しましたけど、その後がさっぱりって馬も多かったですし。
ラヴ産駒は全体的に使える脚が短い馬が多いので、NHKマイルで
ハーティーを狙ったのは完全に失敗。小回りでハマらないとダメなタイプが多い。
そういう点では福島や函館はぴったりなんですね。
新潟がどうかといえば、ヴァレンチは重賞勝ちましたけど、微妙なところです。

★松屋でスープカレー食べてきた。ノドがヒリヒリして
 食べるときしゃっくりが出てしまった。
 あれは辛いばかりで全然ダメですね。
 口直しにセブンイレブンでチョコメロンアイス買うハメに。
 ダイエットしようと思ってもダメだ。

 かといって、昨年、新千歳空港で食べたスープカレーも
 そんなにうまいとは思わなかった。
 都内でスープカレーがおいしい店知ってたら教えてください。
 北海道でも可だけど。

 函館飲食情報は宮本厩舎の嫁ブログが凄く参考になります。
ハセガワの焼き鳥弁当は函館場内出張して売ってます。
パドックの近くで焼き鳥の炭火焼きの香ばしい匂いが漂ってます。
 サイファー(父タマモクロス)がゲート試験合格したそうで。
 函館デビューなのかな。でも栗東調整だから阪神か、
 小倉まで待つのかも。

★他POG有力馬ではニルヴァーナはけい靭帯炎とかで
 デビューが遅れそうなんですね。
 オンファイアの外傷はたいした事なかったみたい。
藤沢和厩舎では、オンファイアやキングアーサーや
 エンブラの仔ばかり注目されてるんだけど、
 マチカネササメユキの牡馬はノーザンファームの
 横手さんも評価してるみたいなのになぁ。
 まあオンファイアは兄が兄だけに横手厩舎では横綱扱いなんだろうけど。

 ギーニョ故障の噂もありますけど果たして?
(調べたところ全くそんな情報はないみたいです。)

 ★シーチャリオット、レース中に骨折してたのにはびっくりした。
  あれで飛んでくれてたら馬券的にはおいしかったのになぁ。
  今まで私はシーチャリオットは一銭も買ってないんです。

  さてこれでジャパンダートダービーは
  カネヒキリVSドンクールになってしまうんでしょうか。
  個人的にはマズルブラストやメイプルエイトに頑張って
  欲しいところなんですが。

 ★リファール死亡だそうです
  36歳で大往生ですね。
  シーキングザパールは結局、雷に打たれてたそうで
  不運としかいえない。

blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!


【2005/06/18 02:49】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
馬場を歩いてきた
昨年はダービーで故障馬が続出し、かなり馬場批判をされたJRA。
今年はというと、今のところディープインパクトやシーザリオはリタイアしてないものの

オークス・・・アドマイヤメガミ骨折ヤマニンアリエル骨折ディアデラノビアが剥離骨折
ダービー・・・ダンツキッチョウ屈腱炎コスモオースティン骨折

ということで、クラシックはやはり消耗戦なんだということがよくわかります。
特にラフィアン勢が近年よくクラシックレース後に故障するのは、
ダービー、オークスを究極目標としてる社長の方針からよくわかるのだが(^^;。

オークス、ダービーの両2頭はレース中ということで、ともかくとして
時間がたって判明したディアデラノビアの場合は、明らかに使いすぎによる疲労骨折かと思われる。

2chの関連スレとしては、
東京と中山の高速馬場はいい加減にしろ!
ってのがあるけど、最近は少しは知識は広まってきたものの
相変わらず、芝馬場が硬く、レコードが出やすいことについての批判的な意見が目に付く。

芝馬場の問題は「レコードが出るような高速馬場」にあるのではなく
「支持力を高めるために硬くした馬場の内側が荒れ放題になってること」
にあると思うのだが。

当然、連続開催で仮柵の使い方をいくら工夫しても限界があり
内は荒れ放題になってしまう。かといって長年馴染んだファンに
とってG1レース日程の変更を嫌うのはわかるし、
東京以外でオークス、ダービー、安田記念を行うのは日程変更
以上に嫌がられることだろうし、G1以外芝を使うなというのも暴論だ。

勿論、走行速度と芝コースの硬度の相関関係は否定しないし、
芝コースが硬ければ硬いほど骨折は発症しやすくなるのは
総研の記事にもありますが、屈腱炎については、不正着地が
発症要因と成りやすいことから、硬さよりも不均一な馬場のほうが問題となるわけで
馬場造園課もいかにフラットな馬場をつくるかを主眼に置いて
コース整備をしている訳です。そのために馬場叩き隊やら軽転圧したりしてるわけですし。
芝馬場の硬さはターフパーホレーターでエアレーションすることで
空気の層が土壌内にできて馬場が柔らかくなります。

今年歩いてみて気づいたことは相変わらず内・外の差は
顕著であるが、昨年と比べてはマシだった。
UCHI.jpg

内あたりの荒れてるところ
SOTO.jpg

外の密生していてる中で若干あれてるところ

その理由は降水量の違い。
昨年は週末になるとよく雨が降って、そのせいで荒れ馬場を
形成する要因になっていたけど、今年は雨が少なかった。
だから、昨年は外まで荒れてるところもあったけど、
今年は外は芝がみっちりと密生していて走りやすい状況でした。
まさにディープインパクトは芝の密生するゴールデンゾーンを
通って競馬したということになります。
sibasuna.jpg

昨年、穴を補填するためにまかれてた緑色の目土

更に昨年目立った緑色の目土は今年は入れられてませんでした。
内も砂だらけといったところも比較的少なく、ボコボコでは
あるものの、なんとか走れる条件にはなっていたと思います。

【1.日本・欧米の降水量の違い】

日本は欧米に比べて降雨量が多い。
例えば東京の年平均の降水量は1405mm。

★アメリカの降水量
サンタアニタやハリウッドパークのある米西海岸は251mm。
アーリントンのあるシカゴで950mm。
チャーチルダウンズのあるレキシントンは1160mm
ベルモントのあるニューヨークは1068mm

★欧州の降水量
エプソム、ニューマーケットに近いロンドンで752mm
ロンシャン、サンクルー、シャンティイに近いパリで647mm

【2.海外と日本の芝コース使用頻度比較】
開催日数が少ない、函館、札幌はともかく
中山、東京、阪神、京都といったメイン開催のある競馬場は
年間40日、レース数が平均200前後、出走頭数が2500頭前後。

これがハリウッドパーク、サンタアニタだと
開催日数は100~110日と多いものの、レース数は140~180、
出走頭数は1100頭~1500頭。
アーリントンでは130日前後の開催で、レース数は200強、
出走頭数は2000頭程度。
キーンランドに至っては33日でレース数は74、頭数は666頭。(平成5年度資料)

エプソムは開催8日、51Rで、445頭出走(平成7年)
ニューマーケットはジュライとローリーマイルで違うけど
ジュライは15日で、98Rで902頭(平成7年)
ローリーマイルは16日で110Rで1323頭。
ロンシャン、サンクルーは36日開催で、約300Rで、3000頭超。

ここで気づいたのは、日本よりもレース数・出走頭数が多い、
ロンシャン、サンクルーでは馬場が柔らかく、故障が少ないと
思われてるが、果たしてそうなのか?ということ。

ロンシャンの構造上は3m以上の砂利層の上に50cm以上の砂土が堆積し
その上に数百年来の腐葉土が含まれて物理的に硬化しにくい馬場らしい。
又、馬場面積が非常に広くて仮柵の使い方がうまく出来ているのが荒れない一番の要因。
しかし、それでも表面硬化は起きるので、エアレーションや散水はしてるんです。
実はロンシャンの馬場のほうが府中より硬いというデータもあったくらいで。

さて、日本の降水量が多いのはわかっていただいたとして
話を進める。

日本の馬場は降水量が多い故に支持力を持たせようと意図的に硬く作ってある。
標準的な芝路面の山砂層はシルトや粘土分は4~6%。
これは芝の育成にとっては好ましいといえる条件ではない。
なぜこうしているかといえば、排水性第一に作ってあるからである。

アメリカの学者によると「人間と馬の時速の違いから、馬場には
人間の走路の3~4倍の硬さが必要である
」といわれている。
だから歩いて見て人にとって硬い馬場というのが、酷いと非難するのは短絡的である。
JRAもこうした「最適走路コンプライアンス」を測定するための
馬場硬度測定車というものを用意して開催前には測定をしているのである。

【野芝と洋芝の特徴】
またウインターオーバーシードはともかく、
混生型は特に、野芝と洋芝のメリットを活用するという事だが
野芝のほふく茎は竹を想像してみるといい。
茎根は横に伸びてクッション層ができるのだが、抜けにくい。
しかし根が腐ると、硬い黒土になるという欠点がある。
洋芝は根が縦に伸びるので抜けやすいという欠点がある。

芝がところどころ抜けた馬場というのは見た目は酷いし、
均一性がないという点で危険なのだが、
芝のクッションは一般的に思われてるような洋芝の長さだけで決まるのではなく、
実は野芝の根っここそ重要なんだって
ことは意外と知られていない。

【ウインターオーバーシードの通年緑化についての品種の研究】
野芝についても品種の研究が進んでいて、「五島列島産の野芝」が
芝のせん断抵抗試験から一番優れているという結果があるのだが
東京では「エルトロ」「はやと」などが近年の主流だった。
「エルトロ」や「はやと」といった市販品野芝は、
冬季オーバーシードから野芝だけに戻すとき、除草剤や低刈の消去作業による
ダメージが大きく、あまり冬季オーバーシードに適していない品種だそう。
「筑波グリーン」はほふく茎の重量やせん断抵抗力に優れた特徴はあるが、草丈が伸びにくい。
そこで新たに適した品種が求められていて、「五島列島産」が浮上した訳だ。

野芝・洋芝の話は話すと長くなるが、
知っておいて欲しいのは、
【日本の各競馬場の芝コースの特徴】ペレニアルライグラスやイタリアンライグラス、ケンタッキーブルーグラス
トールフェスクなどを洋芝というのだが
これは寒地型の芝でこれだけで行ってるのは、札幌と函館のみ。
東京、中山、京都、阪神、中京、小倉は冬期オーバーシード型といわれ、
イタリアンライグラスと野芝を使っており、
福島、新潟は混生型といわれ、トールフェスクと野芝の混生である。
冬季オーバーシード型は夏に競馬開催がなく、春先のイタリアンライグラスを消去後
野芝の養生期間を十分に取ることが出来る競馬場では有効な方法である。
小倉などは夏に乾燥しやすいので、灌水パイプが地中に埋め込まれていたと思う。

夏になると通年型の洋芝のトールフェスクは夏枯れの現象がおきる。
寒冷地型の芝にとって暑さは天敵なのだ。
夏時期の混生馬場にとって、水分が足りなくなる水分ストレスが
もっとも枯れ易い原因である。だから暑くなると頻繁に散水が行われるのである。
こうした点を気をつけて現場で競馬を見てると、いろいろ気づくことがあると思うし、
JRAサイトのコース情報はレース予想としての馬場状態を研究する上で欠かせない。

★このように芝馬場だけでなく、日本における馬場の研究はかなり進んでいるのは確か。
JRAでは競馬場には芝、ダート、レースでは使用しないけど
函館のウッドチップコースはあるが、トレセンにはもっといろんな種類の馬場がある。
調教で日常的に使用してるウッドチップ、森林馬道の人工チップ
欧米では競馬場に使われてるポリトラック、
砂に釣り糸を混合して絡みをよくしたファイバーサンド
渚馬場、ニューマーケットで使われてるスーパーサンドなど。

★個人的には馬場問題については、ライスシャワーが予後不良になった頃から関心を
払うようになって自分なりにデータを集めたり、総研の公開講座に参加したりしているのだが、
資料はほぼ、総研の機関誌「馬の科学」からのもの。
馬場の記事だけで、200枚くらいのコピー資料はあるので一冊本が書けそうなくらいなのだが(笑)、
勿論、素人がそんなことをしても笑われるだけだし、
興味持って本を買ってくれる人が多いわけでもないだろうし、
コースの鬼
のような馬場造園課全面協力の下、レース予想にも有意義な本になる訳でもない。

一番難しいのは、集めた昔のデータは使えないこと。
馬場データ等は馬場改装でまるっきり変わってることが多いし
故障データにしても昔の統計データは参考にはなるとして
最新データとの比較対照にはできるけど、最新データがないことが多く、
あっても部外秘扱いだと持てる訳でもない。
何が使えるか使えないかというのは個人の主観でしかないものの、
比較対照することに意味があるのかといったデータもあるし。

例えば【個別調査からの事故要因】【重症事故発症地点分布】
というデータがあるのだけど、これはデータが古くて使えない。
それでもまあ要因などは普遍性はあるのではないかと思うので紹介します。
jikotyousa2.jpg

【個別調査からの事故要因】
titen2.jpg

【重症事故発生地点分布】【★画像データはクリックで拡大します】
これは前者は昭和58~60年の513頭について取ったデータで
後者も同じく昭和58年6月~60年12月の278頭のデータ。
後者は「能力喪失」以上の重症事故馬の東京、中山、京都、阪神の
4大場の事故発生地点について統計を取ったものです。

関係者に聞き取り調査を行った前者のデータは特に興味深いのだけど
競走馬の故障というのは馬場要因よりは、手前変換や既往症、
他馬の影響でおきることが多いということ。
これは今でも普遍的なデータだと思います。
ただ不明データが多い。騎乗者にとってどこで起きたかなんて事は
実に分からないケースが多いということです。
障害の場合は明らかに43%が飛越の失敗で発症するケースが多いというのはこうして
データを見なくても、誰しもが考えてみてわかることですが。

手前変換時が故障原因となりうるかどうかも総研では研究されてますが
なりやすいということはわかったものの、では具体的にどうすれば減らせるかなんて
ことはケースバイケースで何とも言えない訳で。
一応、対策としては手前変換を行うコーナーにバンクをつけることですが
アメリカ、特にカリフォルニアにはそうした馬場が多くて
それが故障が他地区と比べて少ないことにつながっているのだと思います。
ただこれも賛否両論で、外に振られている力をなくした馬が、
バンクの影響で更に内に垂れてきたりするといったこともあり、難しいところです。

既往症と故障発生との関係のデータもあったのですが
例えば球節炎をもつ馬は、球節構成骨骨折になりやすく、
腕節炎をもつ馬は、腕節構成骨骨折、繋靭帯炎の馬は繋靭帯断裂
肩ハ行の馬は第三手根骨骨折、寛ハ行の馬は第三中足骨骨折に
なりやすいといったものでした。

更に【競走中重症事故発生地点】のわかりやすい円グラフもある。
engraph2.jpg

これを見るとかつては4大場では芝が39%、ダートが61%に対し、
ローカル6場では芝が68%、ダートが32%という不思議な結果になっている。
4大場ではホームストレッチでのは発症が多いのだけど、
ローカルでは発生場所不明のことが多い。(レース中骨折は間違いないのだが
どこで起きたか分からないというケース等)
ホームストレッチがローカル場で少ないのは直線の長さにも関係してくるとも思う。

マスコミの高速馬場批判がいかに見当違いかというものの証明として
ターフを歩いてみて分かったのが、やっぱり最内6mは外よりも
荒れていて、2週間でこれほど荒れるものなのかと思って
仮柵保護効果がどれくらいあるのか(実は前開催のAコース使用の
ダメージはかなり残っていたと思われる)ということと、
福永騎手の実体験に基づいたちょっと無知なコメント。

香港の芝は素晴らしいですよ。芝自体が長いし、
密度も濃い。日本の競馬場はどこも硬くて、走っている
音からして違う。本当に危ない。これでは海外で勝つ馬は育たない


福永騎手はそういってるけど、実は昔の香港の故障率は
日本よりも高かったということが分かるのが次のデータ。
【競走中重症事故国際間比較】(障害を除く84年~85年)
なにしろ「西独ジョッキークラブ」ってのが時代を感じさせる。
kokusaihikaku.jpg

香港でも芝の研究は進んでおり、日本よりも高温多湿の気候。
芝層をピンで留めてるような一見危険に思われるようなことまでやってたと思うのですが。
確か日本を手本にして馬場管理をしていて、
ターフスライサーなど日本の機器の提供も受けてたはずなので、
日本の芝管理技術が香港より劣っているということはないと思うのですが。

香港の具体的な馬場造園関係の最近のデータはないため、これ以上は
なんともいえない。香港に限らず、欧米の最新データは、
これだけのネット社会になってもそう簡単にはネットには転がってないんだよな。
研究者レベルではやりとりしてるんでしょうけど。

このデータを見る限り、昔の日本では斃死・安楽死につながる
競走中の事故が他国と比べて多かったということ。
英国が日本よりも若干多いのは、障害データが含まれていることも大きいし、
馬場が自然のままのところが多く、手入れされてなかったりして不均一なのでわかるとして、
その他のデータがないのは残念。
日本は「その他」に関してはニューヨークやオンタリオよりも
昔は若干少なかったようです。今はどうか知りませんけど、
競走中の故障はこの比較データにある84~85年に比べれば、
格段に減ってるのは確かです。

まあ他にも騎手の順位(20位内とそうでない騎手との比較)では
当然リーディング上位のほうが故障率が少ないといったデータや
出走頭数別データは、9~12頭あたりが一番少なく、
フルゲートに近づくほど増えるといったものなど興味深いデータもありますが
一度にすべて紹介できないので、これくらいにしておきます。

SIBAKARI.jpg

芝刈り風景
GOAL.jpg

ゴールあたり
HATSUBAKI.jpg

発馬機
blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!

プチ不幸
10分早く出発したのに、手前の駅で非常ベル鳴らした奴がいて
確認のために10分遅れて電車到着。なんだいつもと同じかよ(^^;

お気に入りの傘が銀座の某所でたった10分の間に盗まれた。
おかげで霧雨に濡れてしまう。
(友人たちに「ぬれねずみ」狙ってるとよくいわれるんだが
意図的にやってる訳じゃないのに(^^;

帰りに私の自転車の横に止まってた自転車見たら「厨房が乗ってます。オマエモナー」という
モナーステッカーが貼ってあった。

「ハチクロ」を楽しみに帰ってきたらコンフェデ杯の「日本×メキシコ」で中止。

ガサゴソと音をたててる、ゴキとにらめっこ。

そんなプチ不幸が続いた今日。

プチ幸せなことは、電車の中で坂本真綾の音世界に浸ることと
いろんな人のblogを読み漁ることなんだけど、
私が一番お気にのレイヤーさんが半年ぶりに日記復活して
ここ数日続いてくれてることかな。
今年は夏コミで会えるんだろうか。一昨年以来見かけてないんだけど。
ワンフェスのほうにはいってるみたいなんですけどね。

ボーナスでα-7DEC-02が買いたい・・・
けど、いろいろ返済や貯蓄予定があって思い切って買えない(^^;
イカファイヤー、かっちょわりぃ~。
ダルビッシュウインま、マジになってしまった。
それも広島相手に・・・。
野茂200勝おめでとう。イチローとともにいつだって応援してたよ。

blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!


【2005/06/17 01:33】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ラフィアン2005募集
社台のラインナップを見るにつけ、目移りしてしまう今日この頃ですが、
一口ライフを送ってる皆様、いかがお過ごしでしょうか。

いよいよラフィアン2005年募集馬のラインナップが発表されました。

個人的に気になるヌーヴェル全弟ですが、2800万円。
多分、ポイント上位会員でいっぱいになるでしょうから、
希望しても無理なんでしょうけど、今度は牡馬でどんな走りを見せてくれるか楽しみです。

さて、私がそれ以外で気になっているのが
39.マイネルラヴ×マイネビクトリアです。
牡馬で15万円で美浦。これは狙うしかない一頭です。

トウカイテイオーの母父というとコスモラヴソングが有名ですが
ついにマイネル馬のテイオー母父馬が登場、
しかも父マイネルラヴということで期待の一頭ですね。
コスモラヴソングと同じ配合というのが、初戦勝ちであとは惨敗という嫌な予感も
しないでもないですが。
母のマイネビクトリアは現役時代、かなり応援してた馬でした。

あとは48.イブキニュースターの04。牝馬で22万円。
牝馬で22万円はちょっと高い気もしますが
兄イブキレボルシオンは青葉賞で惨敗して、ダービーに出られなかったものの
その前走のゆきやなぎ賞ではインティライミを破って勝ってますし、
父アフリートに変わってダートもよさそうな馬です。

13万円という値段的に一番人気になりそうなのが、
タニノギムレット×マイネステラ。
ギムレットってふたを開けてみないと分からないし、
これはバシリコスの下のダイイチコパンの04にもいえる。

今年のテイオー産駒は3頭いるけど、マイネルのテイオー産駒で
走るのは牡馬と決まってるため、ファンタジーダンスですよね。
母父は相性よさそうなアフリートだし。美浦で16万円なら。

ダイイチシガーはちょっと牝馬で200口で15万円はふっかけすぎだし、
セーヌフロウは牝馬で11万円と安いものの走らなさそう。
テイオー産駒は確かにラフィアンでは実績上げてるけど、
当たりハズレが激しいので、狙うのはちょっと危険なんですよね。

それにしてもサンデーがいなくなって、ブライアンズタイムで
勝負と見たのか、タニノギムレットを含めやたらと増えてますね。
マイネレーベンの04は栗東ってことで大方、中村均厩舎あたりなんでしょうね。

古参会員を大事にするのは分かるけど、過去○年分という社台方式に変えたほうが
新規会員参入も期待できるし、長い目で見たらそちらのほうが好ましいと思う。
また抽選枠10%っていうのも問題で、せめて30%くらいにはすべきかと。
またかつて所有してた繁殖牝馬への優先出資も考えたほうがいいかと。

今年のツアーは岡田総帥はバルクの宝塚に行くためいないとかって噂もあるけど
どうなんだろう。そうなると解説や寸評が・・・。
今年はカタログDVD付なのでヘタなカタログ写真だけで、
出資馬選ぶよりはマシかもしれないけど。
blog.jpg

↑読んだらクリックしてね!


【2005/06/16 01:21】 ラフィアン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
せつない。
「眞鍋かをり妹まつり」はまだまだ沈静化しそうにありません。
もうずっと前のネタなのに。自分の意図しないところで
アクセスが増えて戸惑う今日この頃です。
一昨日が4458、昨日が3314ですか。ここ4日間で2か月分のアクセス数です。
そのうち95%はリンク元が同じです。

最近気になったニュースはなんといっても光市の高校生の爆弾投げ込みですが
光市はこんなことになる前から「おっぱい都市宣言」をしてたんですけどね。
それでこの事件が起きる少し前に「新おっぱい都市宣言」を
採択か?というニュースがあっただけに、ほんとにぬくもりの足りない街になってたんだなと。
「おっぱいまつり」なんてのもあるそうですが、期待してはいけません。
まだ北島三郎の出身地、知内の「おっぱいまつり」のほうが期待できます。
上半身裸の女性がわんさか「おっぱいみこし」を担いで・・・・・・
るわけないか(爆)

まあそんなことはどうでもいいとして、なんだかせつないメールを後輩から戴いて
返事したら、今日が35歳の誕生日らしい。(自分の年齢がバレル(^^;
競輪の吉岡稔真と全く同じ日に生まれたようで。
ちなみに広島出身の棋士、故・村山聖は一歳上の同日です。
彼が29でなくなった頃は、まだNIFTYのフォーラムが中心だった事を考えると、
時代の移り変わりは早いなぁと思い、せつなさがましてくる。

20代はまだよかったものの、三十路を過ぎると正直年取りたくないもんだと思うし、
お互い未婚者だし、切なくなる気持ちも分かる。
つーか、大学時代のサークルって私の世代を除いて(^^;、
未婚者のほうが多いってのは問題ありありだし、
サークル婚がないのもかなり不思議なのだが(^^;。
まあテニスなどのスポーツ系ミーハーサークルと違うしな。
ある種ヲタ系のサークルの部類ではあったけど、
やってたことは、ほぼ神宮・秩父宮専用のスポーツ観戦サークルだった。

晴れた日にガラガラの神宮の外野でビールを飲むのは最高です。
村上春樹が好きだったヤクルト戦では、もう若松やマニエルが活躍してたような
昔のようにはいかないけど、六大学野球なら、こういう雰囲気が楽しめます。

今「ねじまき鳥のクロニクル」を読んでるのだが、
村上春樹の本を読んでると、いちいち共感したり、ひっかかったりする
言葉が多くてせつなさがほんと止まらないです。
電車の横にいた人は「雨天炎天」を読んでいた。

この前は「鉄腕アトム」の「史上最大のロボット」を読んでたら
隣の奴が「プルートゥ」読んでた。
そんな偶然の一致が嬉しい今日この頃。

そんな今は「MONSTER」鑑賞中。


【2005/06/15 01:20】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ありえな~い。
一日2835アクセスってありえない。
ついにきょう30000超えました。(2/11カウンター設置)
ありえな~いっていうとプリキュアだけど、某ゲームの「みかんが」恋しいよう(^^;。

ANAフィギュアネタでも500、
柚木さんの角松かのり時代ネタでも300超だったのに、一気に4ケタかよと。
KANORI.jpg

とりあえずここで出せるギリギリラインだな(^^;。

で、皆さんどこからこられてるかっていうと「眞鍋かをりの妹」ネタ。
うちとは比べ物にならないアクセス数の芸能ネタサイトに紹介されたようで。

あんな汚い取り込み画像じゃあ、妹の可愛さはわからんよ。
絶対、姉貴よりもいいって(^^;。「それ程美形ではない」こともないです(^^;。

天然ボケぶりは確かに凄いし。早稲田を「さなだ大学」だもんなぁ。
でお母さんがまた美人で三姉妹といってもいいくらい若く見えるんです。っていい過ぎか(^^;。

妹の録画は消してしまったので、仕方ないので眞鍋さんが
凄く嫌がってた(^^;、ウォーリーダンスを。
WORY.jpg


昨日は川口和久の「投手論」
きょうは「ワールドカップの世界地図」という本を読んでました。
ホンジュラスとエルサルバドルの4日間で6000人の死者が出た
「サッカー戦争」はサッカーはきっかけでしかなかったようで。
ホンジュラスが移住農民30万人に国外退去を求めたことから
一触即発状態でワールドカップ予選が行われたと。
両チームの選手達は延長に入る前に互いの健闘を誓い合って
握手したりしてたようだ。

エマで競馬ネタか(^^;「エプソムのダービー」とか出るとは思わなかったよ。
ありえなくはなかったけど。
花売りの少女は泣かせる(T T)。

種デスはキラ死亡に見せかけた機体破壊イベント。
でもフリーダムとインパルスの戦闘シーンは結構迫力ありましたね。
フリーダムは核燃料で動いてる訳で、あんな核爆発して生きてるほうが凄い。ありえな~い(^^;。

#シーキングザパール死亡とか。死因は不明。嵐の中で放牧されてたみたい。
日本調教の牝馬として初の海外G1勝った馬ですし、
友人のサークル名にもなってた馬でもあり、結構ショックです。

トーセンダンス、レックスで種牡馬入りは最初から走っても走んなくても
そうなるだろうと思ってたので(^^;まあミラクルアドマイヤみたいなこともあるし。
種付け料安かったらダンスインザダークの代わりとして人気が出るかも。
デビュー戦が引退戦だったってのは笑えたけど(^^;。
そのデビュー戦で勝ったシャドウゲイトはダービー出走しました。
一応このレース、期待してたので見に行きました。
まあメインに一番人気でマイネルソロモンが出てたってのがあるんだけど。
それでもトーセンスタッドの方々には、道に迷って一昨年は
お世話に成りましたし。トーセンの馬は結構応援してるんです。
TOSENDANCE2.jpg

クリックで拡大します。
それにしてもエルコンの弟というだけで種牡馬入りした
昨年、首振りダンスが印象的だったナイスベンゲルは元気かな。
マイナー種牡馬の巣窟、レックスは大好きです。

blog.jpg

クリックしてね!


【2005/06/12 00:47】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
夏ライヴまであと2ヵ月
また一回書いたのが、投稿時に消えてしまい、怒りのうちに書きなおしています。
某リッピングソフトが使えるの何のって調子に乗っていろんなファイルから
落としまくってたらWAVEなので結構な容量に。MP3変換しなきゃなと。
うちの「哀川君」にはWAVEのまま送ったけど。これでネトラジも通勤中に楽しめる。
でも、通勤中、声優のネトラジ聴いて一人笑いしてたら不気味だけど(^^;。

さて、昨日はZEP特集で創刊したロキノン社長の渋谷陽一の誕生日でしたが
(植田佳奈やナタリー・ポートマン、マイケル・Jフォックスなども6/9生)
ZEPの作品の中で最低評価との呼び声高い「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」
久々に聴きたくなって近所のTSUTAYAにいったら、置いてねェょ(^^;。
「CODA」はあるのに(^^;。思わず「鉄人ガンマ」になった心境でした。(意味不明)
「オール・マイ・ラヴ」はよく聴いてるんだけどねぇ。
「イン・ジ・イブニング」がないのよ。ベスト盤には。
「ホット・ドッグ」や「アイム・ゴナ・クロール」も好きだし。

仕方ないので目に付いた「UNDER17 BEST ALBUM3そして伝説へ」と
なぜか邦楽のアのアーティストコーナーにあったangelaの「I/O」と
坂本真綾だけは充実してるため「ループ」は入ってたので、
「少年アリス」と一緒に借りてきた。
あとはコピーコントロールだったけど折笠のサイカノの曲「地球の果て」も一緒に。



坂本真綾「ループ」ツバサ・クロニクルED

それにしてもangelaはアニメコーナーだろ!!
ファフナーの「Shangri-La」を私がリクエストして、
待ちきれなくて別の店で購入したんだが、入荷してから
最初に置いてあったのはアニメコーナーだったのに、
なぜか一緒に邦楽アーティストコーナーに移動していた。
これじゃあ見つからないよ(^^;。



angela「I/O」蒼穹のファフナー主題歌「Shangri-La」とED「Separate」も入ってます。

さてそんなダメダメな音楽嗜好になりつつある私ですが、
アニメロサマーライブにはさすがにいきません。
真綾が出るならともかく、水樹奈々あたりでは・・・。
興味あるのは石田耀子と栗林みな実くらい。JAM PROJECTは全く好みじゃないし。

久々にロキノンなどを読んでみたら、なんか洋楽界は大物新譜
リリースラッシュで大変なことになってるらしい。
Oasisも待望の新譜「Don't Believe The Truth」をリリースしたようで。
夏のFUJIには来たことあったけど、まさかサマソニ参戦とは。
近いからいこうかなぁと思いつつも夏コミにもろ被りなので、見送りだなと。
それに8月に毎週ライブいくのは体力的に辛いよ(^^;。って
夏コミやワンフェスは・・・(^^;




Oasis待望の新譜「Don't Believe The Truth」
Definitely Maybe」は別格としてもそれ以来の最高のアルバムとか。

ザックが来日するんならビートルズフリークとしては見てみたいものなのだが、
まさかねぇ、Oasisにあのリンゴ・スターの息子が加入するなんて思ってもみなかったよ。
もうQUEEN with BAD COMPANY(ポール・ロジャースね)より驚き。
決め台詞は「うちのオヤジが言うには」だってさ(^^;。
もう皆そういわれるとノックアウトみたいだし。
でもそういうインタビューにはうんざりみたいで
「冗談じゃない。テクニックがあるから入れたんであって
ステラ・マッカートニーをバックボーカルにでもいれるのか」と。
まあショーンやジュリアンを入れないだけマシだよな。
音楽的方向性が全く違うし。

ロキノンJAPANには郵便振替用紙が。もうそんな切羽詰る時期だよなぁと。
セブンイレブンの先行発売っていつからだっけ?え、6/7って
もう過ぎてるじゃん。今年はテント村も出来るって。ツアーの宿泊ホテルって
ダメダメだったから泊まりだとこっちのほうが楽しいかもって、一人じゃなぁと。

誰かサザンオールスターズや坂本龍一を一緒にみたい人いませんか?
スネオヘアーやアジカンもでますよ~、更にデフォルトメンバーの民生にエレカシも。

今年は宿泊してでも見に行きたいアーティストっていうのは
いないはずだったのだが、2日目のSINGER SONGERはマジ見たい。
去年も2日目に一青窃が出たりしてたんだよなぁと。
引退したものだとばっかり思ってたCoccoがくるりとくっついて
帰ってくるとは思わなかった。
昨年末、中野サンプラザで「くるり」ライヴのゲストとしては
参加してたみたいだけど、企画が進んでついに新バンド結成とは。
真心ブラザーズ復活とともにかなり話題になりそう。



【2005/06/10 22:58】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
東京ダービー2005
こういう日に限ってですね。ダービーがあるんですよ。
ロックインジャパンの最終日に世界コスプレ博があるように。

アジカンまで最終日に出ることが決まった以上、ひたちなかにいくしかない。
でもアジカンとサザンは別ステージでトリとしてかぶりそうな予感が・・(^^;。


東京ダービーはいってよかった。サッカーのTV観戦なんて後でも出来たし、
生TV観戦したい人が多かったのか、ダービーディというのに
意外なほどに空いてましたし。馬券は日曜の負け分取替えしたし。

北朝鮮戦は0-0で前半終了の情報がビジョンで流れてからは、
何も知らないで帰ってると、前の奴が携帯でテレビ見てるは
更に京王線に乗ったら「渋谷のパチンコ屋前のテレビで2点目が
入ったのを見たよ」とメールしてる奴が前にいてげんなり。
帰ってから結果知りたかったのに(^^;。
まあ、勝ったからよしとしよう。これでテポドン試射とかなければいいんだけど。

シーチャリオット強かったです。カネヒキリとのJDD対決が
楽しみです。さて非常に眠いので手短に写真とコメントだけ。明日レポート追加予定(^^;。
WHITEPEGUSUS.jpg

5Rに登場したアスワン産駒の白毛馬ホワイトペガサス。
9着でした。

内田博幸騎手2000勝達成の7レースで今日初めて馬券を買う。
予想は4、5、6Rと三連単でも的中してたんだけど(^^;、
馬券買えず。7Rは内田博幸騎手のナマオが勝ったのは
よかったけど、3着に人気薄のアルタイハーンが突っ込んできて
3連単2万馬券。ナマオ頭ではずれた(^^; くやしい~。
きょうはそれでも昨日と違って堅かった。
昨日のアンガールズドリーム賞なんて大荒れだったみたいだし。
それで予想屋の皆さんは、昨日イキマスキョウワとナミキホワイトでぶっ放した
富田厩舎(浦和)・金子騎手(川崎)の組合わせを必要以上に警戒してたようです。
田倉さん、それにしても激やせしたな。また。
以前は佐々木の予想にいた、ザ・トップの兄ちゃんは
あいかわらずわかりやすい。船橋でも場立ちしてるんだよな。
かしわ記念のとき見たし。佐々木の予想にいたらこうはいかない。

それにしても内田博幸騎手、中央での活躍は当然とも言うべきの
今年の南関東での活躍ぶり。早くも210勝を越して、単独首位を
ブッちぎってます。武豊なんか目じゃないです。
KOWADA.jpg

和田アキ子のものまねの小和田アキ子。あの頃はハァとか
あの鐘を鳴らすのはあなたとか歌ってました。
背は160cmとほんものより低いですが女性としては高いほうかな。
IDOLYOSOU.jpg

これが噂のアイドル予想師「もも子&まどか」。微妙~。可愛いことは可愛いけどC級の匂いが(^^;。
TANSYO.jpg

単勝1.0倍から今回は全く動かず。羽田盃は1.1倍になったこともあったのに。
この単勝人気ではディープインパクトを超えた。
SEACHARIOT.jpg

シーチャリオット、パドック。今回はディープ並に最初入れ込んでました。
尻っぱねしてたし。羽田盃は全くそんなことなかったのにな。
TOKYODERBYWIN.jpg

シーチャリオット、口取り後。前回と違い余裕の勝利でした。
WIDETYODB1.jpg

TYODERBYWIDE.jpg

とりあえず購入した馬券。羽田盃もシーチャリオット斬りのワイド。今回もそう。
結果的には9-11は3倍ついたので3連複2.8倍よりおいしかった。
マズルブラスト差されるかと思って最後はヒヤヒヤしたよ。
KAWASIMAUCHIDA.jpg

表彰式。それにしてもパドックで燕尾服なんてやりすぎだよ。
ダーレーさん。
おまけに金プレートの名札つけてるし(^^;。

あと、シーチャリオットが勝った後、ウイニングランして
QUEENの「WE ARE THE CHAMPIONS」がかかってたのもやりすぎ。



【2005/06/09 01:29】 競馬 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
デンエンのある風景・安田記念~komm,susser Tod
はぁ。「無へと還ろう、無へと還ろう
それは、優しさに満ち満ちたところ
そこは、真実の痛みのないところ
心の揺らぎのないところ」

はてな回答で「エヴァ問題」つくってたせいか、こんな言葉が
リフレインされております。komm susser Tod~甘き死よ来たれです。原題はバッハの作品
ですが、作詞は庵野秀明、作曲はJRA入場曲でもおなじみの鷺巣詩郎です。
THE END OF HORSE RACE BETTING
といった様相を呈した本日の東京は、荒れまくりで
私は惨憺たる馬券成績でしたが、皆さんはどうでしたか?

朝はエウレカ~ガッシュまで見て出発。
10:00に到着してもスペースはなんとかあった。
しかも今回はゴールに近かった。でもその分、あとで
撮影に苦労することになるのだけど。結果ゴール写真はピンボケたったし。
HONKONB.jpg

HONKONB2.jpg

パドックはいつもとは違う雰囲気で香港馬応援の横断幕が。
これってまさか現地の人がつくったんじゃないよなぁ(^^;
この他にも4枚ほどありました。

さて、昨日の負けを取り戻そうと朝から張り切るのは、
やめにして午前中は3R複勝シルクセレクト1000円ハズレ、
4Rの3連複3500円ハズレという結果で折り返し。
シルクセレクトの複はおいしいと思ったんだけどなぁ。6着。
1.5倍という鉄板な1番人気レイジが3着で、単勝万馬券の
マイネマニフィークが勝つという大波乱。

4Rの3連複は3.2倍という1番人気のヤマニンゼファー産駒ヤマニンプレイズを軸にしたら
4着という結果(^^;。3、10、12は相手で買ってただけにトホホな気分。

気分を取り直してピザーラでAセット1000円を奮発し、
吉本ライブを見る。
応援団ルックでテンポよいネタをやったオオカミ少年はともかく、ラップに入るまでが寒すぎだったCowCow。
それにしてもライブを見てる女性たちは美人が多かったなと。

競馬を楽しみに来てる層と競馬場の雰囲気を含めてデート感覚で楽しもうと
きている層とはかなり違うんだなと思いました。
ただ今日集団で隣にいた女の子は一眼レフカメラ使いでしたけど
かなり可愛かった。女性の競馬場カメラ使いで美人は少ないだけに貴重だ(^^;。

さてライブ後は6Rに突入。5Rも馬連でさえ万馬券で
きょうの荒れ傾向はどうなってるんだと。5Rも本命だと
思ってたカーレッジプライドが複にもこないなんて。
この傾向で行くとデザーモのイブロンは飛ぶと思い、
配当もおいしくないので○○○○◎○というブックの印が
着いてたマイネルラヴ産駒トーセンラヴに複勝10000円を
ぶち込んで、午前中の負けを取り戻しに出たのだが・・・。

デザーモのイブロンは伸び切れないと思ったらきっちり差して来て勝利。
トーセンラヴは9着。伸二のばかぁ~。
こんなんだったら3着臭いなぁと思ってたユメロマンにぶち込んどくんだったよと。
ユメロマンの複勝470円もついてました(T T)。静内農業高校も大喜びだ。
はい、ここでアサクサデンエンでリベンジの為に負けたのだと
思ってればもっと単にぶち込めたんですけどねぇ。

7Rでようやく馬連、3連複2番人気という堅い決着も
武豊の1番人気で◎が並んでたウォーターバロンは飛んでたし。
まあこれは骨膜炎明けの馬だから追い切りは絶好でも飛ぶと思ってたけどね。

8R夏小立賞の単勝130円のマチカネキララも1戦1勝、藤沢厩舎・デザーモということで
相当怪しいと思いパス。
須田鷹雄のうだうだ予想トークを聞きにBIG TIMEブースへ。
案の定、香港勢のことばっかり。まあ聞いてる方々は多分、香港勢については
無知だから教育してくれるのは嬉しいんだけど
実績はともかく、オレは状態面が知りたいだけなんだと。
JRA公式ハンデなんてそんなのはわかってるし、香港でのハンデが
いくら高くても日本で通用するかどうかは別の話だ。
コーツィーとモッセが東京競馬場の馬場は歩いて確認してるということくらいしか
目新しい情報はなかった。

夏木立賞、久々にバイファルが特別で頑張って3着ゲットだよ。
でもダービー馬候補がこんなところ走ってると思うと・・・。
しかもチーフベアハート産駒(リバーキセキ)にも負けてるし。
チーフベアハート産駒のポテンシャルの高さが改めて分かった。
勝ったのはマチカネキララだったけど。きょうはちゃんと仕事してるな、デザーモ。

もう資本が1万円割ってしまったので、競馬場脱出し東府中へ。
まあCDから金引き出しににいっただけなんだけど。
7Rを予想通りに買っておけばいかずに済んだのにね。
ここでお金を引き出すと馬券は外れるというジンクスが
あるだけに不安だったのだが、結果的にはジンクス通りに。
でもやられたのはメインではなく、最終でしたが。

さて安田記念まで馬券購入はパスして、真剣に検討したのだが
頭3点か4点で、残り12点買いの3連複、3連単だとどうだろう?と
フォーメーションや通常カードを駆使してオッズと資金配分検討を始めたのだが
何度も気変わりして、いきついたのは単勝馬券だった。
アサクサデンエンを10000円買って、残り2点は5000円づつにでも
しようかと最初思ってたのに、最終の茶葉と隻眼に釣られてしまい・・。
稲村ケ崎は鎌倉幕府滅亡へと至った決戦の地だったってことを思い出したのはあとの祭り。

結局単勝1000円づつにとどめました。
YASUDABK.jpg

そして愛知杯のヌーヴェルの複勝を1000円。

安田&愛知杯の馬券を買って返し馬を取りに行くと、
知らないおばさんと子供に占領されてて、撮影に苦労するが
返し馬後になんとかスペース確保。
ASAKUSADENENK.jpg

クリックで拡大します。

まずは愛知杯。隣の集団の野郎もどうやらマイネヌーヴェル本命らしい。
偶然とはいえおそろしい。直線ラフィアンの勝負服の馬が抜けてきてヌーヴェルと叫んだのだが、
やってきたのは同じブライアンズタイム産駒でもソーサリスの方。
元々ヌーヴェル出資時にこっちの馬のほうがいいなぁとは思ってたのだが(^^;
まあヌーヴェルは牝馬クラシック路線に乗ってくれたことだし
その後も重賞2着2回なのでよしとする。
隣の女の子は「だからハンデ戦は軽ハンデの馬を買わないと」と
野郎にアドバイスしてた(^^;。
フィヨルドクルーズはあるかなぁと思ってたけどチアフルスマイルは買えん。
ましてやソーサリスはミスパスカリ以上に買えん。
牝馬ハンデ戦って斤量差が牡馬以上に効果を発揮するのを久々に見た気が。

さて、いよいよ安田記念。
ファンファーレがフライングでずっこけ。
これがダービーだったら、馬達が目の前だけにとんでもないことになってただろう。

レース解説は次スレにまわすとして、私の◎アサクサデンエンが
見事香港17連勝馬を退けてゴール。
藤田伸二と一緒にゴール後、ガッツポーズしたけど、
単勝1000円しか買ってないんだよなぁと。

それにしてもサイレントウイットネスは負けて強しといった印象。
-20Kgの馬体でここまで頑張るんだから、さすが世界最強スプリンター。
スプリンターズSにも遠征してくると間違いなく本命だなと。
スイープトウショウはもはやエンドスウィープ早熟説を払拭する走りでしたね。この馬は守備範囲が広いだけに楽しみです。
他の馬では18着と大敗したダンスインザムードが心配でしたが、
不利を受けたそうで。まあその前に行きたがったり、
勝負どころで脚を使えなかったりしたようで、パドックのあの
入れ込み振りから、きょうもいらないとは思いました。
パドックで3人もついてるなんて始めてみたし。
その他の馬についてはまた後で。
YASUDAGOAL.jpg

クリックで拡大します。

最終レースは、「トウカイテイオー」スレを別に立てますので
きょうは、このへんで。


【2005/06/06 01:10】 競馬 | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) |


PROFILE
ゆうがん(航海☆帝王)
  • Author:ゆうがん(航海☆帝王)


  • Blog theme
    アニメ
    競馬、
    カレー、らーめん
    大学野球実況
    高校野球実況
    大学ラグビーなど

    好きな過去の馬

    トウカイテイオー
    グラスワンダー
    セイウンスカイ
    アグネスデジタル
    エアダブリン
    エスプレッソトニー
    チョウカイキャロル
    トウカイポイント
    トウカイアロー

    好きな現役馬
    アーネストリー
    マイネルキッツ
    マイネルネオス
    マイネルアワグラス
    マイネルオークベイ
    マイネショコラーデ

    ラフィアン馬属性。
    唯一の所有活躍馬:
    マイネヌーヴェル
    現在
    マイネヴィッキーを
    一口所有してましたが
    引退、道営へ。
    マイネル軍団の謎 (流星社の競馬本)
    マイネル軍団の謎
    流星社編集部\180より

    好きなビール
    ギネス

    最近好きな
    アーティスト
    坂本真綾
    おかえりなさい(初回限定盤)
    おかえりなさい(初回限定盤)
    (2011/10/26)
    坂本真綾


    Buddy(初回限定盤)
    Buddy(初回限定盤)
    (2011/10/19)
    坂本真綾


    中島愛
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)
    TVアニメーション「たまゆら~hitotose~」
    EDテーマ::神様のいたずら(初回限定盤)(DVD付)

    (2011/10/26)
    中島愛

    牧野由依
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    ホログラフィー(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/07/06)
    牧野由依



    ユニコーン
    いきものがかり
    一青窃
    平原綾香
    Asian KUNG-FUGeneration
    エレファントカシマシ

    最近好きなアイドル
    小松彩夏
    中川翔子
    中川朋美
    浜田翔子
    喜屋武ちあき
    桜井ひな
    松嶋初音
    磯山さやか
    加藤夏希
    南明奈

    最近好きな女優
    蒼井優
    小雪
    白石美帆
    長澤まさみ

    好きな声優
    FEMALE
    花澤香菜
    清水愛
    清水 愛/7thマキシシングル【DVD付】
    中原麻衣
    竹達彩奈
    宮本佳那子
    阿澄佳奈
    伊藤かな恵
    悠木碧
    川澄綾子
    白石涼子
    松岡由貴
    松来未祐
    MAKO
    金田朋子
    井上麻里奈
    能登麻美子
    福井裕佳梨
    加藤英美里
    豊崎愛生
    儀武ゆう子
    茅野愛衣


    MALE
    山寺宏一
    藤原啓治
    下野紘
    檜山修之
    杉田智和
    小西克幸
    小野大輔
    福山潤
    子安武人
    水島大宙
    若本槻夫

    但し心移りが激しい

    今期視聴予定ドラマ
    妖怪人間ベム
    南極大陸
    来期
    平清盛

    今期視聴予定アニメ
    (個人評価順位)
    1位たまゆら~hitotose

    たまゆら~hitotose~第1巻 <br /> [Blu-ray]
    たまゆら~hitotose~第1巻
    【Amazon初回限定全巻購入特典 
    「たまゆら~hitotose~」イベント
    (仮)チケット優先購入券(抽選)付き】
    [Blu-ray]

    (2011/12/21)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/11/26)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
    (2010/12/23)
    竹達彩奈、阿澄佳奈 他

    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    OVA たまゆら オリジナルサウンドトラック
    (2010/12/22)
    中島ノブユキ、中島愛 他

    2位ちはやふる
    ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
    ちはやふる(14)
    (Be・Loveコミックス)

    (2011/09/13)
    末次 由紀

    3位侵略!?イカ娘
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付)
    (2011/11/16)
    イカ娘(金元寿子)

    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    1/64 痛車 No.SP イカ釣り漁船 侵略!?イカ娘 Ver.
    (2011/09/30)
    青島文化教材社

    4位境界線上のホライゾン
    境界線上のホライゾン4〈中〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
    境界線上のホライゾン4〈中〉
    GENESISシリーズ (電撃文庫)

    (2011/10/08)
    川上 稔

    5位ベン・トー
    ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
    ベン・トー サバの味噌煮290円
    (ベン・トーシリーズ)
    (集英社スーパーダッシュ文庫)

    (2008/02/22)
    アサウラ

    6位灼眼のシャナIII Final
    7位LAST EXILE 銀翼のファム
    8位僕は友達が少ない
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
    (2012/01/13)
    木村良平、井上麻里奈 他

    長期シリーズ
    銀魂
    SKET DANCE
    ゴーカイジャー
    仮面ライダーフォーゼ
    ガンダムAGE
    バクマン2期
    異国迷路のクロワーゼ  TheAnimation ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド
    異国迷路のクロワーゼ TheAnimation 
    ねんどろいどぷち 湯音付き アニメガイド

    (2012/03/09)
    ドラゴンエイジ編集部


    ブラバン!六大学野球
    ブラバン!六大学野球
    (2008/04/02)
    東京佼成ウインドオーケストラ


    全日本大学野球選手権大会2009 [DVD]
    全日本大学
    野球選手権大会2009 [DVD]

    (2009/09/18)

    The Kentucky Derby: 101 Reasons to Love America's Favorite Horse Race
    The Kentucky Derby:
    101 Reasons to Love America's
    Favorite Horse Race(2010/04)
    Sheri Seggerman

    大学ラグビー激闘史 1987年度~1991年度 DVD-BOX
    大学ラグビー激闘史
    1987年度~1991年度 DVD-BOX
    (2008/01/25)
    吉田義人・清宮克幸
  • 管理者ページ
  • RSS

  • 天気予報コムFC2

    CALENDER
    05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • 今年一年の国内旅行先ベスト10(12/31)
  • 【聖地巡礼】たまゆら~hitotose 第一話 横須賀・汐入編(10/30)
  • 調布花火大会(08/07)
  • 中島愛 2nd Live Tour 2010 ~ I love you ~(07/01)
  • 楽天証券開設後の近況。(05/20)
  • 『材料株』相場(04/09)
  • 【野球オープン戦】中央大3ー2明治大(04/05)
  • 東京国際アニメフェア、初日レポート(03/28)
  • 株主総会参加予定など。(03/27)
  • CP+@パシフィコ横浜(03/15)


  • RECENT COMMENTS
  • ゆうがん(05/24)
  • 紫紺(05/21)
  • 神楽コスプレ好き(05/02)
  • シェリルノーム衣装って!(04/28)
  • 占い(01/17)
  • あすかぁ(01/13)
  • 如何屋 サイと(11/07)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/06)
  • あすかぁ(11/05)
  • ゆうがん(航海☆帝王)(11/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その14)~涼宮ハルヒの消失~(02/23)
  • Ali della liberta (in Stadio):勝手にレビュー(その13)~インビクタス/負けざる者たち~(02/17)
  • Ali della liberta (in Stadio):「プロ野球ドラフト会議2009」雑感(10/30)
  • 粋な提案:2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久(10/12)
  • 僕の独り言:はじめまして!(05/04)
  • いんふぉーる:受験の神様!和田秀樹の受験の方程式プレミアム(01/09)
  • いんふぉーる:逆転!桶狭間トレード  空売り系システムトレード(01/09)
  • Fat-Diary:明大前“一風堂”vol,4(12/18)
  • ゼロから始めるマネー運用講座:新生銀行のポルテ社長が退任で八城会長が社長兼務へ(11/12)
  • さぷら伊豆!渋谷の平日・伊豆の休日:厚木 本丸亭(10/28)


  • ARCHIVES
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年10月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年04月 (2)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年10月 (18)
  • 2009年09月 (14)
  • 2009年08月 (14)
  • 2009年07月 (25)
  • 2009年06月 (20)
  • 2009年05月 (32)
  • 2009年03月 (3)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (10)
  • 2008年12月 (17)
  • 2008年11月 (7)
  • 2008年10月 (19)
  • 2008年09月 (19)
  • 2008年08月 (34)
  • 2008年07月 (16)
  • 2008年06月 (10)
  • 2008年05月 (14)
  • 2008年04月 (22)
  • 2008年03月 (16)
  • 2008年02月 (26)
  • 2008年01月 (23)
  • 2007年12月 (34)
  • 2007年11月 (19)
  • 2007年10月 (13)
  • 2007年09月 (30)
  • 2007年08月 (25)
  • 2007年07月 (27)
  • 2007年06月 (40)
  • 2007年05月 (32)
  • 2007年04月 (29)
  • 2007年03月 (20)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (11)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (11)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (20)
  • 2006年08月 (26)
  • 2006年07月 (8)
  • 2006年06月 (11)
  • 2006年05月 (16)
  • 2006年04月 (8)
  • 2006年03月 (7)
  • 2006年02月 (13)
  • 2006年01月 (39)
  • 2005年12月 (18)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (13)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (23)
  • 2005年07月 (27)
  • 2005年06月 (27)
  • 2005年05月 (43)
  • 2005年04月 (43)
  • 2005年03月 (53)
  • 2005年02月 (51)
  • 2005年01月 (33)
  • 2004年11月 (2)


  • CATEGORY
  • 株式と経済 (141)
  • 競馬 (222)
  • 競走馬の科学(馬場含む) (7)
  • トウカイテイオー (9)
  • マイネヴィッキー (7)
  • マイネヌーヴェル (14)
  • 牧原由貴子 (4)
  • ラフィアン (7)
  • アニメ・特撮 (117)
  • コミック (11)
  • コスプレ・ヲタイベント (129)
  • ゲーム (20)
  • ドラマ (14)
  • クイズ・雑学 (7)
  • 文学 (11)
  • 食べ物 (49)
  • 野球 (73)
  • フットボール (15)
  • 音楽 (43)
  • アイドル (9)
  • 映画 (44)
  • ニュース (49)
  • 旅行 (27)
  • 雑記 (175)
  • 科学 (9)
  • 未分類 (54)


  • LINKS
  • カトゆー家断絶
  • MOON PHASE 雑記
  • Tentative Name.
  • アキバBlog
  • にゅーあきばどっとこむ
  • moeyo.com
  • デイリーポータルZ
  • GIGAZINE
  • GIZMODE JAPAN
  • PURE GOLD
  • 声優系イベント予定表
  • 声優Blogアンテナ
  • エルエル
  • 広島東洋カープ公式
  • 東京六大学野球連盟
  • 関東ラグビーフットボール協会
  • 吉田義人のラグビースピリッツ
  • ★前田有一の超映画批評★
  • マット今井の『風を読む』
  • キッチンカブー
  • eワラント研究室
  • JRA
  • KEIBA.GO.JP
  • JRA競走馬総合研究所
  • RUFFIAN TURFMAN CLUB
  • 血統の森+はてな
  • 殿下執務室
  • ダービー馬からダービー馬~トウカイテイオー産駒応援
  • 名牝達の後宮
  • 負け馬@馬耳東風
  • 明和電機
  • 明和電機社長blog
  • 眞鍋かをりのココだけの話
  • 須田鷹雄の日常・非日常
  • 時々馬徒然
  • sala de oscar
  • 鹿島翼の道楽日記
  • Ali della liberta (in Stadio)
  • 喫茶マウンテン公式blog
  • 黎明


  • SEARCH




    >
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
<a href=芸能証券
    芸能証券 芸能証券 芸能証券
    アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター 人気blogランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。